2020年01月06日

タイ料理が美味しいパブ『The Latymer』

今日から学校が始まる人も多い月曜日のロンドン。お子さんが休みなので有給休暇を取得していた方々も一斉に仕事に戻るので、今日から本格的に日常という人も多いようです。本日の予報は曇りのち雨。雨は夕方降る確率が高いようなので、それまでには帰宅できると良いのですが。最高気温は10℃。昨日よりは少し寒さが和らぐのでしょうか。

週末の新聞の一面も今朝のニュースも、引き続きイラン情勢がトップニュースになっています。昨日パーティーに集まった方々もイラン情勢を心配していましたし。フェイスブックでもアメリカに住む人達が警戒感を滲ませています。イギリスでも本日首相が閣僚と集まって対応を協議する模様。公言されている報復対象はアメリカですが、ざっくりと西側諸国となりそうですし。気をつけようがありませんが、不審物や不穏な行動には常以上に注意を払いたいと思います。戦争が始まりませんように。

2週間丸々のんびりしていた私も今日から日常に戻ります。なんだかドキドキしてよく眠れなかったので、早めに起きてしまって出掛ける前に家事や運動を済ませて、張り切って新年をスタートさせたいと思います。皆様も良い1日をお過ごしください。
*****************
さて、今回はハマースミス駅から徒歩5分の場所にあるタイ料理が美味しいパブ『The Latymer』です。
IMG_1128.JPG
前を通りかかると頻繁に混雑している人気パブ。チヂックにある醸造所『Fuller's』のビールを飲めるパブですが、奥に本格的なタイ料理が食べられるレストランセクションがあって、バーセクションで飲んでいても、奥のカウンターでタイ料理を注文して食べることが可能です。
IMG_1129.JPG
ロンドンのパブではタイ料理を提供するケースが結構見られます。それは多分有名な『The Churchill Arms』がタイ料理を提供して好評を博したからではないか?と言われているようですが(因みにチャーチル・アームスもフラーズのハウス)。
IMG_1127.JPG
1990年代にイギリス人の若者がバックパッカーとしてタイを訪れることが流行し、多くの若者が旅行中にタイ料理に馴染んでイギリス本国に持ち帰ったからではないか?とか。比較的安価に手早く料理できて、加えてイギリス伝統料理よりは比較的健康的だったから広がったのではないか?とか。タイ人の移民は、他のイギリス連邦に属する国からの移民等と比べてまとまって住み着いて独自の地域社会を形成しなかったので、受け入れ先が少なく、パブで働くようになったのでは?とか。色んな説があるようです。
IMG_1125.JPG
その真偽はともかく『ラトミア』のキッチンではタイ人の料理人さん達が腕を振るっていて、パブにいながら本格的なタイ料理を食べられます。我々は腰を据えて食事したかったので奥のレストランセクションでしか食事したことがありませんが、フロントのバー部分の方が人気が高いです。
IMG_9712.JPG
タイ料理は美味しいし、奥のレストランセクションに居てもビールを注文すればバーから注ぎたてを運んできてくれます。私はフラーズの『Frontier』というラガーが大好きなので、パイントでタップのフラーズが飲めるのも凄くポイントが高いです(フラーズのパブでも、フロンティアをタップで用意しているケースは多くないと感じます)。
IMG_9710.JPG
一人凄くプロフェッショナルなウェイターさんも居て、サービスも全体的に気持ちよく。とても気に入ったので、今年のクリスマスイヴのディナーはこのパブでお祝いした位お気に入りです。
IMG_9708.JPG
因みに平日の夜は、バーは歩道に人がはみ出る位の人気ぶりですが、奥のレストランは大抵席があるのでは?というのが肌感覚です。但しクリスマスイヴの予約は一人£10ずつの保証金の支払いが義務付けられていますが(一般的です)、支払いの際に差し引いてくれます。

お腹一杯食べて飲んで、2人で大体£50位の印象です。

The Latymer
157 Hammersmith Road, London, W6 8BS
営業時間やメニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 21:14| Comment(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする