2019年08月31日

ヨークの風景

快晴の土曜日のロンドン。本日の予報も晴れ時々曇り。最高気温は23℃で、今日も過ごしやすい気候に恵まれそうです。午後2時〜5時頃まで降水確率が少しだけあるので、にわか雨が降る場所があるかも?念の為、折りたたみ傘等を携行すると安心かもしれません。

ウォータールー駅を発着する電車の多くが運転を見合わせて問題になっていますが、このストライキは来週の月曜日まで続くそうなので、今週末はサウスウエスタン鉄道の利用は避けた方が賢明です。空港とか鉄道とか、次から次へとストライキが起こりますよね…。郊外から通勤する人達は大変です。

今週末は夏休み最後の週末なので、ロンドン各地で色んな行事が開催されているようです。天候も良いですし、何処かにでかけようかと思います。
**********
さて、今回はイギリスの北東に位置する歴史あるヨーク(York)の風景をお届けします。
2019-08-06 11.00.55.jpg

ヨークの街にはローマや中世の面影が色濃く残っており、街の何処を歩いても絵になります。鉄道駅を出ると目の前に市壁がありますし。
2019-08-06 11.16.57.jpg

街の中心をオウス川とフォス川が流れ、立派な橋が掛かり。その橋を渡ると、荘厳な大聖堂がそびえ、周りには石畳の通り。
2019-08-06 11.53.20.jpg

1日しか観光をしなかったので建物の中には入れず散策しただけでしたが、十二分に中世の香りを吸い込みました。
2019-08-06 12.30.45.jpg

そんな景色をお楽しみください。
2019-08-06 12.18.34.jpg

街を歩いていると石造りの中世の建造物や…
2019-08-06 13.21.50.jpg

ハーフティンバー構造の家が並んでいて、シェイクスピアの世界に迷い込んだかのようです。
2019-08-06 13.43.44.jpg

ヨークの街はチョコレートをはじめとするお菓子産業が盛んなことで有名。1911年にRowntree's of Yorkというお菓子工場がキットカットを開発したことでも有名で、現在でも郊外に移転したもののネッスルに買収されたRowntree's of Yorkともう一つのお菓子会社の工場が、イギリス各地に向けて出荷するお菓子を製造し続けているとのこと。昔お菓子工場があった市の中心部にある土地は、騒音問題により工場が郊外に移転した後、現在はショッピングモールとなっています。
2019-08-06 12.27.46.jpg
「ヨークのお土産として初代パッケージのキットカットを購入するのも良い思い出になります」とはガイドさん談。
2019-08-06 13.11.40.jpg

因みにチョコレート等のお菓子が主要産業となったのは、ヨークの街が北東に位置していたことや政治情勢等から産業革命の波に乗り遅れたことが理由なのだそうです。産業革命で大量生産されるようになった製品には太刀打ちできないので、何か他の商品…と考えて、お菓子職人が多い事を活かして、チョコレート作りに力を入れたとのこと。
2019-08-06 15.03.27.jpg
2019-08-06 19.06.15.jpg
2019-08-06 15.01.39.jpg
2019-08-06 19.18.34.jpg
2019-08-06 19.22.13.jpg
2019-08-06 19.46.49.jpg
2019-08-07 09.12.32.jpg
2019-08-07 09.29.07.jpg
中世には文字が読めない市井の人々も多かったので、ぱっと見てなんのお店か判るようにしたと他の都市で説明を受けました。ヨークもそのような理由からか可愛らしい看板や、飾りが多かったです。中世っぽさを出すために近年創られた看板も多かったですが。
2019-08-06 19.25.58.jpg

私はてっきり教会であれば何処であろうとも治外法権が認められていたと思い込んでいたのですが、中世と言えどもそういう訳ではなく、犯した犯罪や場所によっては教会の中でも逮捕ができたのだそう。しかしこの教会だけは如何なるケースでも治外法権が認められていた唯一の場所で、脇にあるドアの把手を掴みさえすれば、如何なる権力も手出しができなかったそう。一度教会に逃げ込んだ罪人が教会の外に出る場合には、それと判る衣装を身につける義務があったとか。また教会の塔には常時火が灯され、ヨークを取り囲んでいた深い森を抜ける人々が街まで無事に辿りつけるよう灯台のような役割を果たしていたとのこと。
2019-08-06 13.45.11.jpg

元気だったら是非観劇したかった『Shakespeare’s Rose Theatre』。夏の間だけ出現するシェイクスピア劇場としてヨーロッパにおける先駆け的存在。
2019-08-06 13.27.44.jpg

私達は時間が足りず中に入ることはできませんでしたが、ガイドさん一押しの『Merchant Adventurers' Hall』。併設されたカフェはカフェNo.8監修で、ガイドさんもお薦め。
2019-08-06 15.40.48.jpg

あまりローマ人の建造物は残されていませんが、ヨーク・ミンスター前の広場に柱だけ残されています。
2019-08-06 19.09.05.jpg

イギリス人であれば誰でも知っているガイ・フォークス。毎年11月5日に花火や巨大な焚き火で祝われるガイ・フォークス・ナイトで有名な彼は、なんとヨーク出身なのだそう。ヨーク・ミンスターに程近い場所に彼が住んでいたとされる家が残されています。真偽の程は定かではなく、少なくとも2軒が名乗りをあげていましたが。ヨークではガイ・フォークスは割と好意的に捉えられているとのこと。
2019-08-06 19.21.32.jpg

観光の目玉であるザ・シャンブルズは人で賑わっていますが、午前9時頃の開店前に訪れると静かで風情を楽しめます。
2019-08-07 09.09.22.jpg

ダイアゴン横丁の雰囲気を味わうのであれば、人が大勢いる時の方がそれっぽいのでしょうが。
2019-08-06 19.20.06.jpg

ハリーポッター関連のお土産を売るお店が少なくとも3軒はありました。内、1軒は魔法の薬(potion)に因んだスムージー等を売り…
2019-08-06 19.22.24.jpg
2019-08-06 19.22.53.jpg
1軒はヴォルデモート卿に因んだ店名の下に、箒や魔法の杖なんかを売っている旨を謳っています(実際はマントや魔法の杖のレプリカ、マグや絵葉書等、お土産をなんでも販売しているお店)。
2019-08-06 19.23.49.jpg

もう1軒のショーウィンドウには、作中に登場するハリーが指名手配された時に張り出されたポスターが飾られています(こちらもお土産物屋)。
2019-08-06 14.07.12.jpg
2019-08-06 14.09.02.jpg
2019-08-06 15.00.29.jpg
2019-08-06 15.44.32.jpg
2019-08-06 17.50.04.jpg
2019-08-06 19.16.32.jpg
2019-08-07 09.27.19.jpg
2019-08-07 09.30.30.jpg
雰囲気のある通りが目白押しです。
2019-08-06 19.44.38.jpg

次回はヨークのグリーンスペースのお裾分けです。
2019-08-06 19.43.02.jpg
posted by london-twosome at 15:43| Comment(0) | UK旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月30日

ヨークでの食事②

青空が広がる金曜日のロンドン。本日の予報は晴れ時々曇り。最高気温は23℃。日曜日からぐっと涼しくなるようなので、それまで暖かい気候を楽しみましょう。週末までずっと天気が良く、気温も暑すぎず、今週末は行楽日和に恵まれそうです。

新党首が決定してから暫く凪状態が続いていたブレグジット関連情勢が、ここに来て連日ニュースを賑わせています。もう、うんざり…と外国人の私達でも感じるので、イギリスにずっと住む予定の方たちはいかばかりでしょう。本当に勘弁して欲しいと思いつつ、9月の女王陛下の演説前に国会が休会する話題で上を下への大騒ぎになっているニュースで、初めてイギリス国会では恒例の休会であると聞いてへぇーと驚いたり。まだまだ全然イギリスという国の慣習や常識を知らずに驚くことが多いです。

今日は休日の予定を立てるべく、調べ物をしていたら午後になってしまいました。イギリスの田舎は人気が高いですね!きちんと電車が走るか確認しつつ、泊まれる宿を探し当てるのにも一苦労です。ユーロスターとかでさっと海外に旅行に行ってしまう人が多いのも解るかも。
********
さて、今回は前回から引き続きヨーク(York)の街でした食事の備忘録です。
2019-08-06 14.02.22.jpg

受賞もしたグルメで気軽なビストロ『Café No.8』
このビストロも頼りにしている旅行レビューサイトで推薦されており、宿からも然程遠くなかったので予約をして訪れました。
2019-08-06 19.04.55.jpg
平日の早い時間だったせいか、到着した時はガラガラで予約は不要だったかも…と思いましたが、途中から大グループが到着。午後7時以降だったら予約した方が安心かもしれません。
2019-08-06 18.07.40.jpg

ヨークの街は小さく、このビストロも街の中心から近い場所に位置しているので便利です。接客はとってもフレンドリー。お友達みたいにニコニコと説明してくれます。
2019-08-06 18.07.05.jpg

平日の午後5時〜6時半まではお得なアーリーバードメニューが用意されているので、我々もそのメニューから2コースを選択。夫は前菜とメインを、私はそこまでお腹が空いていなかったですし、デザートがとても美味しそうだったのでメインとデザートを選びました。
2019-08-06 18.09.17.jpg

ここは賞を受賞したシェフの方がいると言うだけあって繊細な味の食事が楽しめます。
2019-08-06 18.26.46.jpg
が、舌が馬鹿な私はあんまり凝りに凝った食事は好きではありません。このお店の食事は凝りすぎず、材料の味を活かしている丁度良い塩梅でした。
2019-08-06 18.26.51.jpg
居心地も良いですし、旬の食材を味わえますし、ヨークの地ビールなんかも楽しめるので旅情が味わえる気もします。
2019-08-06 18.48.58.jpg
Café No.8
8 Gillygate, York , YO31 7EQ
営業時間やメニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。

朝から営業している人気カフェ『BAKESHOP』
2019-08-07 08.10.05.jpg
お土産を買ってから、電車でガーデンを見に行く予定だったので、しっかり朝ごはんを食べれるものの量が多すぎないお店で午前8時から営業しているお店…と探してたどり着いたカフェ。
2019-08-07 08.20.01.jpg
ヨーク・ミンスターの近くで、鉄道駅からも徒歩5分程の便利な場所にあります。
2019-08-07 08.20.17.jpg
日光が燦々と入る気持ち良い空間に、2階から焼き立てのケーキやペイストリーが運びこまれてくる、静かでゆったりとした店内で居心地も良かったです。
2019-08-07 08.21.59.jpg
店員さんも静かながらも、丁寧に説明してくれて、好印象。程よく放っておいてくれました。
2019-08-07 08.22.31.jpg
私は大好きなスコーンを、夫はヘルシーにポリッジとサラダを選択。
2019-08-07 08.55.24.jpg
一時のんびりとしつつ、トイレを借りて、その日の観光に備えるのにピッタリのカフェでした。
2019-08-07 08.55.31.jpg
BAKESHOP
5 Museum St, York YO1 7DT
営業時間やメニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。2019-08-07 08.55.39.jpg
posted by london-twosome at 15:04| Comment(0) | UK旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月28日

ヨークでの食事①

快晴の木曜日のロンドン。本日の予報は晴れ。午後からは雲が出るようですが、昨日と違って降水確率はないので、急に雨に降られる心配もなさそうです。最高気温は24℃。過ごしやすい1日になりそうです。

連休中全く家事をしなかったので家事が溜まり。用事がない昨日は朝から掃除だ、シーツ替えだ、洗濯だ、アイロン掛けだ、とバタバタしていたらブログを書き損なってしまいました。お陰で今日は夕方の用事までは、スーパーに行って、夕食の下拵えをするだけで済みそう。自由時間があるので、ずっとやらなければと思いつつ延び延びになっていたベランダ掃除をやっつけてしまうつもりです。頂いたお便りの返事もあと数通残っているので終わらせて、明日は郵送に行きたいところですが…。辿り着ける気がしません。

来週から学校が始まるので、皆さん最後の夏休みを満喫しているようです。まだまだボランティアを休む人が多いですし、ピーク時を避けて今頃から1ヶ月休む人も出てきています。

九州で大雨が降り、死者が出て、多くの方が避難生活を余儀なくされていることが新聞に載っていました。これ以上被害が広がらないことと一日も早い復旧をお祈りしております。
********
さて、今回はイギリスの北部にあるノース・ヨークシャー州にある歴史ある都市ヨーク(York)でした食事やカフェの備忘録です。
2019-08-06 10.52.32.jpg

シャンブルズ・マーケットの北アフリカ料理屋台『Los Moros
頼りにしている旅行レビューでお薦めされていた屋台。丁度マーケットも好きですし、ランチからガッツリ食べたくもなかったのでラップを食べたのですが、大当たりでした。
2019-08-06 14.17.33.jpg

ヨークの観光の目玉の一つであるザ・シャンブルズの裏手にある小さなマーケットですが、地元の方も多く食事していてヨークらしさを感じられるのもポイントが高かったです。丁度ロス・モロスの目の前にハリーポッターのお土産屋さんがあるのも楽しい風景です。
2019-08-06 14.31.04.jpg

マーケットには10軒位の食べ物の屋台が並んでいます。それをピクニックテーブルに座って食べるのですが、注文をしてから作るので10分近く待ちました。
2019-08-06 14.31.11.jpg

待っている間、偶々相席したモルトンに住む女性が話かけてくれてしばらくお喋り。なんと彼女は数年前までロンドンに住んでいた際には我々が現在住んでいるフラットの直ぐ近所に住んでいた事が判明。ロンドンやヨークの話に花が咲きました。
2019-08-06 14.53.56.jpg

ヨークは観光都市なのでいつも観光客で一杯だけれど、夏とクリスマス時期は特に混むこと。最近の観光客は写真を撮るのに夢中で実際のヨークを感じてくれているのか疑問に感じること。大学時代のハウスメイトに日本人男性が居て、凄く料理が上手だったこと。モルトン等の少し田舎街にも行ってみるとヨークシャーの雰囲気をより味わえること、何かを話してくれました。地元の方と言葉を交わせると、旅情がぐっと増します。
2019-08-06 19.22.36.jpg

肝心のラップも色んな複雑な味がして、でも奇抜ではなくて美味しかったです。流石に人気店だけあります。各ラップ£8ちょっとだったと記憶しています。
2019-08-06 14.54.01.jpg

名物パブ『House of the Trembling Madness』
珍しい銘柄まで500種類を販売するビール店の2階にある小さなバー。イギリスの地ビールだけでなく、ヨーロッパの珍しい銘柄が揃っています。とは言え、ドラフトで飲めるのは10種類くらい。
2019-08-06 15.04.18.jpg

壁中に動物のありとあらゆる動物や鳥の剥製が飾られたり、楽器が置かれている山小屋みたいな不思議な空間。動物愛護精神が強い方は訪れないほうが身のためです。
2019-08-06 15.08.08.jpg

午後4時ころ一服するために訪れたので空いていましたが、それでも半分程席が埋まっていました。夜は随分混むようで、入れなかった人のために近くに2号店がオープンしてます。

アルコール度数がかなり高いビールしかないので、ハーフパイントにして正解でした。カフェの代わりに一休みするために入りましたが、雰囲気を楽しめて良かったです。
2019-08-06 16.38.58.jpg

但しトイレは地下にあり2階分階段を上り下りする必要がありますのでご注意を。1階のショップでヨークシャービールをお土産に購入しました。
2019-08-06 15.03.45.jpg

House of the Trembling Madness
48 Stonegate, York YO1 8AS
メニューや営業時間等の詳細はお店のHPにてご確認ください。

ヨーク・ミンスター近くのカフェ
何故か検索をかけても該当するようなカフェが見当たらないので名前がわからないのですが…。ヨーク・ミンスターの裏、Micklegate Barの通りにあったカフェで、ウォーキングツアーの休憩場所の直ぐ傍にあったので、小腹を満たすために入りました。
2019-08-06 12.52.43.jpg

スープやサンドイッチ等の軽食が揃い、カウンターには美味しそうなケーキやペイストリーが並んでいました。私達は時間がなかったので、スコーンとティーケーキをつまみつつ、ラテやエスプレッソを飲みました。
2019-08-06 12.39.22.jpg

店員さんもフレンドリーでしたし、広々とした店内は居心地が良く。トイレも借りられましたし、満足しました。情報が少なくてごめんなさい。
2019-08-06 12.39.28.jpg
posted by london-twosome at 02:53| Comment(0) | UK旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする