2019年06月04日

フィッツロビアのスコットランド料理店『Mac and Wild』

晴れている水曜日のロンドン。本日の予報は晴れと曇りを繰り返すものの雨の心配はないというもの。最高気温は19℃。過ごしやすい1日になりそうです。

空気汚染が問題となっているロンドンですが、ロンドン郊外にあるBoston Manor Parkで人体に安全な基準を超える有害物質が検出されたので、公園内で運動をするのをやめるよう勧告が出されています。ロンドン中心街でもホットスポットのように空気が汚い場所があるようなので、気を付けた方が良いですね。

トランプ大統領ご一行は、今日はポーツマスでDデイの式典に出席した後アイルランドへと移動するとのこと。昨日は大規模なデモ等で中心地で道路が閉鎖されるなど交通に影響が出たようですが、今日からは日常が戻ってきそうです。買い物に行かねばならないので、ほっとしています。

昨日は1日中用事で出かけていたりでブログを書く時間を取れませんでした。細かい用事がちょこちょこあって、なんだかんだ時間を取られてますが、今日まとめてやっつけてしまう予定です。
*********************************************************************
さて、本日は面白いレストランやショップが並ぶフィッツロビア(Fitzrovia)にあるスコットランド料理を提供するレストラン『Mac and Wild』です。
2019-06-01 13.00.57.jpg
このレストランは前を通る度に前で席を待つ人々が居たりして人気がありそうで気になっていました。用事で前を通ったら、時間が早かったせいか席が空いていたので直ぐに座ることができました(でも直ぐに満席になりました)。
2019-06-01 12.55.41.jpg
このレストランはスコットランド料理とジンを中心にしたメニューを提供していて、店員さん達もスコットランド出身の方が多そうでした。その為かフレンドリーでカジュアルな接客ですが、英語が聞き取りにくく感じました(スコットランドのアクセントに慣れていないので)。
2019-06-01 12.56.07.jpg
店内はハイランドにある小屋みたいな印象でまとめられ、毛皮や動物の骨がデコレーションされていてビーガンの人々が見たら卒倒しそうなテイスト。メニューも凄く肉食系なので、念の為ベジタリアンメニューも用意があるものの、動物愛護精神が強い友達と訪れるのは避けた方が賢明です。
2019-06-01 13.00.45.jpg
よく晴れた暑い日だったので、先ずはビールで乾杯。タップビールはありませんでしたが(皆さんジンベースのカクテルを飲んでいたようでした)、チャリティーに寄付するビールが2種類あったので、夫と2人で其々注文。
2019-06-01 12.32.45.jpg
多くの人がスコティッシュ・フルブレックファースト(ハギス:羊の内臓を羊の胃袋に詰めて茹でたスコットランドの伝統料理も入っています)を頼んでいましたが、ステーキやハンバーガー等お肉が売りみたいでした。そんな訳で夫はブレックファースト・バーガーを選択。
2019-06-01 14.59.20.jpg
私はそこまでミーティーな気分になれなかったので、アボカドトーストにスコットランドのスモークサーモンをサイドで付けました。お店の方は「チップス(ポテト)を付ける?」とか「ポーチドエッグ追加する?」とか聞いてきますが、サイド料理の追加無しでも十分な量なのでお気を付けください。
2019-05-31 15.17.00.jpg
美味しかったですし、イギリスに居ながらスコットランドを感じられるスポットで観光のついでに寄るにも良いお店のように感じました。以上でサービス料も元々込みで£36.50でした。

Mac and Wild
65 Great Titchfield Street London W1W 7PS
営業時間やメニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 15:20| Comment(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする