2019年10月04日

ハムステッド散策

曇天の金曜日のロンドン。本日の予報は曇り。でも降水確率が午前中を中心にそれなりに高いので、念の為傘を携行した方が安心そうです。最高気温は15℃。最低気温も9℃で、昨日よりは暖かく感じます。

先週、毎朝見ているBBCのニュース番組『ブレックファースト』の女性アンカーパーソンが、トランプ大統領の「そんなにアメリカが嫌いなら、もときた場所に帰ればいい」という発言に対して、「私みたいに有色人種の人間がそんな事を言われたら、勿論不愉快に決まってる。人種差別以外のどんな意図があると思えっていうの?」というような発言をしたことに対し、視聴者が「ニュースのアンカーパーソンとしてあるまじき発言だ」と訴え。BBCの幹部が非を認めて、当該アンカーさんに厳重注意する旨を決定。それに対して大論争が巻き起こり、翌日の新聞トップを飾り、週末のBBCを含む各局ニュースでも報じられる大ニュースとなりました。

結局、月曜日にBBC幹部が決定を覆し、彼女は自身の経験を語っただけで問題はなく、トランプ大統領の発言の意図を勝手に推察して述べるべきでは無かったものの、罰する程ではないと発表。彼女を擁護し、BBCに抗議する署名が多く集まっていたため、改めて大きな話題となりました。

彼女はざっくばらんな意見を述べて、堅苦しくなく、とっても楽しそうにニュースを伝えてくれるので、我が家では「おばちゃん」と親しみを込めて呼んでおり、決定が覆って嬉しく思いました。ニュースは中立であるべきという法律が、アメリカとは違いイギリスにはあるようで、そこは日本と同じでアンカーさんは十分気をつけねばならないのは理解するのですが。差別発言を差別発言と言って何が悪い!とも思ってしまうわけで。今週彼女が普段と変わらずアンカーを勤めている姿を見て、安心しました。
*****************
さて、今回はロンドンの北に位置する高級住宅街『ハムステッド』(Hampstead)の風景をお届けします。
IMG_8985.JPG
ハムステッドは、観光客に人気のカムデンタウンからたったの3駅離れているだけなのに、自然に囲まれた閑静な住宅街です。日本人駐在員ご家族が多くお住まいの地域らしく、驚くほど多くの日本人の方々を見掛けました。
IMG_9007.JPG
ハムステッドは頻繁に耳にする地名なのですが、それというのも『ハムステッド・ヒース』(Hampstead Heath)という320ヘクタールもある広大な公園が存在するから。また園内に自然の池で水泳が楽しめる『Bathing Pond』があり、経験談をまとめたエッセイ集が発売され話題にもなりました。
IMG_8986.JPG
『TimeOut』誌でも取り上げられる機会が多々あり、ずっと訪れてみたかったハムステッド。やっと地下鉄を乗り継いで約1時間掛けて訪れました。
IMG_9017.JPG
今回はハムステッドの町とハムステッド・ヒースの風景をお届けします。
IMG_8981.JPG
先ずは地下鉄ノーザン線の『ハムステッド』駅を中心とするハムステッドの町を散策。

IMG_8983.JPG
町の名物パブ『The Holly Bush Pub』。

IMG_8984.JPG
地元ブロガーさんは「このパブ本来の雰囲気を楽しみたいのであれば、サンデーローストがお薦め」と記していました。機会を改めてトライしてみたいです。

IMG_8980.JPG
ハムステッドの町はアンティークでも有名らしく、通りにはアンティークショップが目立ちます。

IMG_8987.JPG
石畳の小道があったり…

IMG_8982.JPG
秘密めいた階段があったり…

IMG_8979.JPG
絵になる町角が多いです。

IMG_8988.JPG
センスの良い雑貨屋さんやインテリアショップ、カフェも多く、プレゼントを見付けるのにもぴったりな町。私は興味を惹かれて入った雑貨屋さんで見たマグカップが気に入りすぎて忘れられません…残念な事に現在マグカップは足りているので購入できず。

IMG_9012.JPG
ハムステッドを紹介していたブロガーさんは、「高級住宅街なので品質の良い古着や食器が見つかるから、ハムステッドの町に沢山あるチャリティーが運営するショップはチェックすべし。掘り出し物が見つかること請け合い」と太鼓判を押していましたが、実際通りかかった病院が経営するチャリティーショップのショーウィンドーに飾られていたツイードジャケットが凄く素敵でした。必要な服があったら、ハムステッドの中古洋品店をチェックしてみると良いかも。環境保護の為に、なるべく新しい服ではなく中古品を購入することが奨励されている時代ですし。

IMG_8989.JPG
もっと町を散策したい気持ちもありつつ、時間が足りず一路ハムステッド・ヒースへ。

IMG_8990.JPG
ハムステッド・ヒースは、地下鉄の駅から徒歩約5分なのですが、広大な土地なのでとてもじゃありませんが1日では全部散策できません。

IMG_9013.JPG
そこで初回はロンドンの街を一望できる丘『Parliament Hill』を目指す事に。

IMG_8991.JPG
既に色づき始めた木々や…

IMG_8993.JPG
池を眺めつつ進むと…

IMG_8994.JPG
美しい並木道がありました。

IMG_8996.JPG
石碑によると1987年10月15日〜16日に掛けてロンドンを襲った嵐で並木の木々も大打撃を受け。翌年の11月に改めて植樹された並木とのこと。約30年で立派な並木に成長したんですねー。凄く綺麗な道でした。

IMG_8999.JPG

IMG_8997.JPG
並木を抜けると、ヒース(荒野)という名に相応しく、ちょっと荒涼とした草地が出現。

IMG_9001.JPG
草地を抜けると、有名なスイミング・ポンドが現れます。

IMG_9002.JPG
男性専用、女性専用、そして男女共に泳げるポンドがある筈ですが、流石にもう涼しいので誰も泳いでいませんでした。

IMG_9004.JPG
ポンドを抜けると、パーラメント・ヒルが見えてきます。

IMG_9005.JPG
丘からはロンドンの街が見下ろせます。

IMG_9006.JPG
ベンチもいくつかあるので、足を休めながら(と言っても1時間も歩きませんし、誰でも気軽に歩けるなだらかな道です)風景を満喫できます。

IMG_9003.JPG
個人的には、ロンドンの街並みよりも、反対側の教会を中心とした小さな町の風景のほうがお気に入りでした。

IMG_8998.JPG
帰りはオーバーグラウンドの『Hampstead Heath Rail Station』まで約15分歩き、鉄道で帰宅しました。オイスターカードを使えるので便利です。

IMG_8992.JPG
posted by london-twosome at 15:22| Comment(0) | 公園・お散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする