2019年11月30日

フォークストンでの食事

快晴の土曜日のロンドン。その分冷え込んでいて、久しぶりに窓が真っ白に曇っています。本日の予報は晴れのち曇り。最高気温は7℃と予想通り寒くなりそうです。

昨日はロンドンブリッジでまたナイフによる無差別テロ事件が起こり、大騒ぎになっていました。夫は会社からの安否確認メールで事件を知ったそうで、私は夫からのメッセージで知りました。周りにいた市民が取り押さえたそうですが、それでも2名が死亡。犯人は駆けつけた警察官によってその場で射殺されました。ホリデーシーズンは楽しい反面、こういった事件が増える季節でもあります。怖がって出掛けないわけにもいきませんし、気をつけようもないですが…テロに遭遇した時の心得は目を通しておきましょう。

昨日の事件を受けて、改めて夫が毎晩無事に帰宅してくれることの有り難みをしみじみと感じました。当たり前の幸せは忘れがちですが、毎日きちんと感謝して、相手にも機会をみては感謝を伝えたいと思います。皆様と皆様の大切な人達が今日もこれからも幸せでありますように。

昨日の午後から体調を崩して寝込んでいます。今日も体調が悪いのですが、明日は日帰り旅行を計画しているので何とか明日までに復活を遂げ。月曜日からは学校やボランティアに精を出したいものです。
*****************
さて、今回はケントの海辺の町フォークストン(Folkestone)でした食事の備忘録です。

今回の旅行は毎週聴いているポッドキャスト『Postcard Academy』がきっかけだったので、食事も2回のエピソード内で紹介された場所でしました。

地元の人達に愛される『The little Place Next Door』
女性オーナーが運営する近所の小さなレストランといった雰囲気のお店。とても温かみがあって名前の通り小さく、入った途端店員さんが席を自由に選ばせてくれ、常連さんと区別無く対応してくださいました。
IMG_0157 (1).JPG
隣に同じオーナーが運営するサンドイッチショップがありましたが、寒い日で温かい食事がしたかった我々はカフェレストランの方に入店。カウンター近くのテーブルに陣取りました。テーブルが(多分)4つにカウンターがあるだけの小さな店内ですが、2階にも席があるので諦めずに入店して空席があるか尋ねることをおすすめします。
IMG_0154.JPG
メニューにはブランチの定番というべきメニューが一通り並び、パスタやスープなども少しだけあります。小さなお店の割には十分な選択肢があると感じましたし、フォークストンというクリエイティブな人達が集う町らしくベジタリアンの人も困らないというのがベジタリアンでビーガンの食事を心がけけているポッドキャスターの方談。
IMG_0153.JPG
食事は素朴で美味しく、お店の方たちは温かく、リラックスして食事を満喫できました。特にスープに添えられていたバゲットはとっても美味しくて買って帰りたかったくらい。ただドックフレンドリーなお店なので、我々が食事している時にも2匹犬が居ました。アレルギーがある方は予めお店の方に相談するか、避けたほうが無難かもしれません。
IMG_0156.JPG
またフォークストンの町は(ロンドンにも沢山居ますが)ホームレスの方が多くいるのですが、私達の隣のカウンターでホームレスの方が携帯電話の充電をしていて匂いで吐き気がする程でした。そのような方に分け隔てなくサービスを提供しているお店の対応が素晴らしいとは思ったのですが、匂いに弱い私にとってはきつい環境でした。
IMG_0155.JPG
何故かレシートが見つからないのですが…フォークストンは全体的にロンドンに比べて物価がかなり安く、ここでの食事も非常にリーズナブルだった記憶があります。

The little Place Next Door
22 Cheriton Place Folkestone, Kent CT20 2AZ
お店のFBページはこちら

地元の食材を使用したレストラン『MARLEYS』
学生時代に出会った2人が卒業後(確か)8年修行してから夢を叶えて出したレストラン。できうる限りケントの食材を利用して、季節毎に変わるメニューを提供しています。
IMG_0181.JPG
このレストランはクリエイティブ・クオーター内の石畳の道であるオールド・ハイストリートに面していて、雰囲気も抜群に良く。店員さんもとってもフレンドリーで最高の環境でした。
IMG_0184.JPG
テーブルが少なく人気のレストランと聞いていたので、予めE-mailで予約をしておいたら、木のスクラブル(Scrabble)で名前を置いてくれてあって、パーソナルで温かみがある歓迎に先ず感激し。赤いキャンドルライトで石畳を眺めながら食事ができて、非常にロマンチックでした。お祝いの食事にもピッタリ。
IMG_0185.JPG
フォークストンにしては高価なレストランでしたが、ロンドンと比べれば安く感じましたし。何より食事がすっごく美味しかったので、もう一度マーリーズで食事する為だけにフォークストンに行きたいくらいです…(実際に行く気満々です)。
IMG_0189.JPG
ビールやサイダーもケント産の物が数種類用意されていましたし、メニューも選択肢が十分あり、ベジタリアンやビーガンの方でも困らないと思います。魚も肉もありました。
IMG_0186.JPG
前菜に頼んだホームメイドのケント産チェダーチーズ(イギリスと言えばチェダーチーズらしく、スーパーなどでもイギリス産のチーズを探すとチェダーしか見つかりません)とオニオンのスコーン。美味でした。これもできることなら買って帰りたかった…。

IMG_0188.JPG
夫が注文したクリスピー・バターミルク・チキン。定番メニューらしく、下にビートのフムスとポテトが敷かれています。凄いボリュームでした。ビートのフムスとポテトを貰いましたが、しっかり素材の味がしました。

IMG_0187.JPG
私が注文したブリーとザクロのリゾット。これが抜群に美味しかった!半分でお腹一杯だったのですが、余りの美味しさに全部平らげました。

IMG_0268.JPG
1パイントのビール+サイダー(フランスで言うシードル)+スコーン+メイン2品+サイドサラダで£41.50(とても満足するサービスと食事だったので任意のチップを上乗せで£4)でした。今直ぐにでも再訪したい、とってもお勧めのレストランでした。

Marleys Cafe Bistro Restaurant
26-30 The Old High Street Folkestone Creative Quarter CT20 1RL
メニューや営業時間、テーブル予約等はお店のHPにてご確認ください。

石窯サワードーピザ『LUBEN’S』
今どきのインダストリアルなインテリアの広々としたお店。正午の開店とほぼ同時に入店しましたが、その後あれよあれよと店内はお子さん連れのグループで一杯になりました。でも予約なしでも問題なく席を確保できると思います。
IMG_0179.JPG
薪の石窯で焼く本格ピザ(サワードウ:小麦やライ麦の粉と水を混ぜてつくる生地に、乳酸菌と酵母を主体に複数の微生物を共培養させた伝統的なパン種で、アメリカもそうでしたが、ロンドンでも若者を中心に人気です)が売りですが、パスタ等も一通り揃っていました。
IMG_0349.JPG
ピザは薄くてパリッとしたローマ風と厚めのナポリ風両方があるので、お好きな方を選べます。勿論我々はローマ風。フレンドリーでカジュアルな接客の若い店員さんが、気持ちよくテキパキとサーブしてくれました。
IMG_0348.JPG
前菜にコールスローとイカ(ソルト&ペッパーイカはマーリーズにもあったので、ここら辺の名物料理なのかも?)を頼んで、ピザは2人で1枚をシェア。少し多すぎて残しましたが、全部美味しくて満足しました。
IMG_0350.JPG
クリエイティブ・クオーターにあり、フォークストンの若いパワーを感じられるお店。気軽に食事できるので、いかにもイギリスという風情は味わえませんが、フォークストンの今を感じられるという意味においておすすめです。お酒も種類は多くありませんが、一通り揃っていました。
IMG_0178.JPG
ビール2杯+コールスロー+カラマリ+ピザ1枚で£30.50でした。

LUBEN’S
24 Rendezvous Street Folkestone
メニューや予約等の詳細はお店のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 17:11| Comment(0) | UK旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月29日

フォークストンのパブリックアート

冷え込んでいる金曜日のロンドン。本日の予報は晴れ。最高気温は8℃で最低気温は0℃。今日から1週間程寒い日が続くと予想されています。温かくしてお出掛けください。

転んで手首を複雑骨折して動けなくなった高齢の女性が救急車を要請してから3時間も道路で横になって到着を待ち続けた事がニュースになっています。3時間後にやっと病院に搬送されたと思ったら、処置室が足りない為に人々が廊下に溢れていたとのこと。お子さんを預けるお金が無いために仕方なくパートタイムで働いているシングルマザーの看護師さんが、フードバンクから食料を貰わなければならない心痛をソーシャルメディアに綴って大きな反響がありましたし。国民保健サービス(National Health Service)の人材不足、資金不足は度々ニュースになって、今回の選挙の争点の一つにもなっていますが。それにしても酷いですね…心配です。ニューヨークでも思ってましたが、ロンドンでも救急車のお世話になるような事態にだけは陥りたくないものです。GPに登録していないと後回しにされる恐れがあるらしいので、近々GP登録をするつもりです。

昨日はサンクスギビング。ウィーンに住む友達カップルがウィーン風にアレンジして七面鳥の代わりにガチョウでお祝いしていました。我々も奮発してホールフーズ・マーケットでパンプキンパイとアップルパイを購入して細やかならがお祝いしました。柿が一般化してきたのか、色んな場所で売られているので、昨日もホールフーズで購入してサラダにして食べましたが、最近毎週食べています。10年以上殆ど口にしなかったので、秋に柿を食べられるなんて贅沢です。「How to eat KAKIS」とか説明まで添えられていたりして、ちょっとクールな食べ物という印象を植え付けようとしてるのかな?と感じます。
*****************
さて、今回はロンドンから電車で1時間南東に向かったケントの海辺の町フォークストンで見たパブリックアートとストリートアートのご紹介です。
IMG_0169.JPG
前2回のフォークストンの記事に書きましたが、フォークストンの町にはアートや音楽、インディペンデント系のビジネスを誘致して町を活性化する活動をしている財団『Creative Folkestone』があります。当該財団が3年に1回アーティストに町そのものをミュージアムとして作品を委託する『Folkestone Triennial』(次回は2020年)で制作されたアート作品の多くがそのまま町のあちらこちらに点在し。
IMG_0239.JPG
アーティストに安価で管理物件に住んでもらって創作活動を応援しているためか、クリエイティブ・フォークストンが改装・管理している物件や店舗が並ぶ『Creative Quarter』と呼ばれる一角を中心にストリートアートも点在しています。
IMG_0151.JPG
加えてインディペンデント・ビジネスや創作系の仕事をしている人達にもオフィスや店舗を安く貸し出しているそうで、デコレーションに凝った独創的な店舗が並びます。
IMG_0165.JPG
私達はブックフェスティバルのイベントに足を運ぶことを主眼として訪れたので、アートマップに沿って見物したりはしなかったのですが、ただ海辺やクリエイティブ・クオーターを散策しているだけでかなりの数のアートに出会えました。
IMG_0190.JPG
今回はそれらのアートをご紹介します。
IMG_0152.JPG
鉄道駅『フォークストン・セントラル』を出た所にある手形。

IMG_0170.JPG

IMG_0171.JPG

IMG_0264.JPG

IMG_0346.JPG

IMG_0357.JPG
クリエイティブ・クオーターにあった多分ストリートアート?

IMG_0259.JPG
Michael Craig-Martin氏の『Folkestone Lightbulb, 2017』。
IMG_0250.JPG
Richard Woods氏の『Holiday Home』。

IMG_0230.JPG
イギリスでは地方(特に海辺の町)をロンドンを中心とした都市圏に住む裕福な層がサマーホームとして買い占めるために、住宅の価格が上昇。地元の人々は低賃金の場合が多いので、住宅が買えないという問題が生じています。

IMG_0234.JPG
しかもサマーホームを購入する人々は夏を中心としたバケーション時期にしか訪れないので、冬は町が閑散としてしまい。地元のビジネスが苦しむという悪しき経済構造が生まれています。

IMG_0235.JPG
結果としてコーンウォール等の地方に住む人々はロンドンを中心とする都市圏から来る人々を苦々しく思う傾向が。そのような問題点を提起する作品。

IMG_0212.JPG
Sol Calero氏の『Casa Anacaona』。

IMG_0213.JPG
ベルリン在住の女性アーティストの作品。

IMG_0218.JPG
見る角度によって印象が違い…

IMG_0217.JPG
細部まで楽しめます。

IMG_0215.JPG
ある意味地元の人達に愛されているのか、中や周りにはビールの空き缶が散乱してました。

IMG_0216.JPG

IMG_0214.JPG
サイトスペシフィック・アート(Site-specific Art)なので、フォークストンの小石のビーチによく馴染んでます。

IMG_0209.JPG
修復中だったり、既に無いアートもありました。

IMG_0299.JPG
Richard Wilson氏の『18 Holes, 2008』。

IMG_0207.JPG
リメンバランス・デーが近かったからか、海岸に着色した小石で描いた赤いポピーがありました。

IMG_0324.JPG
Ian Hamilton Finlay氏の作品。

IMG_0322.JPG
夏には高価なシャンパン・バーになるのだそう。「高いけど気持ちいいわよ」とはお店の方談。

IMG_0313.JPG
Patrick Tuttofuoco氏の『FOLKESTONE, 2008』。

IMG_0229.JPG
ただのアンテナなのかアートなのか??

IMG_0328.JPG
Antony Gormley氏の『Another Time XVIII 2013』。

IMG_0330.JPG
潮が満ちると水没するみたいで海藻が生えているのも良い味を出しています。

IMG_0340.JPG
Tim Etchells氏のネオンサインの作品。

IMG_0341.JPG
昔は鉄道の支線が通っていたそうで、プラットフォーム跡にある作品です。

IMG_0337.JPG
Paloma Varga Weisz氏の『Rug People』。

IMG_0300.JPG

IMG_0301.JPG
Bill Woodrow氏の『The Ledge, 2017』。

IMG_0347.JPG
posted by london-twosome at 23:05| Comment(0) | UK旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月28日

ロンドン〜フォークストン鉄道の旅と宿

真っ暗でよくわかりませんが曇りらしい木曜日のロンドン。本日の予報は曇りのち雨。雨の可能性が高いのは午後6時以降らしく、移動中に降られそうでまたか!という感じです。最高気温は10℃。最低気温が5℃と然程寒くはならない筈ですが、太陽がでなくて雨が降ったりすると寒く感じそうです。明日は少し太陽を拝めそうなので、楽しみに今日も一日頑張りましょう。

イギリスにもアメリカの悪しき商風習(?)であるブラックフライデーが定着しつつあり、とうとう今週の金曜日に迫っているので新聞の広告やらE-mailやらで宣伝がかまびすしいです。そんな中BBCで「実は普段と同等の値引きしかしていない商品やサービルが多い」ことを明かし、「冷静に必要な物を見極めて購入する」よう呼びかけています。今年は環境への配慮から、プレゼントを選ぶ際に物理的な物ではなく経験や時間をプレゼントすることを検討するよう促したり、包装を簡易化したり(ツルツルした包装紙はリサイクルできないので、新聞紙でオシャレに包装する方法が新聞で紹介されていたりします)、ホリデーカードも送らないよう呼びかけられたりしています。

去年は1ヶ月半も郵送に時間が掛かりホリデーカードの意味がなかったですし、今年はロイヤルメールの職員さんたちがホリデーシーズンにストライキをするようですし、環境への負荷は確かに気になりますし。諸々考慮して我々も電子的に繋がれる人達へは電子的に挨拶することで失礼することにしました。元々クリスマスプレゼントは随分前に誰とも交換していませんし。歳を取ってきたせいか、引っ越しに次ぐ引っ越しの生活のせいか、物をプレゼントするという習慣が自分の中で消えつつあります。
*****************
さて、今回はケントの海辺の町フォークストン(Folkestone)へと電車で出掛けた備忘録です。
IMG_0243.JPG
前回記載した通り、毎週聴いているポッドキャストのホストが現在住んでいる町フォークストン。彼女が2週に亘ってフォークストンの歴史や見所、食事処情報を配信してくれたので、クリエイティブ・フォークストン(Creative Folkestone)の開催する『フォークストン・ブックフェスティバル』を口実に1泊2日の週末旅で訪れました。
IMG_0161.JPG
フォークストンは比較的小さな町で、大抵の場所であれば歩いて移動ができます。鉄道駅は町の中心から遠くない場所にあり、ビーチまで徒歩10分、クリエイティブ・クオーターまでは徒歩15分といったところ。
IMG_0172.JPG
ビーチタウンなので夏は混むのかもしれませんが、11月下旬の電車は往路はガラ空き。復路も余裕で座ることができました。
IMG_0192.JPG
ロンドン〜フォークストンへの鉄道の経路は幾つもありますが、代表的な経路は2つ。セント・パンクラス駅(St Pancras station)から高速鉄道(ユーロスター)を使ってアシュフォード国際駅 (Ashford International station)へ行き、サウスイースタン鉄道(Southeastern)に乗り換える経路。もしくはセント・パンクラス駅からサウスイースタン鉄道の高速鉄道を利用する経路。こちらだと1時間弱で到着します。
IMG_0312.JPG
2つ目はロンドンブリッジ駅からサウスイースタン鉄道の普通列車を利用してフォークストンまで約1時間半かけて行く経路。こちらの方がチケットが安く、乗り換えも無くて楽そうだったので、我々はロンドンブリッジ駅からの経路でフォークストンを訪れました。
IMG_0356.JPG
ロンドンブリッジ駅にはホームが沢山あり、我々が乗車した『Dover Priory』行の電車が発着するホームにも電車が次から次へとやってきました。電光掲示板に向こう3つの発着電車の全ての停車駅と何両編成か、そして現在の電車の位置情報が掲出されていますので、予め確認することをお勧めします。
IMG_0203.JPG
私達が乗車した電車は長い編成だった(確か8両)のでホームの端に居ても車両がありましたが、他の電車の人達が慌ててホーム中央に走って戻っていました。トイレも完備されている車両だったので、困りませんでした。カフェ車両があったかは疑問です(皆さん駅の構内でコーヒー等を購入して持ち込んでいました)。
IMG_0307.JPG
車窓から見える景色は、然程楽しくもありません。途中如何にもイギリスらしい田園風景が広がったり羊が草を食んでいたりもしますが、殆どの時間は倉庫や小さな工場、小さな町が並ぶ風景です。
IMG_0332.JPG
掛かる時間も短く、フォークストンの町自体も小ぢんまりしているので、日帰り旅行も十分可能。でも個人的には今まで訪れたイギリスの町の中で一番気に入り、なんなら来年の夏は1週間フォークストンに滞在しようか?とまで夢想したくらいなので、泊まってのんびりすることをお勧めします。
IMG_0224.JPG
今回は電車のキャンセルや遅延もなく、とてもスムーズに移動できたので、それもポイントが高かったです。
IMG_0198.JPG
フォークストンで滞在したのは駅から徒歩10分、ビーチからは徒歩3分、クリエイティブ・クオーターまでは徒歩5分程の場所にあるB&B『Stay 2a』。1階がレストランになっていて、朝ごはんは午前9時〜10時半の間。チェックインは午後2時でチェックアウトは午前11時です。
IMG_0197.JPG
チェックイン前に到着したのですが、電話をすると従業員が出てきて荷物を預かってくれました。チェックイン後はレストランのクローゼットで荷物を預かってくれたので、観光を終えて帰る際にレストランで荷物を受け取りました。
IMG_0194.JPG
アメニティは液体のハンドソープとハンドローションの大きなボトルがあるのみ。シャンプーはあると見込んで持参しなかったので、頭もハンドソープで洗って髪の毛がキシキシになりました。小さなシャンプー&コンディショナーのボトルは家にあったので、持っていけば良かったです。
IMG_0195.JPG
イギリスの大抵の宿泊施設がそうであるように、スリッパも歯ブラシ&歯磨き粉、バスローブの類も一切ありませんので、持参するのをお忘れなく。コンセントは3箇所あったので、充電には困りませんでした。勿論ヘアドライヤーも備え付けられています。
IMG_0196.JPG
電子ケトルとティーバッグ&コーヒー類に加えて、ミニチョコレートが4枚とショートブレッドの小袋が4個あったのは得した気分になりました。デスクと一人掛けのソファーもあり、広くは無いものの十分なスペースがあり。
IMG_0286.JPG
1階がレストランでとても賑わっていたので心配しましたが、全く騒音に悩まされずに眠ることができました。他の宿泊客が大声で話しながら廊下を通った際に目が覚めた位で済んだので上出来です。
IMG_0309.JPG
料金に含まれていた朝ごはんにはフルイングリッシュ・ブレックファーストもあり、美味しくお腹一杯に。サービスも気持ち良く、朝からフルーツジュースや紅茶(コーヒーも選べます)まで飲めて大満足しました。
IMG_0308.JPG
立地も申し分なく、全体的に満足度が高い宿でした。

Stay 2a
2a Bouverie Road West, Folkestone, CT20 2RX
HPは見つけられませんでした。各予約サイトに登録されています。
posted by london-twosome at 01:02| Comment(0) | UK旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする