2019年02月17日

テート・ブリテン

晴れのち曇りの予報が出ている日曜日のロンドン。現在は曇っているように見えますが、午前中は太陽が出る予報です。最高気温は14℃。昨日も同じような気温でしたが、風のせいか少し肌寒く感じました。午後6時以降は少し降水確率が高いので、霧雨が降るかもしれません。帰宅が遅くなりそうな方は、対策をとった方が良さそうです。

現在住んでいる物件はニューヨークと違いこじんまりしているお陰か、あまり住人と顔を合わせません。でも先日偶々お隣さんと一緒のエレベーターに乗ることに。彼は地下駐車場がある階を押したので、「あら?ドライブされるんですか?」と質問したら「通勤するつもりで車を購入したら、在宅勤務になって。結果的に月に1回しか乗ってなくて、買ったことを凄く後悔してるんだよねー。」と。「イギリスの田舎を沢山旅行できますね?」と言ったら、「それ位しか使い道がないよねー」と笑っていました。英語が母語ではない方だったようなので、イギリスに移り住まれたのでしょう。たくましく自分たちで働く国を選ぶ人が多くて感心してしまいます。
***********************************************************************
さて、今回はテムズ河岸、ピムリコ駅近くにある国立美術館『テート・ブリテン』(Tate Britain)を訪れた徒然です。
2019-02-11 11.18.13.jpg
ようやく生活が落ち着き余裕が出てきたこの頃。腰の調子を整えるためだけでなく、ロンドンの街を知るために散歩したり、名所を訪れる機会を作れるようになりました。
2019-02-11 11.03.26.jpg
そうしてよくよく考えると、ロンドンの街は無料で楽しめるアートが沢山。大好きなヴィクトリア・アンド・アルバート博物館をはじめとする、テート・モダンやテート・ブリテン等の国立美術館・博物館はこぞって入場料が無料。特別展を見るためにはチケットの購入が必要となりますが、一般展示を見る分には無料で心行くまでアートを楽しむことができます。
2019-02-11 11.03.39.jpg
貧血もちで疲れやすい為、長時間立ったままアートを鑑賞できない私としては、高い入場料を支払ってまで…と躊躇しがちなのですが、入場料が無料であれば気兼ねなく訪れることができます。そんな訳で、先日夫と初めて『テート・ブリテン』を訪れました。
2019-02-11 11.06.16.jpg
広い美術館なので無料のセクションを全て見たら長い時間が掛かってしまうので、今回はイギリスを代表する画家というイメージがあった『TURNER COLLECTION』だけ鑑賞しました。とは言え、世界一豊富なターナーのコレクションと謳うだけあって展示スペースもかなり広く見ごたえ十分でした。
2019-02-11 11.09.11.jpg
実はターナーに強い苦手意識があったのですが、コレクションを見たら今までの「暗い!重い!メリハリがない!」という印象が覆されました。確かに神話を描いた絵画やイギリスのどんよりした空の下の田園風景を描いた作品は私が抱いていた印象そのままでしたが、イタリアなどの陽光に恵まれた地域に旅して描いた絵は色彩豊かで鮮やか。重厚ではありましたが、重いという感じは受けず意外でした。
2019-02-11 11.16.31.jpg
作品の題材や画風も持っていた印象よりも随分と幅広くて、嫌いじゃないかも、と言うか好きな作品もあるかもと印象ががらりと変わりました。食わず嫌いは損ですね、本当に。
2019-02-11 12.32.27.jpg
未完成の作品も多く飾られているので、もしかしたら絵画を勉強されている方には参考になるかもしれません。目の前にアートスクールがあるせいか、写生をしてる方もちらほら見掛けました。
2019-02-11 12.36.07.jpg
鑑賞した後はカフェでランチ、と計画していたのですが混雑しすぎていて早々に諦め。食事処を求めて歩いていたら結局トイレがある手頃な場所が見つからずビクトリア駅に出てしまいました。ランチの下調べをきちんとして行けば良かったです。
2019-02-11 12.35.50.jpg
広い美術館にはまだまだ見どころがあるので、また機会を作ってちょこちょこ訪れたいと思います。
2019-02-11 11.31.28.jpg
現代美術を紹介するセクションで好きだった作品。

2019-02-11 12.34.46.jpg
美術館の目の前にある『Millbank Gardens』。

2019-02-11 12.34.19.jpg
無料でワークアウトできる機器が備え付けられています。

2019-02-11 12.41.39.jpg
団地の前には細長い家庭菜園。

2019-02-11 12.47.15.jpg
突如現れる高級アパート群。

2019-02-11 12.47.57.jpg
ビクトリア駅方面に歩いた場所にあった教会。

2019-02-11 12.50.55.jpg
Tate Britain
Millbank
London SW1P 4RG
開館時間、展示内容、場所等の詳細はHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 06:36| Comment(0) | パブリックアート・アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする