2019年04月02日

デリー/ロンドンデリーの宿『SHIPQUAY』

今にも降り出しそうな火曜日のロンドン。本日の予報は午前9時~午後7時までの間はいつ雨が降ってもおかしくなく、午後3時からは時々太陽が出る時もあるようです。雨が降り続くことはなさそうですが、雨が降らないこともないようです。今日は1日用事で出掛けるので、風邪を引かないように気を付けたいと思います。今、風邪が流行しているみたいですし。

大気汚染が大きな問題となっているロンドンでは頻繁にニュースになりますが、昨日の無料新聞では約200万人が法定基準を上回る空気汚染地域で暮らしていることが問題になっていましたし。今朝のBBCでは子供たちが地面に近いが故に環境汚染物質を吸い込んで呼吸器に問題を生じたり、将来的に痴呆症を発症しやすくなる危惧があるなどと報じていました。

我が家の空気清浄機は24時間、毎日フル稼働しています。風が強かったりすると、急に数値が12とかになって1日下がらないこともあり、何が飛んでいるんだろう?と怖くなります。近年汚染が悪化したのは、ディーゼル車が減ってきた代わりに、スクーターが増えたからと言われているそうです。公共交通機関を利用する人が増えれば良いのでしょうか。
**********************************************************************
さて、今回は時間がないので北アイルランド第2の都市デリー/ロンドンデリーで滞在したホテル『SHIPQUAY』の感想です。
2019-03-07 11.47.00.jpg
このホテルは城壁の中にあり、観光にとても便利。でもその代わり、北アイルランドにしては値が張ります。とは言え、3月はまだまだ寒く、しかも天気の移り変わりが非常に激しかったので、徒歩5分でギルドホールや主な観光地、レストランやパブに行ける立地はとても有難かったです。
2019-03-08 09.04.11.jpg
実際、2日とも雨が降ったり、強風で凄く寒かったり、雹が降ったり、突然嵐のような大雨になったりと、観光には不向きな天候。でも晴れ間も覗くので、ずーっと悪天候と言うわけでもありませんでした。
2019-03-08 09.04.16.jpg
ブティックホテルと銘打っているだけあり、昔銀行の店舗だった建物を改装して近年開いたばかりの新しいホテルとのこと。そのせいか、受付に入るまで数段の階段を荷物を持って上がる必要があります。一旦建物に入ってしまえば、エレベーターが完備されています。
2019-03-08 09.05.34.jpg
部屋は凄く広い訳でもありませんが、十分な広さ。窓が2つあり景色が良かったのが嬉しかったです。
2019-03-08 08.54.29.jpg
また、到着時に無料でスパークリングワインが貰え、部屋にはトフィーとクッキーが用意されています(2日目はクッキーのみ)。紅茶&コーヒーのセットもあるので、部屋で温まることも可能。水のボトルも毎日新しい物が補充されるので、惜しげもなく飲むことが可能です。
2019-03-09 08.14.41.jpg
加えて北アイルランドでは一般的なのか、このホテルでも宿泊料金に朝食が含まれています。朝食はコンチネンタルスタイルのビュッフェから自由に取れる他、メニューから注文して温かい食事も楽しめます。
2019-03-09 08.14.46.jpg
朝食メニューには地域性を意識したメニューも多く、アヒルの卵のスクランブルエッグ(イギリスのスーパーでも売られてはいますが)、スモークサーモン、タイセイヨウダラが選択肢にあったのでトライ。全体的にやっぱり塩気が強い気がしましたが、ぎり美味しいの範疇ではありました。
2019-03-08 10.41.58.jpg
最終日ベーシックな物が食べたくて、私はパンケーキを注文したのですが、大量のパンケーキが出てきて半分でギブアップ。ウェイトレスさんが「お口に合いませんでした?」と心配そうにしていたので、「美味しかったんですけど量が多すぎて…」と謝ったら、「確かに多いわね」と笑ってました。北アイルランドの人基準でも多いんだ、やっぱりと思った次第です。欲を言えば、もう少し甘さ控えめにもしてほしかったかな…。
2019-03-08 19.31.48.jpg
このホテルのもう一つのプラスが、バスローブとスリッパが置かれていること。今時珍しいですよね。アメニティーも一通り揃っていて充実していました。但しアメニティーは何故かアイスランドのブランドで地元感はゼロ。初めてのブランドで良い香りでしたが。但し、シャワーのみなのでお風呂に浸かって温まりたいという方にはお勧めできません(とは言え、そもそもバスタブがあるホテルが少ないとは思いますが)。
2019-03-08 19.29.28.jpg
従業員さん達はとってもフレンドリーで親切でした。夕方になると受付にスパークリングワインが置かれていて自由に飲めるみたいでしたし。インペリアルミントも置かれていて、喉が痛かったチェックアウト時に多めに貰って空港への車中で舐めました。サービスが細かい所まで行き届いていた印象です。
2019-03-07 15.29.42.jpg
デリー/ロンドンデリーの町も、午後8時にもなると通りが静まり返ります。あまり人も通らないし、車さえも疎ら。だから余計中心地にあることが有難く感じました。そんな訳なので、夜は静かで、暗くて、ぐっすり眠れました。ベッドの寝心地も良かったです。
2019-03-07 16.31.54.jpg
観光案内所や空港へのシャトルバスの発着場にも徒歩で移動できます。鉄道駅も荷物が小さければ歩けないこともないですが、対岸なのでそこはタクシー移動になります。が、観光や飲食の中心は断然城壁側なので、そちらに滞在した方が便利でお勧めです。
2019-03-08 10.37.17.jpg
目の前にアーティスト村のようなショッピング施設と可愛らしいベーカリーもあり、お土産を物色するにも便利かもしれません。真隣に小さなショッピングセンターが、徒歩数分の場所にデリー/ロンドンデリー最大のショッピングセンターもあります。私達は何も買いませんでしたが…。総合的に満足した、お勧めできる宿でした。

Shipquay Boutique Hotel
15-17 Shipquay Street, Derry - Londonderry, BT48 6DJ
詳細は宿のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 05:37| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする