2019年04月24日

テートモダンの『FRANZ WEST』展

今にも降り出しそうな水曜日のロンドン。本日の予報は曇り時々雨。太陽が少しだけ顔を覗かせる時間もありそうです。イギリス全体では雷雨になる場所もあるそうで、この雨を境にまた涼しくなると予想されています。本日の最高気温は18℃。午後3時~6時頃が一番雨が降りそう。お出かけの際には折り畳み傘を持った方が良さそうです。

自称イスラム国がスリランカのテロに対して犯行声明を出したことがトップニュースになっています。死亡者数が359人に上り、被害者のお葬式が執り行われ始める中、まだ攻撃が起こる可能性を懸念して町は静か。観光客の姿がすっかり消えてしまった為、経済的打撃も大きいと思われるそうです。

イースター休暇で、ドイツの友人がオランダの海辺の町を訪れ毎日ハイキングやサイクリングを楽しんでいる旨の絵葉書を送ってくれました。でも「ブレグジットを生き延びてる?私達はドイツに居るのに、あまりの事に開いた口が塞がらないわ!」とコメントが。彼女たちも数年ロンドンに住んだことがあるので、余計に他人事とは思えないのでしょう。半年の猶予を貰ってからすっかりニュースにならないのですが、またのんびりしてると何も決められずにハロウィンになっちゃうよ?と思う今日この頃です。

夫が無事に出社したようで一安心です。時差ボケでほぼ眠れないまま働いているようなので、あんまり仕事にはなっていないかもしれませんが…。私はといえば、昨日も体調不良でお休みを貰う旨の連絡をして横になったらいつの間にか眠っていたようで、目が覚めたら午後4時でひどく驚きました。でも夜も普通に眠りましたし。月曜日から寝てばかりいます。今日も微妙な感じ…なるべく出掛けたりしたいのですが。
*********************************************************************
さて、今回は南岸にあるモダンアート美術館であるテートモダン(TATE MODERN)で2019年6月2日まで開催されている『FRANZ WEST』展の感想です。
2019-03-20 11.59.15.jpg
テートのメンバーになったので、時間を見つけてはテート・ブリテンとテート・モダンの展覧会に足を運んでいます。先月テムズ川沿いを散歩がてらテート・モダンに足を運び、フランツ・ウエスト展を見てきました。
2019-03-20 12.00.07.jpg
フランツ・ウエスト展は£13のチケットが必要ですが、メンバーであれば無料で見ることができます。但し4月26日(金)にユニクロ・フライデーが開催され無料で入場することが可能。チケットには限りにがあるので、事前に登録することを推奨しています。
2019-03-20 12.01.46.jpg
また展覧会は新しい方の建物の2階で開かれているのですが、建物前の広場でもいくつかの作品が展示されていて無料で楽しめるようになっています。また2階の廊下にも手拍子に反応してライトの色が変わる作品や彫像、作品の制作過程を紹介する動画が展示されているので、そこも無料で鑑賞可能。
2019-03-20 12.02.50.jpg
私が訪れた平日の昼間には、廊下にある窓枠にあるベンチに座ってランチを食べる人たちで賑わっていました。清潔な公衆トイレもあるので、無料でアートを楽しみながらランチブレイクをすることも可能。
2019-03-20 11.54.32.jpg
バラマーケットから徒歩20分位の場所でもあるので、マーケットで名物のサンドイッチなんかを買い込んで、ここでのんびり食べることもできるんですね。テート・モダンのカフェはいつも混んでいるので利用したことがないのですが、こっちの建物に来ればいいんだーという発見がありました。
2019-03-20 11.59.42.jpg
広場にパブリックアートとして設置されている作品群は、見る角度によってザ・シャードが一緒に目に入ったり、いくつかの作品が重なって見えたりという面白さがありました。屋外に設置されるのに向いている作品だと感じます。
2019-03-20 12.00.41.jpg
肝心の展覧会は、ウエスト氏のアート教育を受けずに問題を抱えて、自己流で魂の叫びのように制作を始めた過程が年代毎に分かりやすく展示されていました。最初はポルノ紙に挿絵を描いて食べていたそうで、始めの数部屋は男女が絡んでいるようなアートばかりです。お子さんと見るには向かない展示かも?
2019-03-20 12.03.25.jpg
インタラクティブであることも大切にしている氏の作品らしく、誰にも邪魔されずアート作品と戯れることができるカーテンで仕切られているスペースまで用意されています。皆さん作品を手に取ってみたりしてました。
2019-03-20 12.02.18.jpg
最後には彼のリビングルームが再現されていて、彼の本棚などを眺める機会もあります。こんなに人物像に迫る展示も珍しい気がします。
2019-03-20 11.52.40.jpg
対岸に見えるセント・ポール大聖堂。

2019-03-20 11.32.13.jpg

2019-03-20 11.32.49.jpg
OXOタワー近くにあるマーケット。

2019-03-20 11.30.35.jpg
ロンドンは意外と緑地が多いせいか野鳥をそこかしこで見掛けます。

2019-03-20 11.25.24.jpg

2019-03-20 11.25.41.jpg
サウスバンクセンター前に登場したアートのようなベンチ。いつ通っても子供たちがよじ登っていたり、若い女の子のグループがセルフィーを撮影していたりと人気です。

2019-03-20 11.20.05.jpg
対岸のウエストミンスター。

2019-03-20 11.19.41.jpg
ロンドン・アイの中でヨガをする何てイベントをよく見かけます。ちょっと気持ちいいかも?

2019-03-20 11.17.25.jpg
ホテル前にあった巨大イースターエッグ。

2019-03-20 11.18.37.jpg
TATE MODERN
Bankside London SE1 9TG
開場時間や交通機関などの情報は美術館のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 01:45| Comment(0) | パブリックアート・アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月23日

リトル・ヴェニス周辺散歩

曇天の火曜日のロンドン。本日の予報も晴れで、最高気温は21℃。週末までの夏のような気温に比べると少し涼しくなるようですが、それでも十分良い天気に恵まれそうです。今日から久しぶりに仕事をする人も多いと思いますが、少なくとも雨には降られないようで良かったですね。

スリランカの連続テロでお亡くなりになった方が310人になり、11か国の国籍に亘ることが引き続き大きなニュースになっています。2週間も前にテロの計画があることが警告されていたにも関わらず、警察が対応できなかったことも問題視され始めています。これ以上テロが起きないよう、国際社会全体で努力できないものでしょうか。

家畜を襲う犬が多いことが問題としてBBCで取り上げられていました。イギリスでは犬が家畜を襲っても事件として報告する義務はないそうで、事件が増えているとはいっても全ての事件が数えられている訳でもないとのこと。犬には羊などの動物の後を追って驚かせる本能があるそうで、家畜を襲わずとも犬に追われた家畜は流産したりトラウマを抱えてしまう為、生き物の周りでは必ず犬を繋いでおくよう注意を促していました。カントリーサイドに出掛けて気持ち良いから犬を放している人を非常によく目にしますが、牧場があったら必ず綱に繋ぐようお気を付けください。週末食事に出掛けたら、レストラン内を犬が走り回ってたんですよね…。ウェイターさんが犬に足をとられて転びそうになっていました。責任感を持ってペットを管理していただきたいものです。

昨日は結局体調が悪くて、最低限の家事だけ済ませて寝てしまいました。今日も引き続き眩暈に襲われています。なんでこう体調が悪いんだろう…と暗い気分になっている朝です。
*********************************************************************
さて、今回はリトル・ヴェニス(Little Venice)と呼ばれる運河周辺を散歩した備忘録です。
2019-04-21 10.50.32.jpg
気になるカフェへランチに出掛けたもののWEBページには記載がなかったのにお休みしていました。仕方なく近くのレストランで食事をしてから、運河沿いに散歩したのでその風景をお届けします。
2019-04-21 10.50.10.jpg
リトル・ヴェニスは、社会人になって初めて夫のロンドン出張にくっついてきた際に2人でカムデンロックまで小さなボートに乗ってリージェンツ運河の船旅を楽しんだのが良い思い出。今回はリトル・ヴェニス周辺を少し歩いてから、ボートの旅とは反対に西に向かってパディントン・アーム運河(Paddington Arm)沿いに続く遊歩道を散歩しました。
2019-04-21 10.51.11.jpg
今回の旅の起点は地下鉄ハマースミス&シティー線『ロイヤル・オーク』駅。駅から徒歩5分で運河に出ます。

2019-04-21 10.51.16.jpg
運河を渡る歩道橋に出るので渡り…

2019-04-21 11.12.49.jpg
3分東に歩くとリトル・ヴェニスに出ます。

2019-04-21 11.13.53.jpg
リトル・ヴェニスには船のカフェ、リージェンツ・パークの動物園やカムデンロック行きのボート乗り場があります。

2019-04-21 11.15.25.jpg
開けている水辺で気持ちの良い場所です。

2019-04-21 12.14.15.jpg
水辺には陽の光を浴びながら食事ができるテラスのあるレストランがあり大人気。

2019-04-21 11.36.19.jpg
余談ですが気持ちの良いロケーションだったですし、ドリンクは美味しかったので、利用するのであればドリンクのみがお勧めかも。それなりの値段するので、食事をするのであれば他のレストランが個人的にはいいかなぁ…と思いました。

2019-04-21 12.14.31.jpg
運河沿いに遊歩道が続いています。西に向かって歩きます。

2019-04-21 12.14.53.jpg

2019-04-21 10.52.00.jpg
イースターでも桜が残っていました。

2019-04-21 12.16.24.jpg
運河にはずらりとボートで生活する人達が。

2019-04-21 12.17.30.jpg
自転車等の家財道具を積んでいるだけでなく…

2019-04-21 12.17.53.jpg
ガーデニングも楽しまれてます。

2019-04-21 12.20.56.jpg
確かごみで創られたアート。

2019-04-21 12.21.32.jpg
幾つもの橋を潜って進みます。

2019-04-21 12.22.07.jpg

2019-04-21 12.27.39.jpg

2019-04-21 12.27.49.jpg

2019-04-21 12.31.13.jpg
運河を歩く人に向けてアートもちょこちょこ存在。

2019-04-21 12.23.46.jpg
桜らしき花も点在しているので、春はお花見も楽しめます。

2019-04-21 12.28.38.jpg

2019-04-21 12.36.00.jpg
高級化が進むロンドン。運河沿いにも新しい物件が散見されました。

2019-04-21 12.34.30.jpg
自転車も同じ道を走るので、少し気を使いますが面白い散歩道です。歩行者優先とはいっても、結構なスピードで走っている自転車が多いのでお子さんと歩く場合は注意が必要。道が細いので、ベビーカーはあまり向きません。

2019-04-21 12.35.17.jpg

2019-04-21 12.34.40.jpg
住人が手作りしたと思われる、彫像ガーデンまで登場。

2019-04-21 12.37.04.jpg

2019-04-21 12.37.17.jpg
ポートベローマーケットに出る辺りには、運河に面してガーデンもありました。

2019-04-21 12.41.11.jpg
段々とインダストリアルな雰囲気になってきます。

2019-04-21 12.44.55.jpg
カフェやお店が入った複合施設にはスーパーヒーローらしきアート。

2019-04-21 12.46.32.jpg
まだまだ遊歩道は続いていましたが、駅からあまり遠くなると帰り方がわからなくなりそうだったので途中で離脱。ラドブローク・グローブ駅から地下鉄に乗りました。

2019-04-21 12.43.12.jpg
posted by london-twosome at 00:34| Comment(0) | 公園・お散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

2019年3月第4週のノッティングヒルの風景

少し霞がかっているものの晴れている月曜日のロンドン。本日の予報も晴れで、最高気温も24℃になるようです。昨日は北アイルランド、スコットランドおよびウェールズで記録的な暖かさになったとのこと。天気予報が変わって、明日も晴れと予想されています。行楽日和で嬉しい半面、なんだか怖いです…。

本日はバンクホリデー(bank holiday)。バンクホリデーは公休日で最初に施行されたのは1871年の条例にて。国定休日ではないので絶対に休めるとは限らず雇用契約によるようですが、銀行は絶対に休む上、多くの会社が休みになり働く人は休日出勤扱いになるとのこと。今年初めてのバンクホリデーなので人々は只でさえ浮かれていたのに、この陽気。皆さん凄く幸せそうです。

ニューヨークでは、イースターは人々が日曜日に派手な花や卵・ひよこ・ウサギの人形等で飾り付けたイースターボンネットと呼ばれる帽子で通りを練り歩くという印象しかありませんでしたが、ロンドンは本当にホリデー感が強かったです。グッドフライデーから本日のバンクホリデーまで4連休になる会社が殆どだったのも大きいですし。グッドフライデーやイースター当日は多くの人が教会に行ったようで、教会の外で集まっていたりドレスアップしている姿を頻繁に見掛けましたし。イースター当日は、スーパーマーケットや多くのお店が休んで町が静かでした。ロンドンの方が、無宗教の人が増えているとはいってもキリスト教社会なんだなーと思った次第です。

今日は夫の会社も休みですが、夫は午後から出張に出かける為、今日は準備に充てています。私も先週さぼっていたアイロン掛けを夫が荷造りする前に終えなければ。
*********************************************************************
さて、今回は約1か月前のノッティングヒル(Notting Hill)の風景をお届けします。
2019-03-23 12.11.29.jpg
ポートベローマーケット周辺がゴチャゴチャしていて苦手意識が強かったノッティングヒル。ですがホランドパークや閑静な住宅街であるウエストボーンを知ってから、散歩が楽しい地域であることに気付きました。
2019-03-23 12.11.51.jpg
今回はそんなノッティングヒル周辺の早春の風景をお届けします。
2019-03-23 12.12.34.jpg
例年は4月の初旬に咲くロンドンの桜が今年は3月中旬には咲き始めました。3月第4週は桜が咲き始めた頃だったので、ホランドパーク(Holland Park)に桜の見物に。

2019-03-23 12.12.23.jpg
早速入口で八重桜がお出迎え。

2019-03-23 12.20.53.jpg
マンションの庭。

2019-03-23 12.21.41.jpg
春はチューリップや水仙等で華やかでした。

2019-03-23 12.28.52.jpg
花壇毎に色のテーマが決められていました。

2019-03-23 12.29.01.jpg

2019-03-23 12.30.30.jpg
ここはブルーと白。

2019-03-23 12.27.47.jpg
回廊の絵はいつ見ても見事です。

2019-03-23 12.31.21.jpg

2019-03-23 12.33.21.jpg
生垣の周りにはベンチが配され、低木が植えられています。

2019-03-23 12.34.06.jpg
広い園内にはこんなパブリックアートも。一瞬ぎょっとしました。

2019-03-23 12.34.39.jpg
KYOTOガーデンの入口には孔雀。

2019-03-23 12.37.25.jpg
入口脇にあるシダレザクラの若木。

2019-03-23 12.38.51.jpg

2019-03-23 12.38.07.jpg
この小道は京都ではない地方自治体が造ったようでした。

2019-03-23 12.42.28.jpg

2019-03-23 12.43.27.jpg
池の周り。

2019-03-23 12.44.41.jpg
散り始めの桜の木が2本、池の傍にあって綺麗だったのですが…

2019-03-23 12.45.56.jpg
散っている桜が何故か花ごと椿のように落ちています。不思議に思ってよく見ると、ワカケホンセイインコ(ring-necked parakeet。ペットとして飼われていたインコが逃げて野生化したとみられる。ロンドンには多く生息)が花を嘴でむしってはペッと吐き捨てているではありませんか!「あいつー」と夫と憤慨してました。

2019-03-23 12.54.29.jpg
奥の方にも桜の木がありました。

2019-03-23 12.57.57.jpg
そこはかとなくアジア風に感じる小道。

2019-03-23 13.09.42.jpg
ホランドパークを北側に出ると閑静な住宅街。庭木として桜を植えているお宅多数。

2019-03-23 13.12.44.jpg
教会の庭にも桜。

2019-03-23 13.21.18.jpg
週末のポートベローマーケットは人・人・人。スリにお気を付けください。

2019-03-23 14.51.05.jpg
この地域には近所の人しか入れないプライベートガーデンも多く存在します。

2019-03-23 14.57.55.jpg

2019-03-23 15.00.17.jpg
立派なフラットや教会等も多く、建築を見て歩くのにも面白いエリア。

2019-03-23 14.59.39.jpg
なんでもない小道も庭木でピンクに染まります。

2019-03-23 15.10.00.jpg

2019-03-23 15.11.29.jpg
ノッティングヒルはカラフルな家が並ぶ街並みでも有名。

2019-03-23 15.12.29.jpg

2019-03-23 15.15.03.jpg
ノッティングヒル・ゲート駅の近く、ヒルゲート・プレイス通り周辺は可愛らしい家並みで写真撮影する人が多くいました。

2019-03-23 15.14.00.jpg
こんなパブで一杯やりたいものです。

2019-03-23 15.21.32.jpg

2019-03-23 15.22.10.jpg
有名なパブ『THE CHURCHILL ARMS』もあります。花で一杯。相変わらず人でも一杯。

2019-03-23 16.08.16.jpg
ロンドンは造花で飾った派手な店先が多い気がします。

2019-03-23 15.17.25.jpg
posted by london-twosome at 23:39| Comment(0) | 公園・お散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする