2019年12月02日

フォークストンのカフェ

オクスフォードでは−5℃まで冷え込んでいる月曜日のイギリス。ロンドンでも現時点で−1℃で震え上がっています。本日の予報は晴れ。曇りや雨も嫌いではありませんが、やっぱり晴れると気分が上がります。でも晴れる分最高気温も7℃までしか上がりませんので、温かくしてお出掛けください。

今朝も引き続きロンドンで起こったテロ事件が大きなニュースになっています。今回の犯人が既にテロを計画して逮捕されていた男で、まだ刑期中の犯行だった事が大きな議論を巻き起こしています。まだ更生期間が終了していない犯人が、更生のためのプログラムを受けるためにロンドンの中心街に居たというのが問題とされている為です。犯罪を起こした人も、間違いを犯した人も、更生する機会を与えられるのはとても大切だと私も信じていますが、まだ反省したかもわからない(今回の場合は反省していなかった訳ですね)犯人を人口が多い地域で自由に行動させるのは如何なものか?とも感じました。被害者の2人が犯罪者の再起に力を注いでいた若く理想に燃えたボランティアだったというのも悲しみを深くしています。犯人を止めてくれた勇気と社会の力を信じて行動した志に心から敬意を送りたいです。

昨日は何とか体調が回復し日帰り旅行を楽しんだのですが、今日はまた体調が悪化して困ってます。でも12月も始まりましたし、お互い張り切っていきましょう!
*****************
さて、今回はケントの海辺の町フォークストン(Folkestone)で入ったカフェの備忘録です。

フォークストンを代表する大人気カフェ『Steep Street Coffee House』
クリエイティブ・クオーター内にある石畳のインディペンデントショップやアーティストのギャラリーショップが並ぶオールド・ハイストリートに面しているカフェ。道に面して一面のガラス窓で、通りにもテーブルが並んでいます。
IMG_0180.JPG
店内の壁には天井までの本棚がズラリ。ぎっしりと詰め込まれている蔵書は、地元の本愛好家が高齢を理由にご自身のコレクションを譲る旨を発表したのが偶々開店まで一週間だったオーナーが譲り受けたもの。
IMG_0361.JPG
そもそもフォークストンでバケーションレンタルをして休暇の為に訪れた友達同士が、この店舗がテナントを募集しているのを偶然発見して一目惚れ。丁度2人でパリにある大好きなブックカフェみたいなカフェをイギリスに開店したいと夢を抱いていたところだったので、即決で借り。
IMG_0362.JPG
DIYで3ヶ月掛けて開店に漕ぎ着けたのだとか。現在は店内でなるべく地元で調達したこだわりの食材を使って日替わり料理と、近所のインディペンデント系店舗から取り寄せたペイストリーやグラノラを提供しているとのこと。
IMG_0363.JPG
ベストな食材を使って料理を提供するため敢えてメニューは作っておらず、その日のお楽しみなのだそうです。こだわりのコーヒーや食事を、木のぬくもりが感じられる店内にバラバラと配置されたソファーやテーブルについてのんびり味わえます。
IMG_0367.JPG
ポッドキャスト『Postcard Academy』のホストは(彼女は1年イタリアに住んでいたこともあり、ヨーロッパを中心に多く旅行をしているアメリカ人)「人生で一番美味しいカプチーノ!」と豪語してましたが。コーヒーが好きでない私も、酸味が少ないこのお店のラテは美味しく飲めました。夫のコルタドも美味だったとのこと。
IMG_0329.JPG
2人でつまんだキャロットケーキも(Ryeの『The Fig』には負けるものの)美味しく、店員さんのサービスも良く、人気の理由が納得いきました。ロンドンに比べるとコーヒー豆も安価でした。
IMG_0252.JPG
コーヒー好きの方は是非お試しを。

Steep Street Coffee House
18, 24 The Old High St, Folkestone CT20 1RL
あまり情報はありませんが…お店のHPはこちら

ソフトオープンしていたティールーム『Wonderland Tearoom』
ブックフェスティバルのイベントまで30分ほど時間が空いてしまい。寒いし座って休みたい…と目についたので入店したティールーム。なんだか静かでお客様の居ないお店だなーと思っていたのですが、今日調べたら正式に開店したのは2019年11月30日(土)だったとのこと。
IMG_0360.JPG
つまりソフトオープンを試しにしていたので、知っている人もあまり居らず、結果としてお客さんが少なくて静かだっただけでした。店内はコテコテではないので男性でも抵抗は感じないとは思いますが、どちらかというとキュートなテイストな気がしました。
IMG_0359.JPG
予約すれば本格アフタヌーンティーも味わえるようでしたが、私達は気軽なティーポットを注文。2人で大きめのポットをシェアしました。
IMG_0177.JPG
時間調整に入店しただけだったので、トイレを借りて寛いだだけでしたが、居心地は良かったです。インフォメーションの直ぐ傍にあるので、観光やイベントのついでに立ち寄るにも、買い物の休憩にも便利な立地でした。

Wonderland Tearoom
30 Rendezvous Street Folkestone, Kent CT201EZ
お店のFBページはこちら
posted by london-twosome at 03:01| Comment(0) | UK旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする