2019年05月12日

バーンズのファーマーズマーケット

青空が広がる日曜日のロンドン。本日の予報は晴れ時々曇り。最高気温は17℃で、風も弱いので、昨日よりも暖かく感じるとのこと。これから金曜日まで雨が降る確率が低そうなので、水不足は心配ですが雨漏りの心配が減って嬉しいです。

ロンドンの小学校で、ナッツや乳製品・グルテン等に激しいアレルギー反応を持つ男子生徒が、友達がふざけて投げつけた小さなチーズの欠片でアレルギーを起こし。急いで病院に運ばれたものの2週間後に死亡するという事件が起きたそうです。アレルギーに関しては「口うるさい食にこだわりを持つ人」とかレッテル貼りをされて真剣に扱われない傾向がまだありますが、深刻な問題であることを先ずは大人が理解し。子供たちにしっかり教育する必要があります。他界したお子さんは勿論、ふざけただけだったであろうチーズを投げたお子さんも本当にお気の毒です。大人がしっかりアレルギーは深刻な問題で、絶対にふざけたり、からかったりしてはいけない事を教えてあげて、このような事件が再び起きないように努力しなければいけませんね。
*********************************************************************
さて、今回はロンドンの西の郊外にあるのどかな田舎町のような風情を持つ高級住宅街であるバーンズで、毎週土曜日の午前10時~午後2時まで開催されているファーマーズマーケット(Barnes farmers Market)に足を運んだ徒然です。
2019-05-11 13.10.49.jpg
常々なるべくグリーンマーケットで食料を購入するよう努めていることは書いていますが、今週は雨漏り対策に追われたり、書類を準備したり、体調がイマイチだったりで、平日にグリーンマーケットに行きそびれました。そこで前々から気になっていたバーンズのファーマーズマーケットに散歩がてら買い出しに出掛けました。
2019-05-11 12.55.54.jpg
バーンズのファーマーズマーケットは、バーンズの町のシンボル的存在であるバーンズグリーンの目の前にある駐車場が会場。店舗は週により若干変更があるようですが、ケントのフルーツと野菜、サマセットのオーガニック肉、ドーセットの魚介の他、ベーカリー、チーズ、手作りのリンゴジュースを販売する屋台が出ると紹介があります。
2019-05-11 12.55.58.jpg
我々が訪れた際には、フルーツ・野菜は勿論のこと、オリーブやソーセージとチーズ、フルーツジュース、手作りパスタ、ベーカリーが2店舗、イタリア産のオーガニックワイン、イタリア産のオリーブオイル&ハチミツを売る屋台がありました。また、パエリア等の総菜を売るお店とその場で寿司を握ってくれる屋台も出てました。
2019-05-11 18.52.56.jpg
野菜は物が良さそうで新鮮。トマト、シシトウ、ナス、インゲン豆、ホウレンソウを2つの屋台で買い。フルーツの屋台で、イチゴとリンゴ、アスパラガスを購入。ついでに切れそうだったオリーブオイルと試しに白ワインを其々の屋台で購入してきました。
2019-05-11 18.53.01.jpg
早速シシトウを炒めて食べたら育ち過ぎて種が多かったり、アスパラガスも薹が立って筋を取るのに難儀しましたが(アメリカもイギリスも食べ頃を逃しすぎ!)、どちらも新鮮で美味しくはありました。混み過ぎてなくて買い物もしやすいですし、その割には充実していて気に入りました。
2019-05-11 13.26.10.jpg
バーンズの町自体も専門店が充実しているので、足りないものはついでに買い物できるのも便利。気になっていたカフェでランチもして、食料の買い出しに出ただけなのに、新緑の中を散歩もできて行楽気分を味わいました。
2019-05-11 13.19.46.jpg
Barnes farmers Market
詳細な場所などの情報はマーケットのHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 06:29| Comment(0) | 行事・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする