2019年03月09日

デリー/ロンドンデリー観光2日目

デリー/ロンドンデリー2日目の今日は、『血の日曜日事件』の舞台となった城壁の外にあるボグサイドのウォーキングツアーに乗りました。「ボグサイドの虐殺(Bogside Massacre)」の歴史を学ぶ1時間半弱のツアーは午前11時から。そこで先ずは宿泊代に含まれている宿の朝食で腹ごしらえをしました。
2019-03-08 11.44.20.jpg
午前10時までのんびりした後出かけたのですが、今日も朝からしとしとと雨が降り続く寒い日。中心地にあるショッピングモールを冷かしたり、集合場所のギルドホールで無料の歴史展示を眺めたりしました。

ツアー参加者はアリゾナ州から訪れているというアメリカ人2人と我々の4人のみ。ギルドホールから血の日曜日事件が起こった平和的なデモ隊が通った道筋を説明を受けながら歩いていきました。
2019-03-08 15.14.59.jpg
デリー/ロンドンデリーの街は小じんまりしているので、ギルドホールからボグサイドまでは徒歩10分と言ったところ。でも当時の写真が掲出されていたり、多くある壁画を眺めたりしながら説明を受けるので、終点のMuseum of Free Derryという事件についての博物館に着いた頃には1時間半を超えていました。

元々は博物館までは見ないことにしようかと思っていたのですが、ガイドさんの熱意に押されて入館。結局そこでも1時間を過ごし、どっぷりと歴史を学びました。2人共全然知らないことが多く、結果的には入って良かったです。
2019-03-08 16.22.39.jpg
それからランチを食べたり、お土産を買ったりして。カトリック系住民側の町ばかり見るのはフェアではないので、ピースブリッジを渡ってプロテスタント系住民側の町へ。そこでも壁画や軍施設の跡に建造が進んでいる広場を見物。

その頃にはずぶ濡れになる大雨&強風で観光どころの話ではなく。元々気になっていた軍事施設跡に真っ先に造られたというマイクロブリューワリーで地ビールを飲みながら雨宿り。味見をしている間に雨が上がったので、城壁近くにあるプロテスタント系住民の居住区も見学したら午後5時を過ぎてしまって、観光を終えました。
2019-03-08 19.31.48.jpg
鉄道駅からホテルまで乗ったタクシーの運転手さんとウォーキングツアーのガイドさんがお勧めしてくれたレストランで夕食も食べましたし、地元のアーティストの作品を取り扱う小さなギフトショップで絵葉書を買いつつオーナーさんとお話できましたし。毎日雨に降られて、凄く寒かったですが、勉強になって楽しい旅行でした。

明日から雪の予報が出ていて心配ですが…朝から移動してロンドンに戻る予定です。予定通り移動ができますように。
posted by london-twosome at 06:07| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする