2019年03月19日

コーズウェー海岸ハイキング②

薄曇りの予報が出ている火曜日のロンドン。今日は午後から6%~10%の降水確率なので、もしかしたら小雨が降るのかもしれません。最高気温は13℃で、風は穏やかな日になりそうです。

今日は友人がニューヨークに出張しているようで、懐かしい風景がFBにアップされていました。既に遠い過去みたいです。そのニューヨークですが、今朝のBBCニュースでマンハッタンの恒常的な交通渋滞を解消するため、マンハッタンに乗り入れる車に課税する案が出ているそうです。その際にタクシーとライドシェアを排除するかで大議論になっているのだとか。その話題が流れていた際に、「コペンハーゲンやロンドンでは既に導入されている制度ですが、ロンドンではタクシーやライドシェアを除外した為に既に渋滞が発生して問題になっています」と言っていて驚きました。ロンドンってこれでも課税してるんですか?確かにマンハッタンよりは随分渋滞が少ないとは思いますが、十分道が混んでると感じてたのですが。驚きました。

ブレグジットのデッドロックは益々酷くなっているようで、このままだと本当に期日までに打つ手がなくてハードブレグジットしちゃいそうで怖いです。本当に日用品や食品を少しストックしておこうと考え始めました。どうなってしまうのでしょう。
**********************************************************************
さて、今回は前回の続きで北アイルランドの世界遺産に登録された美しい海岸線『コーズウェー海岸』(Causeway Coast)の風景をお届けします。
2019-03-05 11.37.00.jpg
この写真ではよく分かりませんが、崖の中腹に細い道があります。ガイドさんが子供の頃は誰でも通ることができたそうですが、現在は危険だし、自然保護の目的から通行は禁止されています。でも男性が一人崖に張り付くように歩いていて、見ていて凄く怖かった…。ガイドさんは「父親は昔自転車であの道を下ったって豪語してたけど、絶対嘘だと思ってるんだよね。でも子供の頃はよく歩いてたよ」とあっけらかんと言ってました。嘘でしょ⁈というような、柵も何もない断崖絶壁の道。

2019-03-05 11.37.15.jpg
溶岩の黒だけでなく、紅い土の層も出てきます。確かラテライトと説明されたような?何故その層があるかも説明してくれたのですが、忘れてしまいました。大昔海底だった頃の何かだったような気はするのですが…。

2019-03-05 11.37.50.jpg
例年だと3月初旬には全く花が咲いていないそうですが、今年は北アイルランドも暖冬だったそうでご覧の通り。2月にロンドンで20℃を超えて人々がアイスクリームを食べていたころ、ここら辺でも同じように暖かかったとのこと。

2019-03-05 11.40.19.jpg
崖っぷちに柵も何もないので凄く怖い…。道は少し内陸にあるので安心です。

2019-03-05 11.41.11.jpg

2019-03-05 11.41.18.jpg
晴れてきました。歩いてきた方を振り返るとこんな感じ。

2019-03-05 11.46.16.jpg
スコットランドがくっきり見えてきました。

2019-03-05 11.49.00.jpg
石垣を幾度も乗り越えて道は続いていきます。

2019-03-05 11.52.39.jpg
去年の夏は異常気象でこの海岸線の草が全て茶色に変色。長い期間緑の大地が見れなかったそうです。そのせいかガイドさんは凄く環境問題に興味があるようでした。

2019-03-05 11.57.18.jpg

2019-03-05 12.02.40.jpg
崖の上に馬が放牧されてました。

2019-03-05 12.00.46.jpg
歩き初めはアイリッシュ海が見える遊歩道ですが、途中から(確かここら辺)北大西洋に面した部分に出るので急に風が強くなります。

2019-03-05 12.04.30.jpg
因みにガイドさんの本職はミュージシャン。去年の夏も日本のバンドについてツアーに回ったのだそうで、東京・名古屋・大阪でライブしたと聞いてビックリ。日本の次にオーストラリアでライブ予定だったのに、台風でフライトがキャンセル。

2019-03-05 12.07.23.jpg
思いがけず3日間の休暇ができたので、喜び勇んで京都に遊びに行ったと嬉しそうに話してくれました。ガイドさんの日本のお気に入りは日本酒。

2019-03-05 12.10.20.jpg
羊が2頭崖を下ってました。ひゃー。

2019-03-05 12.11.27.jpg

2019-03-05 12.12.21.jpg
ベルファストのお勧め観光地や食事処、地ビール情報など、色んな雑談にも気さくに応じてくれました。お陰で翌日のベルファスト観光の参考にもなり一石二鳥。

2019-03-05 12.26.48.jpg
ジャイアンツ・コーズウェーに近づいてくると、今度はアイルランド共和国の北端、多分ドニゴール(英:Donegal、アイルランド語:Dún na nGall)州が見えてきました。

2019-03-05 12.33.26.jpg

2019-03-05 12.35.34.jpg
内陸に目を向ければ、何処までも続く緑の大地。

2019-03-05 12.37.58.jpg
放牧されている馬は農作業を手伝う為のがっしりした輓馬。ハイキング道に面して放牧されている場所があり、4頭いた馬が全て寄ってきて出迎えてくれました。

2019-03-05 12.38.04.jpg
何故寄ってくるのかガイドさんに質問すると、「馬はとっても好奇心旺盛なんだよ。この季節はあんまり人が通らないから、不思議に思ったんじゃないかな?」だそう。

2019-03-05 12.38.37.jpg
凄く優し気な目。鼻面を撫でたら、クイクイとすり寄ってきて凄く可愛かったです。

2019-03-05 12.38.42.jpg
私達がこの馬とじゃれている間、ガイドさんは他の馬を撫でて待ってくれてました。みんなフレンドリーな馬です。

2019-03-05 12.44.56.jpg
記憶が定かではないのですが、馬を撫でて暫くしたら休憩があったような気がします。海に向かってベンチがあり絶景ランチが楽しめる…筈ですが、この日は雨が降っていたのでベンチがまだ濡れていて。立ったまま水を飲んで、ジャイアンツ・コーズウェーの名前の由来を説明を受けたら直ぐ出発しました。

2019-03-05 12.46.19.jpg
最後の急坂を登ったら、ジャイアンツ・コーズウェーが見えてきました。

2019-03-05 12.51.08.jpg
そこから約30分歩いたら、ジャイアンツ・コーズウェーに降りる地点に到着したと記憶しています。

2019-03-05 12.52.19.jpg
ジャイアンツ・コーズウェーは次回に続きます。
2019-03-05 12.53.57.jpg
posted by london-twosome at 03:47| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月18日

コーズウェー海岸ハイキング①

曇天の月曜日のロンドン。本日の予報は曇り時々晴れ。午後1時以降に降水確率が10%を超えるので、雨が降るかもしれません。最高気温は11℃。昨日はあんなに晴れていたのに、俄かに雹や雨が降って驚きました。やっぱりロンドンは天候が変わりやすいですよね。今日は昨日よりは穏やかな気候になると良いですね。

昨日また結構な風が吹いている中雨が降り始めたので、また雨漏りするのではと冷や冷やしていました。木曜日に雨漏りした際に不動産屋さんが呼んでくれた、物件を管理する会社のハンディさんがいらしたのですが、「何もしなくても大丈夫だよ。今日は偶々荒れ模様だったから、これからはこんなこと起こらないから。」とか仰り。んなわけあるか!とばかりに「そんなこと、わからないですよね?また荒れ模様になったら雨漏りする可能性が十分ありますし、今回と違って真夜中誰も対処できない時に降る可能性だってあるんですよ?今回は20分で雨が止んだからこれ位で済んでますけど、もっと降り続く可能性だってあるし。絶対補修すべきです。」と主張。結局彼が「不動産屋さんと話してみます」と言いつつ帰ったのですが、本当に直してくれるか不安だったのですが。不動産屋さんも補修を強力プッシュしてくださったようで、金曜日に再度ハンディさんが訪れ、補修個所を点検されました。実際いつ補修されるかは不明ですが、少なくとも意思はあるのには一安心しました。ロンドンのことだから、すんなり修理がされるとも思えませんが…。ビバ、日本人担当者のいる不動産屋さん。頼りっぱなしです。

結局昨日も眩暈が治らず、夫は一人で外出。本日も大人しく家で家事をする予定です。旅行は大好きなのですが私の体は移動が大嫌いみたいで、旅行の後はいつも体調を崩してしまいます。早く元気に外で過ごしたいものです。
**********************************************************************
さて、今回は北アイルランドの世界遺産に認定されている美しい海岸線『コーズウェー海岸』(Causeway Coast)をツアーでハイキングした際の景色をお届けします。
2019-03-05 10.50.57.jpg
北アイルランドの旅行を計画した時の主な興味は北アイルランド問題にあった訳ですが、流石に連日紛争の歴史ばかりを学ぶのも気が滅入りすぎる。1日くらいは美しい自然でも見ながら息抜きしたい…と調べると、ベルファストの街から1時間ちょっと車で走った海岸線が世界遺産に登録されている美しい景観を誇ると知り、訪れることに。
2019-03-05 10.55.01.jpg
どうせ行くなら綺麗な景色を見ながらハイキングできないのか?と調べたことろ、バスツアーにハイキングが組み込まれた『Away A'wee' walk』という会社の『Giant’s Causeway Cliff Path Walk and Coach Tour – full day from Belfast』というプランを発見。参加しました。
2019-03-05 11.21.48.jpg
大型バスに乗り込んだツアー客の内、ハイキングしたのは我々2人のみ。コーズウェー海岸に着いたらビジターセンターで降ろされ。待ち受けていたハイキングのガイドさんに自己紹介をし、トイレを使い、雨具を上下身に着けて準備をしたら、再度バスに乗り込み。
2019-03-05 10.56.25.jpg
ハイキング道が始まるダンセヴリック城(Dunseverick Castle)に5分もしない内に到着して、いざハイキングのスタートです。バスがベルファストの街を出たのは午前9時15分でしたが、歩き始めた時点では午前10時半頃。
2019-03-05 10.53.24.jpg
そこからジャイアンツ・コーズウェーと呼ばれる六角柱の奇石が露出して不思議な景観を生み出す海岸まで約8Kmの道程を3時間掛けて歩きました。道は断崖絶壁の上を通る牧草地の中の細い遊歩道です。
2019-03-05 10.58.20.jpg
尚、ガイドさんによると、「殆どの人はビジターセンター近くにある奇石が剥き出しになった海岸であるジャイアンツ・コーズウェーしか訪れないけれど、世界遺産に登録されているのは『ジャイアンツ・コーズウェーとコーズウェー海岸』。君たちみたいにコーズウェー海岸も見て初めて世界遺産を見たって言えるんだよ!」とのこと。
2019-03-05 10.58.37.jpg
世界遺産に興味が無い私達ですが、絶景続きの気持ちの良いハイキングで、ガイドさんに様々なことを教えてもらえたので歩いて大正解。
2019-03-05 11.03.24.jpg
3時間半歩き通しで少しアップダウンもあるので健脚であることは前提となるものの、時間と体力が許す方には是非お勧めしたいハイキングコースでした。
2019-03-05 11.04.21.jpg
歩き始めは3月の冷たい小雨が降る、絶好のハイキング日和とは言い難い天気でした。外洋に面した崖の上は風も強かった。
2019-03-05 11.25.16.jpg
でも上はヨガウェアの長袖2枚+薄いダウンジャケット+フリースの上に雨合羽。下はヒートテック+ハイキングパンツ+雨具という格好で十分。頭にはニット帽で足元はハイキングシューズだったので快適でした。
2019-03-05 11.08.58.jpg
そんな天候でも6Kmしか離れていないというラスリン島(Rathlin)は見えました。対岸のスコットランドからも25Kmしか離れていないそうで、昔々はバイキングに襲われた事でも有名だとか。現在は夏のレジャーに訪れる島のようで、人口はとても少ないそうです。ワカメの養殖が盛んな島とのこと。

2019-03-05 11.12.37.jpg
ジャイアンツ・コーズウェーのように剥き出しになっていないので解りにくいですが、ここら辺の海岸線も全部柱状節理。

2019-03-05 10.57.12.jpg
小説『嵐が丘』を彷彿とさせる荒野のような景色ですが(尤も嵐が丘はブリテンが舞台ですが)、そこかしこに黄色の花が。ガイドさんは「正式名称は知らないけど、地元では 'whin' bush(ハリエニシダ)って呼んでるよ。母親がこの黄色の花からワインを作ってくれるから、この花を集めるのが子供の仕事で楽しみながら摘んだんだよ」と教えてくれました。野生の花のワイン!どんな味なんでしょうね?私達より明らかに若いガイドさんがそんな生活をしていたことに驚きました。絵本の中のお話みたいです。

2019-03-05 11.17.07.jpg
ガイドさんはこの地域の出身で、現在も住み続けているそう。姪っ子さんはゲール語を学校で習っていると仰ってました。

2019-03-05 11.22.05.jpg
崖と放牧地帯の間を縫うような細い道を進みます。羊と馬が放牧されているようで、定期的に動物が逃げないように造られた石垣を階段を数歩登っては降りして超える必要があります。

2019-03-05 11.19.32.jpg
昔は漁業が盛んな地域だったそうですが、現在は鮭や貝を獲る漁やワカメの養殖が細々と続けられているのみとのこと。ここは昔鮭漁の拠点だった小屋。釣った鮭をこの崖の登って運んだと思うと怖いです。

2019-03-05 11.22.22.jpg
崖の表面が柱状になっているのが少しわかります。

2019-03-05 11.28.57.jpg
雨が上がって空が明るくなってきたので、うっすらスコットランドが見え始めました。

2019-03-05 11.30.10.jpg
崖の上の草原で草を食む羊の群れ。

2019-03-05 11.30.15.jpg
家畜が逃げないよう作られた石垣。

2019-03-05 11.31.33.jpg
遠い昔に溶岩が海中から噴き出してできた柱状節理。マグマの黒さが見えてきました。

2019-03-05 11.31.00.jpg
こんな広大な草原のすぐ隣が崖。ガイドさんは「自分をマウンテンゴート(シロイワヤギ)と勘違いするのか、とても勇気があるっていうか馬鹿っていうかな羊が何頭かいて、崖を降りるんだよね。子供の頃は崖の道が閉鎖されていなかったから海岸まで降りてたんだけど、足を踏み外した羊の成れの果てを見掛けたもんだよ」と。

2019-03-05 11.32.43.jpg
次回に続きます。

2019-03-05 11.34.19.jpg
posted by london-twosome at 05:29| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

ベルファストのカテドラル・クオーター

雲一つない快晴の日曜日のロンドン。本日の予報は曇り時々晴れ。夕方からは晴れとなっていますが、これから雲が出てくるのでしょうか?ただ午後はにわか雨が降る所もあるようなので、お出かけの際には念の為傘を携帯した方が安心かもしれません。

今日は聖パトリックの祝日(St. Patrick's Day)。ピカデリーサーカスから正午にパレードが始まったり、トラファルガー広場で正午から午後6時までフェスティバルが開かれたり、催し物が開かれるようです。アイリッシュパブなんかも盛り上がることでしょう。勝手な印象だとニューヨークよりロンドンの方が盛り上がりそうな気がしていますが、どうでしょうか?今日はやっと体調がある程度回復したので、少しだけ外出してみるつもりなので、街の様子が楽しめることを期待しています。
**********************************************************************
さて、今回はベルファストの街にある数ある地域の中で一番の繁華街だと思われる『カテドラル・クオーター』(Cathedral Quarter)の風景をお届けします。
2019-03-06 12.40.29.jpg
今回の旅行では、北アイルランドがロンドンに比べて少し物価が安いこともあり、また中年になったのでバーフードとかは胃が受け付けにくくなってきたこともあり、奮発してきちんとしたレストランで食事を多く摂りました。その結果として、滞在したホテルはボタニカル駅近く(クイーンズ大学方面)だったにも関わらず、カテドラル・クオーターに頻繁に足を運びました。
2019-03-04 16.28.46.jpg
カテドラル・クオーターは、その名の通り聖アン大聖堂(St Anne’s Cathedral)のある地域なのですが、現在は話題のバーやレストランが集まっている場所として有名。現在とっても人気らしい『The Dirty Onion』というバー(パブ?)、北アイルランドで唯一らしい5つ星ホテル『The Merchant Hotel』、ベルファストにサードウェイブコーヒーをもたらしたと言われている『Established Coffee』、私達も足を運んだコンテンポラリーアートセンター『MAC』があります。
2019-03-04 16.29.00.jpg
そんなカテドラル・クオーターは、ストリートアートの宝庫でもあります。今回は地域の風景をお届けします。
2019-03-04 16.29.25.jpg
なお、重ねてになりますが多くのアートは北アイルランド問題にかかわるメッセージ性があるように思われますが、意味が分からないことが殆どです。写真を載せたからといってどちらかの意見に同調している、広めようとしているというわけではありませんので、思想的な事は抜きにして風景としてお楽しみください。
2019-03-04 16.30.53.jpg
有名なミュージシャンを多く輩出しているらしいベルファスト。彼らも有名なのでしょうか?

2019-03-04 16.31.06.jpg
細い路地にぎっしりパブやレストランが並び、電飾で飾られていることが多いです。

2019-03-04 16.31.29.jpg
ベルファストの街の中心街はユニオニストとナショナリストの棲み分けがくっきりとは無く、入り混じっているように見えましたが、パブの外側からどちら側かはっきり理解できるようにしているお店が結構あった印象です。無用なトラブルを避けるための工夫なのでしょうか。

2019-03-04 16.31.56.jpg
暖かくなると路地で立ち飲みする人で溢れるみたいです。

2019-03-04 16.32.19.jpg
そんな人たちの為に路地にはベンチが。

2019-03-04 16.32.38.jpg
窓にもアート。

2019-03-04 16.33.01.jpg
ベルファストの名所を使ったアート(宣伝?)。

2019-03-04 18.46.44.jpg
夜に訪れた上の路地。

2019-03-04 18.47.00.jpg
最終日にアルスター博物館(Ulster Museum)を訪れた際に、北アイルランド問題を扱ったセクションで『The Umbrella Man』という絵が飾られていました。

2019-03-04 18.48.16.jpg
その絵の詳細は忘れてしまったのですが、1968年から始まった北アイルランド問題(The Troubles)を象徴的に描いたもので、ユニオニストの地区で偶々働いていたカトリック系住民が抗争が起こっているためにイギリス側の警察組織がやってくるから危ないので避難するよう言われて蜘蛛の子を散らすように逃げている最中、傘売りを突き飛ばしたので傘が空を舞った様子を描いたというような説明だったと記憶しています。

2019-03-04 18.48.35.jpg
上の写真の路地に面したガレージ様の扉が夜になると開き、中にぎっしりアートがありました。

2019-03-04 18.49.35.jpg
そこにもカラフルな傘。傘には何かのメッセージ性があるのかも?とアルスター博物館で絵を見て初めて思い当たりましたが、それが何かは解りませんでした。

2019-03-04 18.49.30.jpg
アイルランドの詩人であるウィリアム・バトラー・イェイツ氏の『An Irish Airman Foresees His Death』という詩が天井に書かれていたり。

2019-03-04 18.50.23.jpg

2019-03-04 18.50.30.jpg

2019-03-04 18.50.34.jpg
中に入ると駐車場の周りも宣伝や絵、多分何らかのメッセージ性のあるアートがぎっしり。

2019-03-04 18.52.10.jpg
暖かい季節には、このような場所でも人々が飲み明かすのでしょうか。

2019-03-04 18.53.11.jpg
紛争の最中は街の中心部への立ち入りは午後8時以降禁止されていた名残なのか、夜は人通りが極端に減ります。

2019-03-04 18.56.37.jpg
posted by london-twosome at 23:44| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする