2019年07月19日

パリでカフェ

重く雲が垂れ込める金曜日のロンドン。本日の予報は雨時々曇り。日付が変わるころ雷雨になる可能性があるようですので、早めに帰宅するが吉のようです。今日は朝方~午後1時と午後8時以降と降水確率がかなり高いので、いつでも降られる覚悟で外出した方が良さそうです。最高気温は20℃。涼しい朝ですが、日中もこのまま過ごしやすい気温で推移しそうです。

やっと酷い倦怠感は抜けてきたものの、まだ頭痛や眩暈に悩まされているので、早速本題です。今週はほぼほぼベッドの中で終わってしまいました…。以前に比べて、休み休みであれば家事はできるのが有難いですが。
*********************************************************************
さて、今回は2泊3日のパリ旅行中に休憩したカフェです。

と言っても、食事でお腹一杯になってしまう上に、食事に時間が掛かってのんびりしたので、1日1か所の観光しかしなかった割には、全然時間が足りず。お土産も買えませんでしたし(これはお店が早く閉まってしまったり、週末開いていないことが大きいですが)、デザートやカフェも殆ど楽しめませんでした。

カルチェ・ラタンの絵になるシュークリーム店『ODETTE Paris』
このカフェはカルチェ・ラタンのウォーキングツアーの集合場所だった為、少し早めに着いて一休みしました。場所は有名な英字本屋&カフェ『シェイクスピア&カンパニー』(Shakespeare and Company)裏手。
2019-07-07 13.47.48.jpg
中世の面影が残るガーランド通り(Rue Galande)に面していて、緑と白の可愛らしい外観の建物と石畳に並べられたテーブルが絵になって、沢山の観光客が写真を撮っていた一画でもあります。まったく車が通らない通りですし、ガイドさんが現れるのを待っていたため、私達も珍しく外のテーブルで休憩しました。

このお店は「パリで1番のシュークリームの店」と銘打っています。何かの品評会でグランプリを取ったのでしょうか?
2019-07-07 14.03.46.jpg
真偽のほどは定かではありませんが、非常に可愛らしい一口サイズのシュークリームが、色んな味で作られて並んでいる様は心をくすぐられます。この日はパリを襲っていた熱波の最終日で、まだ30℃を超える暑さ。涼しいロンドンから訪れた我々はバテバテだったのですが。

小さいので暑くても重くなくエネルギー補給できましたし、スパークリングウォーターで喉を潤して日陰で足を休めて人心地つけました。シュークリームは、感動はしませんでしたが美味しかったです。
2019-07-07 13.46.16.jpg
水2本とシュークリーム2個で€9くらいだったと記憶しています。可愛い箱に入れてもらえるので、その日に帰るのであればお土産にもできそうです。

ODETTE Paris
77 Rue Galande, 75005 PARIS
流石観光地だけあって、毎日午前10時~午後8時まで営業しています。詳しくはHPにてご確認ください。

Place de la Sorbonneに面したカフェ『L'Ecritoire』
カルチェ・ラタンのウォーキングツアー終了後、トイレを使いたくて入ったカフェ。リュクサンブール公園に行っても良かったのですが、暑さにやられて元気がなく。またトイレが直ぐ見つかるかも分からなかったのでカフェに飛び込みました。
2019-07-07 15.45.15.jpg
このカフェは、前週までソルボンヌ大学の生徒だったガイドさんが「学生が入り浸るカフェ」と紹介していたPlace de la Sorbonneという歴史的にも重要な広場に面して並ぶ3つのカフェの内の1つ。噴水に面した立地が魅力的で、如何にもパリという風情も好ましかったので駆け込みました。
2019-07-07 16.21.34.jpg
お店に入ったのが午後4時半だったので、ウェイターさんが「お食事ですか?それともドリンクだけですか?」とフランス語で質問したので、何とか単語とゼスチャーで「ドリンクのみ」で「室内で座りたい」旨を伝え(2年近く勉強しなかったら、すっかりフランス語を忘れていてがっかり…言語は継続が大切ですねぇ…レストランのやり取り位はできるようになってた筈)。
2019-07-07 16.21.46.jpg
室内ながらも、温室のようになっていて外の風景が見える席に落ち着けました。メニューもドリンクだけならばなんとか分かったので、指さしつつ英語で注文。
2019-07-07 15.49.25.jpg
私はコーヒー・フラッペなる物をアメリカとかで出てくるシャリシャリした甘いコーヒードリンクだと想像して注文したら、本格的アイスコーヒーが出てきて、まんまか!となり。夫が注文したレモンソーダと交換してもらいつつ、地下の地下牢みたいな雰囲気のジメジメした暗くて狭いトイレを借りました。
2019-07-07 15.50.47.jpg
このカフェはロケーションが良いので、涼みつつのんびり休憩できました。確かドリンク2杯で€8近くしましたが、観光ついでに足を休めるには良い、リラックスできる場所でした。

L'Ecritoire
3 Place de la Sorbonne, 75005 Paris, France
HPやFBページを見つけられませんでした。並びに後2つ似たようなカフェがあるので、どれかには入れるのでは…?
posted by london-twosome at 16:20| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする