2019年04月27日

ヒーバー城のチューリップ祭り

低く雲が垂れ込めている土曜日のロンドン。今日は1日曇りで時々雨が降る予報。でも夕方は少し太陽が顔を覗かせるようなので、夕日が見えるかもしれません。ただ強風注意報が発令されているので、あまり木が多い場所に出掛けないようにお気を付けください。最高気温は12℃。昨日に引き続きひんやりした1日になりそうです。

明日はロンドンマラソン。スリランカで起こったテロ事件を受けてロンドンもセキュリティーを引き締めているように見えます。先日地下鉄に乗っていたら、警察官が同乗していましたし。主要駅には完全武装した警察官が二人一組で警備にあたっています。町を歩いていても、歩き回って見回りをしている警察官を頻繁に見掛けます。ボストンマラソンで起こった悲劇も頭をかすめる訳で、どうか何も起こりませんようにと心から祈っています。集まったランナーの方々が楽しんで実力を出し切れますように。
*********************************************************************
さて、今回はケント州(Kent)にあるお城『ヒーバー城』(Hever Castle & Gardens)で2019年4月30日まで開催されているチューリップフェスティバルです。
2019-04-26 14.42.01.jpg
ケント州はロンドンの南東に広がる行政区で緑が多いことから「英国の庭」とも称されているとか。ヒーバー城はアン・ブーリン(ヘンリー8世の2番目の妃でエリザベス1世の母)が幼少期を過ごした場所として有名。ただ今回は有名な庭を見物したくて、チューリップフェスティバルを機に足を運びました。
2019-04-26 10.28.25.jpg
ヒーバー城の最寄り駅はサザン鉄道(Southern Rail)のHever駅。サザン鉄道のUckfield行きの路線で、ロンドン・ビクトリア駅やロンドンブリッジ駅から乗車できます。が、ビクトリア駅から乗るとイースト・クロイドン駅で乗り換えしなければいけないと思われます。
2019-04-26 10.28.47.jpg
当初ビクトリア駅からの電車に乗ろうと思ったのですが、チケット購入時に席を予約するのか聞かれ。可能ならばと進行方向に向いている席を予約しようとしたらできないを言われ。進行方向に向いていないと乗り物酔いし易くなるので不安に思い、席の予約がそもそもできないロンドンブリッジ駅からの電車のチケットを購入。
2019-04-26 10.40.49.jpg
ロンドンブリッジ駅からは、乗り換え無しで50分。丁度通勤時間だったのでロンドンに到着する電車は満席でしたが、ロンドンからUckfieldに向かう電車はがら空きで席を選び放題でした。
2019-04-26 10.45.42.jpg
ヒーバー駅は駅舎もない無人駅です。ヒーバー城は駅から徒歩25分でした。往路は迷って30分掛かってしまいましたが…。ヒーバー城のあるEdenbridgeの道標に従えば良かったと後で気付きました。
2019-04-26 10.46.53.jpg
ヒーバー城の庭はブーリン家所縁の人々によって建造されたのかと思いきや、お城の前の小さな一角を除き殆ど全てが1903年にお城を買い取ったアメリカの富豪アスター家によって造られたのだそう。シェイクスピア・グローブもアメリカ人の呼びかけによって再建されましたし、イギリスの歴史復興・保全におけるアメリカ人の功績は結構大きいのかもしれません。
2019-04-26 10.46.33.jpg
広大な敷地のお城ですが、今回はチューリップ祭りで開催されていたツアーで紹介されたガーデン中心でお届けします。
2019-04-26 11.18.25.jpg
チューリップ祭り開催中は毎日午前11時半から追加料金なしでガーデナーさんのお庭のツアーがあります。出発点はゲート近くのインフォメーションブース。WEBにはヘッドガーデナーのツアーと書かれていましたが、伺ったら勤続7年半のベテランガーデナーさんではあるものの、ヘッドガーデナーではない方のツアーでした。

2019-04-26 10.40.00.jpg
チューリップフェスティバルは毎年恒例。年ごとにテーマが決められているそうですが、今年は『人類が月面に到達してから50年』。月をイメージして黄色やオレンジのチューリップが多いそうです。

2019-04-26 11.20.16.jpg
お城の前にあるトピアリーの数々。

2019-04-26 10.38.41.jpg
一番古い物は樹齢100年を超え、年に1回剪定するそう。小鳥などの細かいトピアリーは2・3か月に1回剪定が必要とのこと。

2019-04-26 11.38.40.jpg
お城の横には高級五つ星B&Bがあり、その前には果樹園が広がっています。ここはガーデナーさんの声が聞こえなかったのですが(上空を頻繁に飛行機が航行するので音が五月蠅く、参加者が多かったので遠かった)リンゴやプラム等を植えている、今年は暖かかったのでチェリーはもう散ってしまったと仰っていたような…。

2019-04-26 10.40.33.jpg
ヒーバー城の周りにも黄色のチューリップ(カッシェと仰っていたのですが、スペルを忘れてしまい探せません)が植えられています。お城の中に入ると、城内にもチューリップディスプレイがあったそうですが、私はガーデンのみの安めのチケットなので見れず。

2019-04-26 11.46.50.jpg
お城の裏側にはアスター家が客人や友人を招くために造ったチューダーヴィレッジ(Tudor Village)があります。外からはいくつもの小さな家があるように見えますが、内部は長い廊下で繋がっている1つの建物。現在は結婚式やイベントに使われることが多いそうです。

2019-04-26 11.50.55.jpg
チューダーヴィレッジの前にあるのがチューダーガーデン(TUDOR GARDEN)。このセクションはアスター家が来る前からあったガーデン。

2019-04-26 11.50.24.jpg
ハーブガーデンにはセクション毎に薬や食卓用等用途が明記されています。トピアリーでチェス盤が再現されていたり…

2019-04-26 14.36.25.jpg

2019-04-26 14.36.30.jpg
薔薇の庭や…

2019-04-26 14.35.54.jpg
ノットガーデン(16世紀に流行した編み物や天井に見られる唐草模様から着想を得たガーデン。ここ数年手を加え続けて完成間近)や…

2019-04-26 14.40.56.jpg
25メートル×25メートルのイチイの生垣で造られた迷路があります。確か4人がかりで8日間剪定をすると仰っていたような。「長い時間かかるのは私達も迷っちゃうせいかもしれないですけど」と冗談を。

2019-04-26 14.16.03.jpg
一番大きなイタリアンガーデンに入って、湖に向かって左側の通路はローマの通りという構想。

2019-04-26 10.47.16.jpg
小さく区切られている其々のガーデンがローマの違う年代の街並みを表現しているとのこと。

2019-04-26 10.47.40.jpg
其々のセクションに彫像が配置されたり、飾り窓があったり。

2019-04-26 10.48.14.jpg
植栽もセクション毎に全然違って、きめ細やかなお手入れが必要そう。

2019-04-26 10.49.20.jpg
私は午前10時半~午後3時まで居たのですが、ずっとガーデナーさん達が忙しそうに手入れしていました。

2019-04-26 10.50.02.jpg
専属ガーデナーさんは10人だそうですが、ボランティアさんに手伝ってもらっているとのこと。

2019-04-26 10.55.11.jpg
ガーデナーさんによると今年一番に咲いた薔薇。

2019-04-26 12.29.08.jpg
左右の通路に挟まれる形で広い芝生の庭があるのですが、その真ん中に生垣に囲まれたサンクン・ガーデン(Sunken Garden)が。

2019-04-26 12.31.06.jpg
その名が示す通り、その昔は鮮度を保つ必要のある油や乳製品を冷蔵するために造られた地下庭園だったそう。

2019-04-26 12.31.30.jpg
現在は池を真ん中に配して四方にベンチが置かれた静かな空間になっています。

2019-04-26 12.31.15.jpg
ガーデナーさん達で話し合ってデザイン変更ができるのかを質問したのですが、「歴史ある庭なので基本的には変更はしませんが、各ガーデナーがアイディアをヘッドガーデナーに持ち込み、改善をする事はよくあります」と仰ってました。

2019-04-26 12.30.38.jpg
雨水が溜まっているのかと思ったのですが、どうも葉っぱから分泌されている液体のよう。

2019-04-26 11.00.03.jpg
湖に向かって左側の通路は、蔓薔薇や蔓紫陽花、藤にキングサリ、リンゴなどの果樹を這わせたアーチがずっと続いています。右側にあるローズガーデンのレンガ壁に沿ってはずらっと椿/山茶花が。

2019-04-26 12.33.28.jpg
この通路に沿ってもチューリップがずらりと植えられていましたが、ガーデナーさん曰く「他のディスプレイで余った球根を植えてあります。でも結果的にカラフルになってぴったりのデザインになったと思ってます」。

2019-04-26 11.10.05.jpg
確かに鮮やかな色合いのチューリップが芝生の緑に映えます。

2019-04-26 10.56.11.jpg
イタリアンガーデンの突き当りには池。

2019-04-26 12.52.32.jpg
この池は38エーカー(15.3ヘクタール)あるそうですが、重機がない時代に800人の工夫によって2年間を掛けて手で掘られたのだそう。流石アスター家。

2019-04-26 11.06.51.jpg
イタリアンガーデンの右側にローズガーデンがあります。

2019-04-26 12.27.02.jpg
ローズガーデンには4,000本の薔薇が植えられているそうですが、まだ殆ど咲いていません。

2019-04-26 12.26.34.jpg
薔薇園では薔薇のお手入れの仕方を詳しく教えてくださいます。うろ覚えなのですが…確か10月頃1回目の剪定を行って強くて元気、しかも他の枝と重なっていない枝のみを残し、半分から1/3の長さに薔薇を切り落として、土を栄養のある物に入れ替え、マルチング(防寒や雑草の発生防止,霜害や地表の乾燥を防ぐために,地面に落ち葉やワラやピートモスを敷き詰めること。最近はプラスチックフィルムや不織布の専用シートがマルチング資材が使われる)をし。3月に2回目の剪定作業および肥料の追加、マルチングを行い。病気を防ぐための薬の塗布をするとのこと。但し防虫剤は一切使用しておらず、「テントウムシ等の自然の作用に任せてます」だそうです。

2019-04-26 10.53.37.jpg
ローズガーデンでツアーは終了。1時間でした。その他のガーデンについては次回に続きます。
2019-04-26 10.34.23.jpg
Hever Castle & Gardens
Hever Rd, Hever, Edenbridge TN8 7NG
開園時間・お城の開城時間・料金・イベント情報等の詳細はHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 15:47| Comment(0) | ガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月26日

リッチモンドの温室レストラン『PETERSHAM NURSERIES CAFÉ』

霞がかっているものの晴れている金曜日のロンドン。本日も曇ったり、晴れたり、雨が降ったりと天気が移り変わる1日になる予報です。降水確率が高いのは午後3時以降。前2日は雨が降っても夕方には晴れて綺麗な夕日が見れましたが、今日はどうでしょうか。最高気温は14℃。昨日同様涼しい1日になる予報です。

春が来て花が咲き始めたので、イギリス人のガーデニング愛を感じる機会が増えてきました。夫が同じフロアで働くイギリス人の方が王立園芸協会(Royal Horticultural Society)の会員なので受け取る月報を読み終わった後に譲ってくださるのですが、今月からいきなり厚くなりました。春の花の名前が解説されていたり、春に見ると良い庭が紹介されていたり。色んな庭を見たい、園芸について学びたい熱を高めてくれます。これから見所満載の季節ですね。
*********************************************************************
さて、今回はロンドンの西の郊外(正確に言うとお隣のサリー郡らしい)にある高級住宅地リッチモンドにある温室レストラン『PETERSHAM NURSERIES CAFÉ』です。
2019-04-20 11.41.58.jpg
味音痴なのでミシュランガイドに載っているようなお店には全く興味がない私。ですが、この温室レストランのお隣にあるカフェ(ティールームという名前)を去秋に訪れあまりに素敵な設えにお隣にあるレストラン(カフェという名前)をいつか訪れたいと思っていました。
2019-04-20 12.14.49.jpg
このカフェはミシュランで星を獲得したことがあるそうで(現在も星を保持しているかは不明)、お値段も2人で£100前後する高級店。でもセッティングは至ってカジュアルで、温室の中に置かれたガーデンテーブル&チェアで植物に囲まれての食事です。
2019-04-20 12.22.47.jpg
人気も高く週末訪れる為に3週間前から予約をしました。冬は外のスペースが使えない分、余計に予約が取り難かったです。暖かくなってきた今は、冬レストランがあったスペースはショップになっており、レストランも温室のようなスペースに移行していました。
2019-04-20 12.22.53.jpg
因みに冬は開店と同時に満席になっていたティールームは、晴天に恵まれていたお陰で外のテーブルは埋まっていたものの、温室内は暑すぎたようでがら空き。帽子&紫外線対策は必須ですが、暑さと日差しに耐えられるのであれば席が確保し易そうに見受けられました。
2019-04-20 11.21.03.jpg
思ったよりも地下鉄の駅から近く、徒歩30分弱で到着してしまったので予約時間よりも随分前に着いてしまい。周辺を散策したり、ガーデニングショップやインテリアショップを覗いたりして時間を潰し。
2019-04-20 12.48.20.jpg
いざレストランに入ると、まだ藤や薔薇が成長していないため日陰が全くない、燦燦と陽の光が降り注ぐ温室の席に案内されました。日陰の席は皆無ですので、入口で帽子の貸し出しをしています。しかし最後の方は帽子が足りなくなっていましたので、ご自身で帽子やスカーフ等日除けになる物を持参されることをお勧めします。あと夏は相当暑くなるかもしれません(何らかの方法で空調を入れるのかもしれませんが…)。
2019-04-20 12.48.24.jpg
メニューは日々変わるようで、日付が入ったA4の紙が渡されます。前菜が£10台、メインは£20台後半、デザートも£10近くするので高級な値段設定です。
2019-04-20 13.23.03.jpg
でも流石素材は新鮮でしたし、味も繊細ながらも凝り過ぎてはいなくて、素材の味が活きていてとっても美味しく。雰囲気も相まって非常に幸せな食事を満喫しました。ウェイターさん達もカジュアルながらも的確でフレンドリーなサービスで気持ちが良かったです。
2019-04-20 11.28.00.jpg
私達は肩肘張った食事が嫌いなので気に入りましたが、値段の割にカジュアルすぎると感じる方も居るかもしれません。赤ちゃんやお子さん連れのご家族やペットを連れた方も多いので、ガヤガヤしています。トイレはティールームと共同の外にある3つの個室のみです。席も近くて、ゆったりはしていません。
2019-04-20 11.21.50.jpg
ロンドンから地下鉄で気軽に訪れることができる場所で、自然を感じながらデイトリップ感覚でカジュアルに美味しい物を食べたい。そんな気分の時に、旅行をしたつもりで奮発して訪れるのに向いていると思います。

PETERSHAM NURSERIES CAFÉ
Church Lane, Off, Petersham Rd, Richmond TW10 7AB
営業時間(ほぼ火曜日~日曜日の正午~午後5時のみ)やメニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。
2019-04-20 10.53.56.jpg
リッチモンドは高級住宅地。地下鉄ディストリクト線の終点であるリッチモンド駅からテムズ川に出る間にも素敵な街並みが目白押し。

2019-04-20 10.55.30.jpg
テムズ川沿いには遊歩道があります。

2019-04-20 10.55.36.jpg
遊覧船の発着場もあり。

2019-04-20 10.58.23.jpg
橋の近くにはカフェも点在しています。

2019-04-20 11.00.35.jpg

2019-04-20 11.01.50.jpg
八重桜も綺麗でした。

2019-04-20 11.01.13.jpg
暖かくなったから貸しボートも登場。

2019-04-20 11.04.56.jpg
西洋の柳ってなんだか陽気だと感じます。

2019-04-20 11.05.03.jpg
この道を散歩するだけでもロンドンを遠く離れた気分を味わえます。

2019-04-20 11.08.30.jpg
ボートはスポーツとして広く楽しまれているみたいで、広い世代の男女がオールを漕いでいるのを見掛けます。「犬がコックスみたい!」と夫と笑ったボート。

2019-04-20 11.12.24.jpg
広い草原にあるパブリックパスを歩き…

2019-04-20 11.16.00.jpg
馬の牧場を横目に歩くと…

2019-04-20 11.20.43.jpg
直ぐピーターズハム・ナーセリーに出ます。

2019-04-20 11.27.03.jpg

2019-04-20 11.27.22.jpg

2019-04-20 11.30.57.jpg

2019-04-20 11.34.56.jpg

2019-04-20 11.37.49.jpg

2019-04-20 11.38.06.jpg

2019-04-20 11.51.44.jpg

2019-04-20 11.52.35.jpg
ナーセリー(ガーデンセンター)には種、苗やガーデン家具、道具などが売られています。

2019-04-20 11.34.07.jpg

2019-04-20 11.34.49.jpg

2019-04-20 11.37.15.jpg

2019-04-20 11.38.35.jpg
ガーデニング好きの方にはヒントになりそうな設えも満載。

2019-04-20 11.31.42.jpg
ティールームはセルフサービス。注文をする小屋の隣にトイレがあります。

2019-04-20 11.58.04.jpg

2019-04-20 11.59.38.jpg
ピーターズハム・ナーサリーの周りには細い道が続いていて散歩が楽しい地域です。

2019-04-20 13.49.58.jpg

2019-04-20 13.51.08.jpg

2019-04-20 13.51.35.jpg

2019-04-20 13.51.57.jpg
食事の後は丘に登って景色を眺めるため、林を抜けて徒歩15分。

2019-04-20 14.03.34.jpg

2019-04-20 13.59.45.jpg
丘の上からテムズ川を見下ろすこの景色は何度見ても心が洗われます。この丘から駅に向かう道には素敵なカフェが並んでいるので試したいです。

2019-04-20 14.10.35.jpg

2019-04-20 14.11.24.jpg
展望台の下にはガーデンもあります。

2019-04-20 14.11.48.jpg
posted by london-twosome at 02:26| Comment(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月25日

イギリスで初めてのイースター

雲が垂れ込める木曜日のロンドン。本日の予報は曇ったり、雨が降ったり、太陽が出たりと目まぐるしく天候が変わるという如何にもイギリスらしいもの。1日中降水確率があるのでいつ降ってもおかしくなさそうですが、午後3時までが特に降りやすそうです。最高気温は14℃でひんやりとした日のようです。昨日はなんだか久しぶりに感じる雨が降りましたが、今日から暫くはあまり太陽が顔を出さないイギリスらしい天候になるみたいです。

最近アメリカでもイギリスでも予防接種を拒否する親が増えていることが大変大きな問題になっています。なんでも科学的に根拠が薄い誤った認識がソーシャルメディアを中心に広がり、予防接種は子供の健康に害であると信じる親が急激に増えているのだとか。イギリスでもはしかの予防接種を受けていないお子さんが50万人いるそうで、いつ大流行が起きてもおかしくないとのこと。ニューヨークでははしかの大流行が起きて予防接種を受けていない人が公共施設を使用することを禁止する条例が出されたというニュースが流れていましたし。ヨーロッパでも予防接種を受けた事が無い人が増えているそうですので、ゴールデンウイークに海外を旅行される方はお気を付けください。
*********************************************************************
さて、今回はイギリスで初めて過ごしたイースターの徒然です。
2019-04-19 16.36.13.jpg
以前も少しブログにイースターの徒然を書きましたが、まとめて備忘録にしておこうと思います。先ずはスーパーに並ぶイースター限定お菓子。
2019-04-06 18.35.19.jpg
アメリカでは、何と言っても黄色とピンクのひよこ&ウサギ形のマシュマロのお菓子『ピープス』(PEEPS)の印象が個人的には強かったです。あまりの見た目の恐ろしさに食べたことがないのですが、スーパーやドラッグストア等、イースターの時期にはどのお店にも並んでいましたし、ピープスの巨大ぬいぐるみも頻繁に目にしました。
2019-04-21 14.39.20.jpg
イースターボンネットと呼ばれる花等で派手にデコレーションされた帽子にもピープスをあしらっていた人も多かった気がします。他にはジェリービーンズやイースターエッグ型ピーナッツバターチョコレート、後はウサギや卵、ひよこを模ったチョコレートが売られていたという記憶が残っています。
2019-04-21 14.39.48.jpg
一方イギリスは上品なお菓子が多かった印象。先ずアメリカよりもイギリスの方がイースターの為に特別に売られているお菓子やケーキ類が多い気がしました。
2019-03-29 16.05.48.jpg
スーパーが各自プライベートブランドのケーキや焼き菓子を出している影響かもしれませんが、マジパンで綺麗にレコレーションされたケーキがずらりと並び、花などのデコレーションが施されたカップケーキも種類が豊富。皆で集まってデザートを食べる習慣があるようで、近所のスーパーではアイスクリーム売り場が完売して棚がすっからかんになってました。
2019-03-29 16.06.56.jpg
面白いところでは、M&Sがクリスマスに販売していた青虫型チョコレートケーキを少しハートや四つ葉のクローバーなんかでデコレーションして春らしいお菓子にリメイクして売っていたこと。あまりの可愛さに思わず買ってしまいました。
2019-04-18 09.42.38.jpg
チョコレートもティーポット型に上品なドレスアップしたウサギが印刷されていたり、お洒落なダイアモンドカットされたイースターエッグだったり。ちょっとお洒落で大人向けの商品がスーパーに並んでいた気がします。
2019-04-08 15.29.36.jpg
ホットクロス・バン(Hot cross bun)と呼ばれるドライフルーツが入ったフルーツロールのような菓子パンもイギリスでは一般的。ニューヨークにもあることはあったのだとは思うのですが、あまり一般的ではなかったと認識しています。少なくとも私がその存在を知ったのは、ニューヨークに住み始めて7年が経った頃でした。
2019-03-30 12.40.21.jpg
しかしイギリスではイースターの前1か月間程、ずっとスーパーで色んな種類が並べられて事あるごとにセールしており。またブレグジットで党を離反した議員が翌日ホットクロスバンと牛乳を朝ご飯に買っている姿を紙面にすっぱ抜かれていたりと、とっても目につきました。
2019-03-30 12.38.36.jpg
その為、好奇心も手伝って一人で済ませるランチに購入してはもそもそ食べていたのですが、日本のフルーツロールみたいな特別感のないパンだな…という印象しかありませんでした。しかし夫が同じフロアで働き、何くれと無く気にかけてくださるイギリスの会社の社員の方が「最近はホットクロスバンも高級化したり、色んな味のバリエーションが出てきてるけど、安くてベーシックなのが一番!それを半分に切ってオーブンで温めるかトーストして、バターを塗って食べるのがお勧めだよ!」と勧められたとのこと。
2019-04-18 10.07.11.jpg
折角なのでアドバイスに従って、テスコで一番ベーシックなホットクロスバンを購入。半分にスライスしてオーブンで焼いたり、トーストしたりして、バターを塗ってイースターの朝に食べてみました。
2019-04-18 10.36.12.jpg
個人的にはトーストした物にバターを塗った形が一番おいしく感じました。とは言っても未知とか感動の味ではないわけですが、そのままもそもそ食べていたのに比べると確かに数段美味しく感じました。これなら悪くないかも。
2019-04-18 09.38.35.jpg
ここ2週間は寝込んでいるのでほぼ誰にも会えていませんが…少し前にボランティア仲間と雑談していた折にイースターにはどんな食事をするのが定番なのか尋ねてみました。彼女は「私は無宗教だから特に何もしないんだけど…」と前置きしつつも「基本は家族大勢で集まって食事をするわけだから簡単に作れるものって言うのが大事よね。だから多くの人はオーブンに放り込めば良いお肉のメイン、チキンとかラムとかを用意すると思うわ。それに春らしい野菜のロースト。そしてホットクロスバンを添えるっていう感じじゃないかしら?」とのことでした。
2019-04-18 09.32.17.jpg
お花を飾る人も多いようで、駅前には花屋さんが登場したり、花屋の前には華やかなブーケが並べられたりしていました。勿論、ベーカリーもデザートやパンを張り切って並べていました。
2019-04-18 09.23.34.jpg
イギリスでは、イースター(復活祭)の日曜日の前の金曜日はグッドフライデーとして正式にお休みにする会社が殆ど(アメリカでは州ごとに違っており、ニューヨーク州は州としての正式なお休みとは規定していなかったのだと思います)。そして次の日の月曜日もバンクホリデーと規定されているため、殆どの人が4連休。
2019-04-17 10.58.41.jpg
その為イースターのホリデー感がいや増していて、一部地下鉄が運転を休止していたり、鉄道も一部区間で運休していたりと全てに亘ってお休みモード。今年は偶々夫の出張が重なっていたので旅行の計画を立てませんでしたが、イギリス国内の鉄道の旅は計画しない方が無難だとつくづく思い知りました。BBCでも「可能であれば木曜日に出発して火曜日に帰ってくるように」とアドバイスしていたほど。
2019-03-30 12.33.09.jpg
イースター当日は、スーパーは軒並み閉店しており、休んでいるお店多数。レストランやパブはチェーン店を中心に営業していましたが、それも駅中とか駅近く、または行楽地の近くが多かったように思います。食べるのに困るほどではありませんでしたが、町がとても静かでした。ほぼ通常通り全てが営業していたニューヨークとは比べ物にならないほど、町全体がお休みモードでした。
2019-03-30 14.00.21.jpg
教会でミサに参列する人も多いようで、グッドフライデーやイースターにはドレスアップしている方々を頻繁に見掛けました。教会の外に巨大な十字架を持ち出して、何か儀式を執り行っているのも目にしました。
2019-03-20 09.54.52.jpg
ジムで偶に言葉を交わすカトリックの女性は、「グッドフライデーはミサに、土曜日は夜にコーラスのパフォーマンスに、今日(イースター)は朝からミサに参加するの。皆で集まってとっても楽しいわ」とニコニコされてました。バンクホリデーはのんびりと過ごすと仰っていました。確かに一週間前からミサに準備にとお忙しそうでしたから、休憩が必要でしょう。
2019-03-19 16.34.34.jpg
そんな風に、初めてのイースターはアメリカに住んでいた頃よりも随分と特別なホリデー感を感じながら過ごしました。全然違うんですねぇ。
posted by london-twosome at 03:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする