2019年04月05日

デリー/ロンドンデリーでの食事

重く雲が垂れ込めている金曜日のロンドン。本日の予報は曇り/晴れ。曇ったり晴れたりを繰り返しつつ、午前中は雨が降る可能性があるようです。最高気温は13℃。気温が8℃までしか上がらず、風と雨が強かった昨日に比べれば大分過ごしやすい1日になりそうです。週末は花見に出かけたいと思っていたのですが、日曜日は強めの雨が降る予報です。土曜日も曇るようですが、外に出るなら土曜日の方が良さそうです。

昨日偶々相席したロンドナーと雑談していたら、環境問題について憤慨していました。近年の気温の乱上下や大雨などを非常に危惧されていて「世界が子供の代くらいで終わるんじゃないかと心配よ」とまで。「誰も自分に直接影響しないことは気にしないのよね。環境が悪くなれば、全人類が影響を受けるのにね」と憤慨していました。彼女の友人が、ブラジルで起こっている先住民の村での殺人について話てもいて、マスメディアに出てこない人権侵害や環境問題にも心を配りたいと思いつつ、それも難しいんだよなーと思ってしまいました。こういうメンタリティーがいけないんでしょうけれど。

今日は予定では朝から火災報知器の修理屋さんが来てくれるはずなので、早速本題です。
**********************************************************************
さて、今回はデリー/ロンドンデリーでした食事の備忘録です。そしてこの回が長らく続いた北アイルランド旅行記の最後になります。ロンドンに全然関係ないトピックにお付き合いくださった方々ありがとうございました。

ベジタリアンカフェ『Cow Bog』
城壁をButcher Gateからボグサイド側に出て直ぐのウォータールー通りにあるベジタリアンカフェ。私達は旅行していると大抵最後の方に胃が疲れてきて野菜を沢山食べたくなるので選んだお店でした。場所も城壁の目の前ですし、パブが並ぶ観光名所なのでとても便利。
2019-03-07 14.23.39.jpg
こんなことを言うと北アイルランドの食事が不味かったみたいに誤解されそうですが、何故か少し値が張るレストランにも行ったのにこのカフェでの食事が2人共一番気に入りました。雰囲気も、誰かのお家みたいで親密だけれど肩肘張らず、温かくてのんびりできて。食事も美味しくて、こんなお店が家の近くにあったらなーと願わずにいられないようなカフェでした。
2019-03-07 13.40.33.jpg
このカフェレストランは多分一軒家を改装して造られており、1階で注文をして、そのまま1階に並ぶテーブルで食事をすることも可能ですし、2階に行って誰かのリビングルームみたいな場所で食事をすることもできます。私達は暖房が効いていて暖かかった1階で食事をし、2階にはトイレを利用する為だけに行きました。
2019-03-07 13.41.29.jpg
2階ではPCで仕事をしているらしき、若者数人が一人でソファーのような椅子などで寛いでいました。食事をしないで、ドリンクで粘っている人たちもいるようでした。
2019-03-07 13.49.29.jpg
メニューは日替わりで、黒板に手書きで書かれています。でも読むだけではどんな料理かよく解らなかったので質問したら親切に説明してくださいました。みんなベジタリアンで、でもビーガンのメニューも用意されているようでした。
2019-03-07 13.49.35.jpg
メニューは、フュージョン料理のようでした。私に知識が無いのでしかとは言えないのですが、多分イギリスやインド、地中海やコンチネンタルスタイルの料理をミックスしている気がしました。
2019-03-07 14.23.32.jpg
味はしっかりするのに、スパイスや塩気が丁度良く、色んな食材を一度に食べているという満足感がありました。色んな食感が楽しめましたし、何より美味しかったです。
2019-03-07 14.28.13.jpg
食器も揃っていないのに、素朴で素敵な物ばかりで、目にも美味しかったです。お金が足りない人でも食事ができるシステムも取り入れていて好感を持ちました。私達もpay it forwardしてきました。

Cow Bog
2 Waterloo Street Derry
お店のHPは見付けられませんでした。レビューはこちら

ホテルのダイニング『Shipquay Restaurant』
3月のデリー/ロンドンデリーは天気がとても変わりやすく、強風が吹いたり、凄く寒かったり、霰が降ったり、大雨になったり。しかも午後8時ともなると外を歩いている人が殆どいない、凄く静かな町となります。だからと言って別に危ないとかではないと思いますが。
2019-03-07 18.16.30.jpg
そんな時、滞在しているホテルから一歩も出ずに食事をできるのは、やっぱり便利。滞在の数日前にコンファメーションのEメールが送信されたので、そのメールに返信してレストランの予約をお願いしました。
2019-03-07 18.17.07.jpg
このホテルのレストランは、タクシーの運転手さんによると「高いからお勧めしない」そうで、ガイドさんは「あそこは良いレストランね。美味しいし、雰囲気も楽しめるわよ」ということでした。が、タクシー運転手さんお勧めのレストランに行ったら、シップキーのレストランと大体同じくらいの値段設定だったので、夫と首を捻りました。何の違いなんだろう?
2019-03-07 18.34.13.jpg
ホテルに滞在していないお客さんも多そうでしたが、私達が食事した日は酷く冷え込んだ雨の夜だったせいなのか、半分は空席でした。ウェイトスタッフの方々は皆さん丁寧で、雑談をしたりもして、パーソナルな接客を心掛けているようでした。
2019-03-07 18.34.20.jpg
数種類の地ビールが用意されていたので、2人共注文。食事も北アイルランドの牛肉やラムを使ったり、近海で獲れる魚介を使っていたりと旅情を味わえます。
2019-03-07 18.55.48.jpg
私達はお決まりのプレシアターのプリフィックスメニューを利用したのですが、全てぎりぎり美味しかったですが、やっぱり塩辛かったです。多分北国の味なんですよね…。
2019-03-07 18.56.05.jpg
量も多くて、2人共完食するのに苦労しました。北アイルランドの食事は全体的に量が多い印象でした。

Shipquay Restaurant
15-17 Shipquay Street, Derry - Londonderry, BT48 6DJ
営業時間やメニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。

新開発地区にあるマイクロブリューワリー『The Walled CIty Brewery』
2019-03-08 16.08.03.jpg
大雨から逃げる為に入ったマイクロブリューワリー。ピースブリッジを渡った場所にあったイギリス軍の基地跡を再開発している地区にある、紛争後生まれ変わったデリー/ロンドンデリーを印象付けるお店です。
2019-03-08 15.30.53.jpg
嵐のような天候のせいか、午後4時頃という中途半端な時間のせいか、私達が入店した時には他に女性2人が休んでいただけでした。ビールの種類は黒板に表示されていますが、空いていたので時間があった店員さんが一つずつ丁寧に説明してくださり。
2019-03-08 15.44.51.jpg
ハーフパイントずつ3つのビールを味見できるシステムがあると紹介してくださったので、黒板から気になる3つのビールを選んで、2人でちびちび楽しみました。そうして休んでいる間に、夫が何気なくカウンターに目をやって、前日ガイドさんが話していたコーズウェー海岸で造られている『Lacada Brewery』のビールがあるのを発見。
2019-03-08 15.46.57.jpg
コミュニティーの住人が少しずつお金を出し合って造ったという話も興味深いですし、親しみも湧いていたので、早速ハーフパイントを追加注文。どのビールも美味しかったです。
2019-03-08 16.07.15.jpg
The Walled CIty Brewery
70 Ebrington Square, Derry-Londonderry.
営業時間やメニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。

地元民お勧めレストラン『The Exchange』
2019-03-08 19.27.42.jpg
タクシー運転手さんもツアーガイドさんもお勧めしていたレストラン。私達は午後6時には訪れていたので直ぐに座れましたが、その後多くの人がバーで時間を潰してテーブルが空くのを待っていました。とても人気があるレストランのようです。
2019-03-08 18.07.41.jpg
入口近くにバーコーナーがあり、奥の方にレストランセクションがある広いフロア。全体的に照明が暗くて、ノイズレベルは高めで、シックな内装。ですが、家族連れも非常に多く、小さなお子さんを連れた大きなグループや若者グループ、カップルなどありとあらゆる客層が集まっていました。

最終日なので、飲み損ねていたギネスで先ずは乾杯。クリーミーでやっぱり定番の美味しさです。
2019-03-08 18.44.47.jpg
アーリーバードメニューは月曜日~木曜日しか提供されていなかったので、通常のディナーメニューから私はローストダックに副菜としてマッシュルームを選択。ベルファスト~デリー/ロンドンデリーに移動する電車から見える草原に沢山鳥が居たので、地元で獲れた鴨なのかとも思って。
2019-03-08 18.44.54.jpg
夫も地元の牛かも?と願ってステーキを選択。副菜はルッコラのサラダにしました。
2019-03-08 19.21.05.jpg
物価が安い北アイルランドにしてはそれなりに値が張るレストランで、何故そこまで人気なのかはイマイチ腑に落ちませんでしたが、普通に美味しくはありました。店員さん達がフレンドリーです。

請求明細と一緒にジェリービーンズとインペリアルミントが出てきたのが、面白い工夫でした。

The Exchange
Exchange House Queen’s Quay Derry BT48 7AY
営業時間やメニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 02:12| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする