2019年04月24日

テートモダンの『FRANZ WEST』展

今にも降り出しそうな水曜日のロンドン。本日の予報は曇り時々雨。太陽が少しだけ顔を覗かせる時間もありそうです。イギリス全体では雷雨になる場所もあるそうで、この雨を境にまた涼しくなると予想されています。本日の最高気温は18℃。午後3時~6時頃が一番雨が降りそう。お出かけの際には折り畳み傘を持った方が良さそうです。

自称イスラム国がスリランカのテロに対して犯行声明を出したことがトップニュースになっています。死亡者数が359人に上り、被害者のお葬式が執り行われ始める中、まだ攻撃が起こる可能性を懸念して町は静か。観光客の姿がすっかり消えてしまった為、経済的打撃も大きいと思われるそうです。

イースター休暇で、ドイツの友人がオランダの海辺の町を訪れ毎日ハイキングやサイクリングを楽しんでいる旨の絵葉書を送ってくれました。でも「ブレグジットを生き延びてる?私達はドイツに居るのに、あまりの事に開いた口が塞がらないわ!」とコメントが。彼女たちも数年ロンドンに住んだことがあるので、余計に他人事とは思えないのでしょう。半年の猶予を貰ってからすっかりニュースにならないのですが、またのんびりしてると何も決められずにハロウィンになっちゃうよ?と思う今日この頃です。

夫が無事に出社したようで一安心です。時差ボケでほぼ眠れないまま働いているようなので、あんまり仕事にはなっていないかもしれませんが…。私はといえば、昨日も体調不良でお休みを貰う旨の連絡をして横になったらいつの間にか眠っていたようで、目が覚めたら午後4時でひどく驚きました。でも夜も普通に眠りましたし。月曜日から寝てばかりいます。今日も微妙な感じ…なるべく出掛けたりしたいのですが。
*********************************************************************
さて、今回は南岸にあるモダンアート美術館であるテートモダン(TATE MODERN)で2019年6月2日まで開催されている『FRANZ WEST』展の感想です。
2019-03-20 11.59.15.jpg
テートのメンバーになったので、時間を見つけてはテート・ブリテンとテート・モダンの展覧会に足を運んでいます。先月テムズ川沿いを散歩がてらテート・モダンに足を運び、フランツ・ウエスト展を見てきました。
2019-03-20 12.00.07.jpg
フランツ・ウエスト展は£13のチケットが必要ですが、メンバーであれば無料で見ることができます。但し4月26日(金)にユニクロ・フライデーが開催され無料で入場することが可能。チケットには限りにがあるので、事前に登録することを推奨しています。
2019-03-20 12.01.46.jpg
また展覧会は新しい方の建物の2階で開かれているのですが、建物前の広場でもいくつかの作品が展示されていて無料で楽しめるようになっています。また2階の廊下にも手拍子に反応してライトの色が変わる作品や彫像、作品の制作過程を紹介する動画が展示されているので、そこも無料で鑑賞可能。
2019-03-20 12.02.50.jpg
私が訪れた平日の昼間には、廊下にある窓枠にあるベンチに座ってランチを食べる人たちで賑わっていました。清潔な公衆トイレもあるので、無料でアートを楽しみながらランチブレイクをすることも可能。
2019-03-20 11.54.32.jpg
バラマーケットから徒歩20分位の場所でもあるので、マーケットで名物のサンドイッチなんかを買い込んで、ここでのんびり食べることもできるんですね。テート・モダンのカフェはいつも混んでいるので利用したことがないのですが、こっちの建物に来ればいいんだーという発見がありました。
2019-03-20 11.59.42.jpg
広場にパブリックアートとして設置されている作品群は、見る角度によってザ・シャードが一緒に目に入ったり、いくつかの作品が重なって見えたりという面白さがありました。屋外に設置されるのに向いている作品だと感じます。
2019-03-20 12.00.41.jpg
肝心の展覧会は、ウエスト氏のアート教育を受けずに問題を抱えて、自己流で魂の叫びのように制作を始めた過程が年代毎に分かりやすく展示されていました。最初はポルノ紙に挿絵を描いて食べていたそうで、始めの数部屋は男女が絡んでいるようなアートばかりです。お子さんと見るには向かない展示かも?
2019-03-20 12.03.25.jpg
インタラクティブであることも大切にしている氏の作品らしく、誰にも邪魔されずアート作品と戯れることができるカーテンで仕切られているスペースまで用意されています。皆さん作品を手に取ってみたりしてました。
2019-03-20 12.02.18.jpg
最後には彼のリビングルームが再現されていて、彼の本棚などを眺める機会もあります。こんなに人物像に迫る展示も珍しい気がします。
2019-03-20 11.52.40.jpg
対岸に見えるセント・ポール大聖堂。

2019-03-20 11.32.13.jpg

2019-03-20 11.32.49.jpg
OXOタワー近くにあるマーケット。

2019-03-20 11.30.35.jpg
ロンドンは意外と緑地が多いせいか野鳥をそこかしこで見掛けます。

2019-03-20 11.25.24.jpg

2019-03-20 11.25.41.jpg
サウスバンクセンター前に登場したアートのようなベンチ。いつ通っても子供たちがよじ登っていたり、若い女の子のグループがセルフィーを撮影していたりと人気です。

2019-03-20 11.20.05.jpg
対岸のウエストミンスター。

2019-03-20 11.19.41.jpg
ロンドン・アイの中でヨガをする何てイベントをよく見かけます。ちょっと気持ちいいかも?

2019-03-20 11.17.25.jpg
ホテル前にあった巨大イースターエッグ。

2019-03-20 11.18.37.jpg
TATE MODERN
Bankside London SE1 9TG
開場時間や交通機関などの情報は美術館のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 01:45| Comment(0) | パブリックアート・アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする