2019年12月09日

ブライトンへの日帰り鉄道の旅

雨と風は止む予報の月曜日のロンドン。今日は10時以降は晴れて、最高気温も10℃まで上がると予想されています。昨日も思ったよりよく晴れていましたし、今日も活動しやすい1日になるのでしょうか。ただ晴れるせいか、夜は冷え込みが厳しくなりそうなので、帰りが遅くなる方は温かくして出掛けたほうが良さそうです。また明日からは天気が3日間天気が崩れそうなので、用事は今日中に済ませておくと安心です。

今朝はニュージーランドで起きた噴火のニュースが大きく取り上げられています。観光客が少なくとも1人死亡し、23人が救助されたもののまだ20人以上が島に取り残されていると見られているようです(まだ情報が錯綜しているようですが)。現時点では危険すぎて島に居る他の観光客を救助する事ができないそうで、一刻も早く全ての人が安全な場所に避難できるよう祈るばかりです。

今朝のBBCニュースでもホテルから盗まれるものが巨大化している話題が取り上げられていました。5つ星のホテルを中心に高級マットレスが盗まれているそうで…何故そんな大きな物が盗めるんでしょうね?廊下にあるカメラにバッチリ写ってしまうでしょうし、泊まっていた人が盗んだと直ぐに疑われるでしょうに。他にもコーヒーメーカーとかTVも盗まれるんだそうで、一体全体どんな世の中になってるんでしょう。グランドピアノが盗まれたケースもあるのだとか。こうなってくると民泊に自分の部屋を出すのも不安でしょうね。
*****************
さて、今回はロンドンから電車で約1時間南に行ったイーストサセックスの海辺のリゾートタウン『ブライトン』(Brighton)へと電車で日帰り旅行しましたので、移動等を中心とした備忘録です。
IMG_0790.JPG
ブライトンはイギリスでは珍しい海辺の観光地として有名ですが、もう一つ有名なのはLGBTQフレンドリーな街であること。イギリスに来る前から、ニューヨークで知り合った友人が如何にブライトンで祝ったプライドが楽しかったのかを熱弁しており。
IMG_0808.JPG
「貴方がロンドンに住んだら、絶対ブライトンを訪れるべきだよ!」と言うばかりではなく、「貴方達がロンドンに居る間に訪ねるから、そうしたら一緒にブライトンに行こうよ!」とずっと言っています。今年の夏、アイルランドのコーヴで会った際にも「ブライトンは行った?」と聞いてきたくらい、ブライトンがお気に入り。
IMG_0726.JPG
しかしながら、私のロンドン滞在中の優先順位は圧倒的にガーデンで。春から秋に掛けてはガーデンを訪れることを中心に旅行の計画を立てていました。それは来年以降も変わらないと思われ。
IMG_0785.JPG
結果としてブライトンに行きそびれていたのですが、約半年ぶりに夫が出張で不在にすることが決まった際に、不良妻の私は早速何処か日帰り旅行に行こうと思いつき。季節柄クリスマスマーケットを訪れることも考えたのですが、どうせ何も買わないしな…と思案していて、ふと思い出したのがブライトン。
IMG_0819.JPG
私は日差しで蕁麻疹が出るので夏でも長袖が欠かせず、どうせいつ訪れても海水浴や日光浴は楽しめませんし。食事・生活・旅について特集しているインディペンデント雑誌『Table』でブライトンが特集されていて、タイムリーに興味を持ったところだったので、行き先をブライトンに決定。
IMG_0719.JPG
調べてみると電車であれば主に2経路:①ロンドンのヴィクトリア駅発着の『サザン鉄道』(Southern)か、②ロンドンブリッジ駅発着の『テムズリンク』(Thameslink)でした。
IMG_0835.JPG
バスも調べたのですが、電車が1時間6分で到着するのに対してバスは約2時間半。しかも電車の安いチケットが往復£18弱だったのに対し、バスは往復£12と時間が凄くかかる割には然程変わらず。バスの発着駅の方が近いことを鑑みても割に合わないと判断。
IMG_0720.JPG
結果として、£10程サザン鉄道より安かったテムズリンクの電車のチケットを往復£18弱で購入。ロンドンブリッジ駅から乗車して1時間10分後にブライトン駅に到着しました。
IMG_0721.JPG
鉄道のブライトン駅は、チェーン店が殆ど無いインディペンデントショップが並ぶ『North Laines』地区にあります。だから駅から出たら、直ぐにショッピングしたり、カフェで寛いだり、食事をしたりできます。
IMG_0768.JPG
ビーチ迄も徒歩15分程。お隣のホーヴの町と一緒に観光しても、十分徒歩で楽しめる範囲内です(但しホーヴまで足を伸ばすと30分弱は掛かるので、お子様連れとか足に自信が無い方にはお勧めしません)。
IMG_0796.JPG
テムズリンクのチケットは安かっただけあり、そのチケットでサザン鉄道の電車に乗ることはできません。しかしテムズリンクの電車であれば同条件であれば自由に選択できます(オフピークのチケットであれば、オフピーク内であれば他の電車でも可)。
IMG_0741.JPG
私は帰りの電車を午後4時半近くでチケットを取っていたのですが、強風と雨にさらされ元々体調がイマイチだったこともあり疲れてしまい。駅に行って調べると、1時間に2本のペースでテムズリンクの電車が運行しており、1本前の電車に無事乗車できました。
IMG_0799.JPG
片道1時間の電車の旅で簡単にロンドンから訪れることができ。イギリスらしい小石のビーチで潮風に吹かれたり、個性的なお店でショッピングを楽しんだり、いかにも観光地っぽい飲食店で食事を味わったり。
IMG_0815.JPG
ロンドンからの日帰り旅行先としてぴったりだと思いました。次回は是非青空が広がる日に訪れたいものです。
posted by london-twosome at 00:00| Comment(0) | 日帰り旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする