2019年03月22日

コーズウェー海岸その他の見所

雲に覆われた金曜日のロンドン。本日の予報も曇り。雨は降りそうもありませんし、風も穏やかそう。最高気温は14℃。大体昨日と同じような天候になりそうです。

キューに住む映画監督がご自身の自宅で今月頭に殺害されたそうです。とても良い住宅地なのに怖いですね。イギリス内のモスク数か所でハンマーで窓が割られる被害が出て、ヘイトクライムとして捜査が行われています。敵を作り出して攻撃するのは、どの国でも時代が動く時の特徴のように思います。ブレグジットで人心が荒れているので、普段よりも気を付けた方が良さそうですね。

21歳の大学生が行方不明になって捜索が続けられていましたが、3マイル離れた場所で遺体が発見された事がニュースになっています。ニュージーランドで殺害された女性のこともありますし、夜遊んで楽しむ時にはよく知らない男性についていったりしないように気を付ける必要はありますね、やっぱり。
**********************************************************************
さて、今回はAway A Wee Walkの1日ツアーで訪れたコーズウェー海岸に沿った絶景ドライブウェイ『コーストルート』のその他の見所です。
2019-03-05 14.34.37.jpg
もう一つの目玉である吊り橋『キャリック・ア・リード』(Carrick-a-Rede)。この橋を渡るには(と言うか、近づくためには)時間で区切られたチケットを予め購入する必要があります。訪れる際には、必ず事前に調べ、計画的に刊行することが肝要。

2019-03-05 14.34.44.jpg
チケットのチェックは吊り橋から結構離れた場所で行われるので、渡らなくとも近くで良い写真を撮ろうと思ったらチケットの購入が必要でした。我々の参加したツアーはハイキングをした人は自動的にチケットが代金に含まれていたので、吊り橋を渡れたのですが。写真では分かりませんが遠めからでも吊り橋が見えたし、ランチ抜きで3時間半歩きっぱなしで疲れていたし腹ペコだしで、カフェでランチをして一休みしました。カフェはナショナルトラストによって運営されていて、トイレとお土産物を売っている売店もありました。

2019-03-05 14.53.57.jpg
ジャガイモ飢饉の原因は空気感染するジャガイモの病気だったそうですが、当時の人達は空気感染だと知らなかったので、何とか病気に感染せずに栽培できないかと、このような岩でできた小さな島にもジャガイモを植えたそうです。当時の人々がどれ程困っていたかが伺えるエピソードです。

2019-03-05 16.13.26.jpg

2019-03-05 16.17.20.jpg

2019-03-05 16.17.24.jpg

2019-03-05 16.18.00.jpg
1時間程キャリック・ア・リードで停まった後は、アントリム渓谷(The Glens of Antrim)や美しい海岸線を眺めながらバスに揺られます。写真ではよく分かりませんが、虹が出ました。

2019-03-05 16.33.40.jpg
海岸線を暫く走ると、小さな港町『カーンロー』(Carnlough)で最後のトイレ休憩があります。

2019-03-05 16.37.31.jpg
北アイルランドは酪農が盛んだからか、乳製品が自慢らしく。アイスクリームも是非食べて欲しい物に上げられています。そのせいか、この休憩所にある小さなコンビニで売られているアイスクリームは手作りだからお勧めとのことでした。

2019-03-05 16.34.10.jpg
寒かったのでとってもじゃないけどそんな気分にはなれず、結局旅行中何処でもアイスクリームを食べることができませんでした。しかしツアーに参加していた人たちの殆どはアイスクリームを食べてました。根性ですね…。

2019-03-05 16.33.03.jpg
この小さな港は、人気テレビドラマシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』(Game of Thrones)の撮影で使われた事でも人気。シーンを紹介した看板が立てられています。皆さん階段に這いつくばって、同じポーズで記念撮影に勤しんでらっしゃいました。ファンの方は是非お立ち寄りを。

2019-03-05 16.33.08.jpg
そうじゃなくとも、とても綺麗な港でした。

2019-03-05 17.33.46.jpg
最後のストップはキャリックファーガス城(Carrickfergus Castle)。

2019-03-05 17.33.49.jpg
1177年にノルマン人が侵略した際に建てられたお城で、北アイルランドにおいて数少ない中世の建造物。

2019-03-05 17.36.01.jpg

2019-03-05 17.34.44.jpg
でも既にクタクタで、あまりガイドさんの説明が頭に入ってきませんでした。他のツアー客の方々も疲れた様子で、写真を撮ったら直ぐにバスに帰っていました。

2019-03-05 17.41.09.jpg
10分停車した後、後は一路ベルファストへと帰ったのですが。美しい海岸線を走るツアーと言えども北アイルランド問題と無縁ではいられません。小さな町を通り抜ける度、その町がユニオニストかナショナリストであるかの説明がされます。歩道の縁石がユニオンジャック色の赤・青・白やアイルランド国旗色のオレンジ・白・緑で塗られていたりして、一目でわかることもしばしば。旗がランプポストに掲げられていることも。

2019-03-05 13.04.58.jpg
午後6時半頃ベルファストの街に帰り着きました。充実した内容で大満足のツアーでした。
posted by london-twosome at 03:33| Comment(0) | UK旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする