2019年05月21日

北ウェールズ『ボドナント・ガーデン』②

快晴の火曜日のロンドン。本日の予報は晴れで、風も穏やか。最高気温は21℃と、絶好の行楽日和に恵まれそうです。

今朝は直ぐ出掛けねばならず、時間がないので早速本題です。
*********************************************************************
さて、今回は前回から引き続き北ウェールズにあるナショナル・トラスト - ボドナント・ガーデン(Bodnant Garden)です。
2019-05-18 14.50.09.jpg
ボドナント・ガーデンは80エーカーという広大な敷地を誇っています。しかも縦横無尽に遊歩道があるので、隈なく見るのは難しいと思います。そこで取り合えず、川沿いの道を散策してみることに。

2019-05-18 14.52.15.jpg
谷に下る道は急坂。ここから先は車椅子は進入禁止のサインが出ていました。

2019-05-18 14.54.11.jpg
丘の上からDell Kioskのあるオールドミルを見下ろす景色は息を呑む絶景。

2019-05-18 14.56.12.jpg
小川に沿ってサツキ/ツツジ/シャクナゲが。

2019-05-18 14.57.57.jpg
広い敷地なのに整備されていて、谷に沿っても一幅の絵画の様な風景の連続。

2019-05-18 14.58.21.jpg
シャクナゲのトンネルを潜って進みます。赤や朱色、黄色や白のRhododendronが。

2019-05-18 15.02.16.jpg
立派過ぎて写真に納まらないのですが、歴史を感じる大木が並んでいます。入り口でくれるマップに大木も記されているので、識別することも可能。

2019-05-18 15.03.30.jpg

2019-05-18 15.03.52.jpg
川沿いを整備しているようで、所々工事も行われていました。

2019-05-18 15.03.43.jpg
川のせせらぎに鳥のさえずり。鳥はうるさい位囀っています。

2019-05-18 15.06.17.jpg
ここ数年、日本語の『森林浴』が英語圏でも『Forest Bathing』として注目を集めています。日本では一般的な健康法として紹介されており、今年のチェルシー・フラワーショーでもケンブリッジ公爵夫人が森林浴をテーマにした庭をデザインして話題になっています。この川沿いの小道は正に森林浴にぴったり。

2019-05-18 15.07.40.jpg
ウォーターフォール・ブリッジから先は凄く細い道になっているので、足に自信が無い方はイチイの谷(Yew Dell)側を歩くに止めた方が安心かも。

2019-05-18 15.13.23.jpg
マグノリア。

2019-05-18 15.16.19.jpg
水辺の植生が見られる場所。

2019-05-18 15.18.45.jpg
遠端(far end)とだけ呼ばれている川の突き当りにある池。見事なRhododendronが。ウォーターフォール・ブリッジからは約10分。

2019-05-18 15.22.17.jpg
池をくるりと回ってイチイの谷側の小道を戻ります。

2019-05-18 15.23.38.jpg
暫く歩くとお隣の牧場が見えてきました。写真では分かりませんが、春らしく子羊が草を食んでいて牧歌的な風景。その中に野生の雉も混ざっていました。野生の雉を見たのは初めてかもしれません。

2019-05-18 15.40.39.jpg

2019-05-18 15.42.22.jpg
広い敷地の割に隙なく手入れされていて感心しましたが、最近の野原を守る運動に共鳴しているのか、草刈りをしていない草原がちらほら。ロンドンより涼しいようで、まだブルーベルが一面に咲いていました。

2019-05-18 15.46.17.jpg
オールド・パークと呼ばれる平原。ここもわざと草を刈らずに残し、蜂が蜜を吸える黄色や白の雑草が一面に咲いていました。

2019-05-18 15.47.37.jpg
草刈りをしてある場所のみ歩いて可。

2019-05-18 15.56.10.jpg
トイレに行きたくなったので、テラスガーデンに戻ってきました。広大な敷地にも関わらず、トイレはオールド・ミルとガーデンセンターにしかありません。ガーデンセンター脇のトイレは一回園外に出てしまうので、また入口に戻ってチケットを見せる必要が生じます。

2019-05-18 15.58.40.jpg

2019-05-18 15.58.48.jpg
花壇によってテーマ色が決まっているようで、テラスの花壇は紫やレンガ色っぽい色合いが占めます。

2019-05-18 15.59.49.jpg
アッパー・ローズテラスへ戻ります。

2019-05-18 16.00.07.jpg
アーチを潜ったりするのもワクワクするお庭。

2019-05-18 16.02.56.jpg
アッパー・ローズテラスの薔薇は殆ど咲いていませんでした。

2019-05-18 16.21.58.jpg
入口と出口周辺に広がるボーダーガーデン。

2019-05-18 16.24.00.jpg
赤銅色のアイリスや…

2019-05-18 16.24.08.jpg
生命力溢れるオーナメンタル・グラス…

2019-05-18 16.24.14.jpg
色鮮やかな花に溢れるこの花壇が、花壇という意味では一番気に入りました。

2019-05-18 16.26.32.jpg
午後2時頃入園して午後5時まで居たのですが、最後はもう一度頑張って藤棚等を見物しようと計画していたのですが、疲れ切り。最後の30分はショップでお土産を購入して、出口脇のボーダーガーデン内に設置されたベンチでぼーっと休憩していました。

2019-05-18 16.26.43.jpg
広い敷地の上、勾配もあるので、歩きやすい靴に身軽な格好で訪れることをお勧めします。

2019-05-18 15.50.21.jpg
Bodnant Garden
Tal-y-Cafn, near Colwyn Bay, Conwy, LL28 5RE
開園時間や料金等の詳細はHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 02:36| Comment(0) | ガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする