2020年01月05日

カナリーワーフ〜セント・キャサリンズ・ドックまでの風景

真っ暗な日曜日のロンドン。本日の予報は曇り。でも重い雲は朝には流れて、薄曇りという感じの1日になるようです。最高気温は9℃。昨日は綺麗に晴れて美しい夕焼けが楽しめましたが、今日はもうちょっとイギリスらしい天候なのかもしれません。

私は食事中に人が立てる音にちょっと神経質なところがあります。それ故にイタリアンで食事してパスタを啜られたり、隣にクチャクチャ音をたてて噛む人が座ったりすると、食事が楽しめ無くて困るのですが。昨日隣町のカフェでランチをしたら、隣のテーブルの男性が食べ終わったお皿に残っているソースを指で掬ってはチュッチュと舐め始め。それを人差し指から始めて何本もの指で何回も繰り返したので、内心『止めて〜』と嘆いていました。向かいに身重の奥さんが座っていたのに何も言ってくれないし…。食事の仕方は人の勝手だとは思うのですが、周りに人が居る時には音やあまりにも汚い行為には気を配ってほしいと心から思ったのでした。我が身も省みて気をつけなければ。
*****************
さて、今回は何回も触れているカナリーワーフ(Canary Wharf)からセント・キャサリンズ・ドック(St Katharine Docks)まで散歩した際に撮影した風景をお届けします。
IMG_1037.JPG
カナリーワーフからテムズ川沿いに出たところ。

IMG_1042.JPG
川沿いにはフラットがぎっしり並び、パブが多め。

IMG_1067.JPG

IMG_1061.JPG

IMG_1062.JPG
現役のロックがあり、丁度リージェンツ・カナルに入るボートのためにゲートが開けられました。

IMG_1060.JPG
ロックとは関係ないと思うのですが…何のためかわからない信号があったり、工業っぽい雰囲気が残っています。

IMG_1063.JPG

IMG_1065.JPG
リージェンツ・カナルに入る所に停泊しているボートと管理小屋のクリスマスツリー。

IMG_1059.JPG
昔ドックだったのかな?という感じの堀みたいな場所に、鳥小屋が。

IMG_1070.JPG

IMG_1069.JPG
西に進むにつれて、昔は倉庫街だったのかな?というような町並みに。

IMG_1086.JPG

IMG_1081.JPG
所々テムズパスを歩けます。

IMG_1072.JPG
一部川沿いの道が閉鎖されていたので、内陸を歩いたら交通量が多い道を歩かねばなりませんでした。後で細い道があった事に気付き、そちらを歩けば良かったと後悔。

IMG_1073.JPG
杉玉みたいな物をロンドンでも偶に見かけるんですよね…必ずしもお酒を出す建物にあるわけでも無いみたいですし、謎です。

IMG_1074.JPG
途中大きな公園があり、テムズパスの工事が進んでいました。

IMG_1079.JPG
堰のような構造物。

IMG_1078.JPG
川や運河が多い地域なので、橋も多いです。

IMG_1076.JPG
遠くにカナリーワーフが見えます。

IMG_1077.JPG
橋の袂にカヌー教室があったりも。

IMG_1082.JPG

IMG_1083.JPG
橋の近くにあった歴史がありそうなパブ。

IMG_1087.JPG

IMG_1088.JPG

IMG_1071.JPG

IMG_1089.JPG
セント・キャサリンズ・ドックに近づくにつれ昔積荷を滑車で運び込んでいた名残があるフラットが並ぶ町並みになってきます。

IMG_1085.JPG
川沿い・水沿いなのでワーフも多いです。

IMG_1090.JPG
パブも相変わらず多いですが、お洒落っぽくなってくるかも。

IMG_1091.JPG
ロンドンブリッジ周辺に似た建物も登場。

IMG_1095.JPG

IMG_1094.JPG
タワーブリッジが近づくと、公園も幾つかあります。

IMG_1109.JPG

IMG_1111.JPG
のんびり寄り道したり、ロックを眺めたり、写真を撮ったりして約2時間でセント・キャサリンズ・ドックに到着。

IMG_1108.JPG

IMG_1105.JPG
クリスマスらしい風景を眺めつつ、お気に入りのカフェで休憩。

IMG_1113.JPG
一息吐いたらテムズパスに戻り、パブリックアートを眺めつつ…

IMG_1114.JPG
タワーブリッジを潜り、ロンドン塔やスケートリンクを眺めつつタワーヒル駅へ辿り着きました。

IMG_1117.JPG
posted by london-twosome at 02:28| Comment(0) | 公園・お散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする