2019年11月24日

クリスマス・アト・キュー②

気温が8℃あり、少し過ごしやすい日曜日のロンドン。本日の予報は曇り。1日中降水確率が7%あるので、今日も折りたたみ傘を持ち歩いたほうが良さそうです。最高気温は12℃。やっぱり天気がぱっとしないと暖かいですね。明日から3日間雨の予報なので、風邪など引かれないようお気をつけてください。

と言いつつ、昨日から1泊小旅行でロンドンの南東にある町のブックフェスティバルに遊びに来ています。こちらも昨日は生憎の雨。珍しく夜イベントで出掛けることが分かっていたので、昼間は2時間もホテルで昼寝してしまい、まだ町を探検できていません。今日も午後からイベントに足を運びますが、合間に観光したり、ショッピングを楽しんだり、カフェで一休みしたりと満喫したいと思っています。皆様も良い一日をお過ごしください。
*****************
さて、今回は前回ご紹介した王立植物園『キューガーデン』のクリスマスイベント『Christmas at Kew』の風景をお届けします。
IMG_0063.JPG
ライトアップされた木々やスノーフレークのようなライトを過ぎたら、教会を思わせるライトが。

IMG_0062.JPG
アヴェ・マリアが流れていた気がします。大好きな曲で聞き惚れました。

IMG_0064.JPG
紅葉が赤くライトアップされて、燃えるよう。

IMG_0073.JPG
スノーフレークが投影された道を進むと…

IMG_0074.JPG
聖堂みたいなライトが。

IMG_0075.JPG
この光のトンネルではくるみ割り人形が流れていたような?如何にもホリデーっぽくて気分が上がる音楽です。

IMG_0078.JPG
スピルチャルミュージックみたいな不思議な音楽が流れ、炎が揺れる一角。

IMG_0079.JPG
幻想的で静かな心持ちになりました。

IMG_0069.JPG
レーザーでライトアップされたTemperate House。

IMG_0070.JPG
音楽はレナード・コーエンの『ハレルヤ』(Hallelujah)。ホリデーっぽくないような?賛美歌ではあるのだと思いますが。

IMG_0085.JPG
ツリートップ・ウォークウェイを利用したライト。

IMG_0087.JPG

IMG_0089.JPG
写真で観るとその美しさが伝わりませんが、不思議なインストルメンタル音楽と降るような光に囲まれて、妖精の世界に迷い込んだような世界観に浸れました。2人で「キレー」とため息をこぼしました。

IMG_0096.JPG
木々のライトアップと地面に置かれた勾玉のようなライトのコラボレーション。

IMG_0091.JPG

IMG_0095.JPG

IMG_0094.JPG

IMG_0093.JPG

IMG_0092.JPG
コダマに囲まれたみたい。

IMG_0109.JPG

IMG_0112.JPG
虹色の光のトンネル。

IMG_0108.JPG
通り抜けるとレインルームみたいな経験ができます。

IMG_0081.JPG
春になると見事な桜の並木になるTemperate House前は、桜を意識したピンク色のライトアップ。

IMG_0099.JPG

IMG_0100.JPG

IMG_0068.JPG
途中見事な大木のライトアップも。

IMG_0117.JPG
それぞれの木が違う声でハーモニーを奏でるコーラスの林。

IMG_0146.JPG
トレイルの最後はパームハウスの『クリスマス・スペクタキュラー』。

IMG_0125.JPG
レーザーで投影されるスノーフレーク等の模様と…

IMG_0127.JPG
ウォータースクリーンと…

IMG_0144.JPG
音楽を組み合わせた10分位のプログラム。

IMG_0130.JPG

IMG_0134.JPG
見応えがあり、満足しました。準備に2年掛けるというのも納得です。

IMG_0140.JPG
交通整理をしていた女性に「今年のテーマは何だった?去年はフローズンだったのよ」と言われましたが、テーマは何だったんでしょう?ナイトメア・ビフォー・クリスマスやポップソング等、ごちゃまぜだった気がするのですが。

IMG_0149.JPG
posted by london-twosome at 03:26| Comment(0) | 行事・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする