2019年11月14日

ショーディッチのコロンビアン・コーヒーハウス『Hermanos』

思ったよりも穏やかな雨になりそうな木曜日のロンドン。予報では午後2時までは雨が降ったり晴れたりし、以降は降水確率が10%以上あるものの曇りの予報です。所によっては強い雨と風が予想されているようですので、お出かけの際にはチェックをお忘れなく。最高気温は7℃。昨日も冬用の厚いコートを着ても寒かったですが、今日は風がある分余計に寒く感じるようです。

まだ水に浸かったままの町が沢山あるミッドランドですが、今日も強い雨が予想されており、土嚢を積んだりと準備が行われていました。これ以上被害が広がらないよう祈るばかりです。

イタリアのヴェニスが水に没した映像が繰り返し流されています。本来であれば対策が取れた筈なのに、汚職や政治の硬直等が原因で誰も何も準備をしなかった結果だと報道されています。2人お亡くなりになり、多くの店舗が水没。加えて歴史的建造物も被害を受けたそうで、観光にも影響が出るとのこと。原因は特定されていないようですが、環境問題も一因ではないか?と言われていて、本当になんとかしなければいかない局面に来ている気がひしひしとします。
*****************
さて、今回はイーストロンドンのショーディッチにあるコロンビアのコーヒー豆を紹介するサードウェーブコーヒー店『Hermanos』です。
IMG_9294.JPG
ロンドンに来てから話題のコーヒー豆店である『Monmouth Coffee』を試してみたものの、夫にはイマイチぴんと来なかった模様。フェアトレードで…とOxfamのコーヒー豆を購入したりもしてましたが、こちらはビニールの袋に入っているのが難点。

とコーヒー豆難民になっている今日この頃。そんな折に用事でショーディッチに足を運んだら「コロンビアのこだわりコーヒー」である旨を謳っているショップを見掛け。丁度コーヒー豆が必要だったので、試しに購入しました。
IMG_9544.JPG
帰宅して調べるとフェアトレードとは謳っていませんが、コロンビアのコーヒー農家と関係を築いてこだわって豆を入手していると記載されていますので、買い叩いているということは無いかな?と感じます。また豆によってはオーガニックの物もあるようです。

私は並べられているコーヒー豆があまりにも多かったのでよく分からず、店員さんに酸味が苦手である旨を伝えてお勧めを紹介してもらい。4種類の豆に絞って詳しく香りや味わいを説明してもらって選んだので、購入した豆がオーガニックやフェアトレードなのか定かではありません(多分違う気がします)。
IMG_9511.JPG
袋も内側がアルミっぽい素材でラミネートされているので、リサイクルできないのでは?と思われます(これからきちんと調べます)。そんな訳で環境や労働環境に配慮した製品なのかは分からないのですが、少なくとも全てのコーヒー豆は焙煎した日が袋に記載され、古くならないよう少量ずつ焙煎しているとのこと。

店員さんはとってもフレンドリーで丁寧に接客して下さり、コーヒー豆を購入したら無料で1杯コーヒーが飲めます。カフェスペースでは地元の若者がお喋りしたり、PCに向かっていたりとのんびりした雰囲気です。
IMG_9550.JPG
ブリックレーンのすぐ傍(有名なロンドンベーグル店の近く)にあるので、観光の休憩にピッタリです。

Hermanos
122, bethnal green Road london, E2 6dg, UK
他にもビクトリアやオールド・ストリート駅に店舗があります。営業時間やコーヒーの種類等の詳細はお店のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 03:25| Comment(0) | カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする