2019年10月25日

ヒーバー城でアフタヌーンティー

曇天の金曜日のロンドン。本日の予報は曇りのち雨。最高気温は17℃と少し暖かい1日になるようです。明日も雨の予報ですし、昨日はロンドンにしては継続的に強い雨が降りました。庭に水遣りをしなくても済むでしょうが、土が踏みしめられてしまうので庭仕事ができませんね。

昨晩スコットランドで美しいオーロラが観測され、今晩も出そうとのこと。オーロラを人生で1度は見たいと思っているので、スコットランドに駆けつけたい気持ちになってます。それにしてもスコットランドでもオーロラが見られるんですね。知りませんでした。スコットランドは是非もう一度足を運びたいと思っているので、オーロラが見られるなら冬行くことを計画してみようかな?という気にさせられました。

39人の遺体は中国国籍の不法移民だったのではないかという情報が流れています。中国政府の関係者が身元確認の為、遺体が収容されているエセックスに向かったそうなので身元が判明するかもしれないと期待が高まっています。犯罪組織の全容解明には数年掛かるとみられるそうですが、命がけで不法入国する人々が出ないような整備を国際社会で確立する必要性が改めて叫ばれています。シリア情勢が悪化し、トルコに大量の難民が押し寄せた事態に国際社会は援助の手を差し伸べてないようですし…。冬になると命を落とす人が増えますし、難民の生活環境も悪化するので、もっと真剣な議論がされますように。
*****************
さて、今回はロンドンから電車で1時間弱南へ行ったケントにあるヒーバー城(Hever Castle)でアフタヌーンティーをした感想です。
IMG_9385.JPG
ロンドンに住んで1年が経ちましたが、興味は持ちつつもアフタヌーンティーをしたことがありませんでした。値が張りますし、クリームティー(スコーン/ケーキと紅茶)だけでも満足ですし。
IMG_9389.JPG
しかし丁度ヒーバー城の庭を春以外の季節にも見たいと思っていた時にアフタヌーンティーの宣伝を目にし。紅葉も綺麗かもしれないし、ダリアもまだ綺麗ではないかと期待して、初アフタヌーンティーに申し込みました。
IMG_9386.JPG
ヒーバー城のアフタヌーンティーは、原則的には月に2日、1週末にのみ時間を指定して開催されています。土曜日と日曜日の午後1時〜午後2時半までと午後3時半〜午後5時までの2回ずつのみ。但し11月と12月はフェスティブな季節なので、通常より多く開催されるようです。
IMG_9390.JPG
事前にチケットを購入する必要があり、会場はヒーバー城の中でアメリカの富豪アスター家がお客人の為に増築したアスターウィングの中。その名もアン・ブーリン・ウィングという棟です。
IMG_9387.JPG
加えて当日は入場に際してヒーバー城とガーデンを両方見物する為のチケットを人数分購入しなければなりません。つまりアフタヌーンティー£24.50+£16.75/人を支払う必要が生じます。ちょっと勇気がいる出費ですが、結果的に満足しました。
IMG_9383.JPG
我々はお知らせが出てから直ぐに申し込んだのですが、既に午後1時の回は満席だったので、午後3時半の回のチケットを購入。10分前にインフォメーションに行くと、会場への行き方を教えてくれました。
IMG_9384.JPG
部屋はこじんまりしていて、窓際には追加料金を払ってスパークリング・ワインをつけた人々が座り。その隣に2人のお客さん。入り口に近づくに連れ、大きめのグループが着席していましたが、全部でも20人居なかった気がします。
IMG_9388.JPG
席につくと紅茶かコーヒーの選択を聞かれ、ドリンクと温かいパイ(リークのパイとソーセージロール)が出てきました。2人とも折角なので紅茶を選んだのですが、ティーバッグでした。イギリスは硬水なのでティーバッグでもとても美味しいのですけれど。
IMG_9391.JPG
テーブルにセットされているトレイにはチーズ&ピクルス、スモークサーモンとハムのサンドイッチ、プレインとレーズンのスコーン、小さなケーキ&ベリーのゼリーが乗っていました。楽しみにしていたので昼食抜きで臨み、見た目だと大した量では無いので余裕だと思ったのですが…。
IMG_9308.JPG
温かいパイから手をつけて、サンドイッチ→レーズンスコーン→ケーキと食べ進めると…スコーンを食べた時点でお腹が一杯になり。結果2人共プレインのスコーンとケーキ2種を残してしまいました。スコーンで一気にお腹が一杯になってしまいます。見た目より随分量が多いのです。

途中で飲み物の追加ができ、皆さんコーヒーやジュースに切り替えたりしていました。量が多すぎてアフタヌーンティーは私達には向いてないと気付きましたが、一度は経験できて良かったです。ロケーションは最高ですし、サーバーの皆さんはフレンドリーで気持ち良いです。

Hever Castle
Hever Rd, Hever, Edenbridge TN8 7NG
アフタヌーンティーについてはこちら
posted by london-twosome at 00:30| Comment(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月24日

秋のリッチモンド散策

霧が出ているらしい木曜日のロンドン。まだ真っ暗で何も見えませんが、本日の予報は雨。夕方まで1日雨が降るようですが、午後からロンドンにしては本格的な雨が降るみたいなので、お出かけの際には備えをお忘れなく。最高気温は13℃ですが、太陽が出ない分肌寒く感じそうです。金曜日から土曜日に掛けても強めの雨が降るようです。

昨晩からヘッドラインはトラックの荷台から39名の遺体が発見された事件で占められています。現時点では被害者の国籍も身元も何も判明していません。トラックはブルガリア国籍ですが、過去2年間ブルガリアに入国した記録はないので、被害者はブルガリアから来たわけではなさそう。ベルギーから入国したことだけは分かっていますが、その前何処に居たかは不明。謎が多いですが、現在トラックの運転手を取り調べ、何とか不法入国を組織的に行っている犯罪組織自体にメスを入れたいと考えているとのこと。

難民問題は興味を持ち、ロンドンに住み始めた際にはボランティアを探したのですが。難民関連のボランティアはロンドン市内ではあまり無い上に、ペルシャ語が堪能であることとか社会保障制度に精通していることなど凄く応募資格が厳しくて諦めました。以降、忘れたわけではありませんでしたが、何をした訳でもなく。今回の報道で興味を持ち続けなければ…と反省しました。シリア情勢が悪化していますし、年末に寄付をする際には難民関連も検討します。
*****************
さて、今回は王立植物園『キューガーデン』(Kew Gardens)を訪れるついでにリッチモンド(Richmond)でランチをしたので、テムズ川沿いの風景をお届けします。
IMG_9396.JPG
キューの町には目ぼしい食事処が少なく、キューガーデンの中はとても混んでいて高めの値段設定なので、キューガーデンを訪れる際にはリッチモンドで食事をすることが多いです。今回も先ずはテムズ川沿いのアメリカンレストランでブランチをしてから、キューガーデンに向かいました。
IMG_9398.JPG
リッチモンドからキューガーデンは、徒歩約30分なので散歩がてら歩いてしまいます。が勿論、バスや地下鉄で移動できます。
IMG_9395.JPG
以前訪れた際には然程印象に残らなかったレストランも、今回は予約したお陰か窓際の席に通してもらい。テムズ川を眺めながら食事したら、とっても優雅な気分に浸れて気に入りました。
IMG_9406.JPG
川沿いを少し散歩するだけで気分転換になりますし、小さなマーケットを覗くだけでも楽しい。30分弱散歩して、食事しただけでしたが、如何にも週末ののんびりした風情を堪能しました。
IMG_9399.JPG
満潮時は外が水没することで有名なパブ。

IMG_9402.JPG
写真には写りませんが、遠くリッチモンドヒル方面に広がる紅葉が楽しめます。

IMG_9404.JPG

IMG_9405.JPG
ニューヨーク風のミモザとスパニッシュ風ブランチ。

IMG_9401.JPG
石畳の散歩道。

IMG_9403.JPG
近くの紅葉も始まってました。

IMG_9397.JPG
posted by london-twosome at 00:37| Comment(0) | 公園・お散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月23日

秋のキューガーデン

雲が多いものの青空も見えている水曜日のロンドン。なんだか週の始めに予想されていたよりも雨が多そうな今週。本日も午後3時以降小雨が降る予報が出ています。最高気温は15℃。風も出るようなので、用事を済ませるなら早めが吉。

昨日は久し振りに完璧に寝込んで、家事も放棄。お陰で今朝は体調がまだまだで水泳はできないものの、家事はできそうな感じまで回復しました。そこで2日ぶりに新聞やニュースに目を通しましたが、既にブレグジットがどんな状況なのか全然わかりません。昨晩採決がやっと行われ、取り敢えずEUとの合意案を通す望みは繋いだようですが、まだまだ予断を許さない状況のようです。

ハロウィンが近づき、元々はイギリス文化に無かった風習のようですが、ロンドンでもすっかり定着。色んなイベントが計画されて盛り上がっているようです。スーパーにはハロウィンのお菓子が並び、怪談を語る会やゴーストツアー、ハロウィンテーマのダンスパーティーなんかがずらりとラインアップされています。今年は怪談を聞きに出かけようかな?なんて思いますが、夜だからなぁ…と躊躇してしまいます。夜も出掛けられる体力と健康が欲しいものです。
*****************
さて、今回は王立植物園『キューガーデン』(Kew Gardens)の秋の風景をお届けします。
IMG_9411.JPG
今回『Agius Evolution Garden』を見に行ったのですが、ついでに園内を少し散歩して紅葉狩りもしました。
IMG_9412.JPG
まだ見頃では無いように感じましたが、綺麗でした。写真に撮るとのっぺりしてしまうので、少しだけしか撮影しませんでしたが、風景のお裾分けです。
IMG_9408.JPG
樹木園の方が紅葉が楽しめるのでしょうが、そこまでは足を伸ばしませんでした。次回リベンジしたいです。
IMG_9407.JPG

IMG_9409.JPG
外周に沿って移動中に眺めた紅葉。

IMG_9446.JPG
赤い可愛らしい木の実が実っていたり。

IMG_9410.JPG
Clerodendrum(クサギ?)の美しい紫色の実がなっていたり。

IMG_9445.JPG
エボリューション・ガーデンの外壁沿いのボーダー。

IMG_9444.JPG
ロックガーデン(Rock Garden)にポツンと紅葉。

IMG_9447.JPG

IMG_9413.JPG
パームハウス前の池。

IMG_9414.JPG
posted by london-twosome at 03:05| Comment(0) | ガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする