2019年12月03日

フォークストンのクリエイティブ・クオーター

雲が多い火曜日のロンドン。本日の予報は曇り。午前11時〜午後3時まで少し降水確率があるようですが、10%以下なので降ったとしても小雨がぱらつく程度ではないでしょうか。最高気温は8℃。昨日は午後太陽が高く上がるまでは息が真っ白で冷え込みましたが、今日も寒くなりそうです。温かくしてお出掛けください。

日付が変わった頃から咳が止まらず目が覚めてしまい。頭痛も酷いので、今日のガーデニング部分のボランティアはお休みさせて貰いました。午後からミーティングがあるので、それにはなんとか出席したいと思っています。今日から夫が出張で不在なので、なんだか寂しい朝です。元気に出掛けたので、無事に帰宅するよう祈るばかりです。

そんな訳で体調が悪いので、早速本題です。
*****************
さて、今回はケントの海辺の町フォークストン(Folkestone)にあるインディペンデント・ビジネスやアーティストが集う一角『クリエイティブ・クオーター』(Creative Quarter)の風景をお届けします。
IMG_0166.JPG
クリエイティブ・クオーターとはフォークストンのダウンタウンにある一角で、財団『Creative Folkestone』がクリエイティブな力を利用してフォークストンの町興しを目指して改装・管理・運営しています。現在までに90件の改装工事を行い、80室のフラット(アパート)と115室のスタジオ、50軒のショップを管理しているとのこと。
IMG_0159.JPG
それらの管理物件に、財団の審査を通ったデザイナー、映像作家、ミュージシャン、ウェブ・デベロパー、アーティスト及びインディペンデント系のビジネスが入っています。私が毎週聴いているポッドキャスターさんも審査に合格して、クリエイティブ・クオーターにあるフラットに安い家賃で暮らしながらポッドキャストを配信しつつ、ポッドキャスターになるためのセミナーをWEB配信して居られます。
IMG_0176.JPG
その為この一角だけは凄く個性的でクリエイティブな雰囲気に包まれており。チェーン店の入店は認められていないので他には無いお店やレストランやカフェ、アーティストがその場で創作活動をしているギャラリーやオーダーメイドのテイラーが両脇に並ぶ石畳のオールド・ハイストリートを中心に素敵な一角になっています。
IMG_0267.JPG
ストリートアートやパブリックアートも多い上に、ショーウィンドウも凝っているので風景としても面白いですし。久し振りに買い物も満喫。
IMG_0263.JPG
クリエイティブ・フォークストンの本部というべき存在の『クオーターハウス』(Quarterhouse)では頻繁にイベントが行われたり、面白いラインナップの映画が上映されたりしていますし。レストランやカフェ、バーのレベルも高く、食事も楽しめました。
IMG_0158.JPG
オシャレなショーウィンドウを見ているだけでも楽しい通り。この『Moda』はブロガーさんたち推薦の雑貨屋。お店全体が編み物でデコレーションされています。中もフォークストンのカードとかがあって面白かったです。

IMG_0262.JPG

IMG_0261.JPG
オールド・ハイストリートにある花屋さん。

IMG_0270.JPG

IMG_0269.JPG
目の前にテラスがあるテイクアウト専門店があったり…

IMG_0164.JPG
スモールビジネスが集まる一角があったり…

IMG_0160.JPG
ハンバーガー屋さんがあったり。

IMG_0355.JPG
細い路地裏や坂道もあって、入り組んだ町並みが好きな私にはツボにはまる風景でした。

IMG_0167.JPG
買い物も沢山しました。

IMG_0364.JPG
County Fayre』というケント産の食料品を販売するお店では、丁度必要だった手作りバターと…

IMG_0366.JPG
蜂蜜…

IMG_0368.JPG
自宅用とお土産のジャム…

IMG_0369.JPG
お土産用のクッキーを購入。

IMG_0373.JPG
フォークストンをとても気に入ったので、旅先でコレクションしているマグネットと友達に送る用のカードも購入。きりがないのでイギリス国内は州ごとで購入するようにはしてるんですが。

IMG_0370.JPG
フォークストン在住の女性テキスタイルデザイナーのショップ『Kitty McCall』では、ソープディッシュとシャンプーバー&クレンジングソープを購入。プラスチック撲滅に向けてシャンプーやコンディショナーを固形に移行している関係で、ソープディッシュが必要になっていたのでここで購入できて良かった…のですが、もう一つ必要だった事を失念してました。

IMG_0371.JPG
フォークストンの絵葉書と…

IMG_0372.JPG
誕生日カードも買いました。体調を崩して出せてませんが…。

IMG_0260.JPG

IMG_0358.JPG
来年(2020年)はトリエンナーレ開催の年なので、アートを鑑賞に足を運びたいものです。

IMG_0351.JPG
こんな可愛らしい看板につられて急な坂道の階段を登ると…

IMG_0278.JPG
賑やかなクリエイティブ・クオーターから一変、静かな教会を中心とした地区『THE BAYLE』に出ます。

IMG_0281.JPG
この一角の中心にある『St Mary and St Eanswythe's Church』でブックフェスティバルのイベントが開催されました。朝散歩した際にはミサに訪れる人々が居て、地元で愛される教会のようでした。

IMG_0279.JPG
教会の庭の直ぐ裏は崖のようになっていて、その下は海岸です。

IMG_0273.JPG
海が見下ろせる小道や…

IMG_0277.JPG

IMG_0275.JPG
カラフルな家…

IMG_0354.JPG
広場や…

IMG_0276.JPG
昔ながらのパブが並ぶ、静かな一角。

IMG_0283.JPG
「フォークストンのお勧めパブは?」という質問で必ず登場する『The Pullman』もこの一角にあります。ブランチから営業していて、美味しいサンデーローストを提供するのでも有名なのだとか。ベジタリアン対応したイングリッシュ・フルブレックファーストが食べられるそうです。次回は是非試したい食事処です。

IMG_0345.JPG
posted by london-twosome at 02:42| Comment(0) | UK旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする