2020年01月07日

ご近所さんの新年会

気温の割には寒く感じる火曜日のロンドン。本日の予報は曇り。でも午後はずっと降水確率が10%を超えているので、小雨が振りそうです。最高気温は13℃。でも昨日お天気お姉さんが「今日は穏やかな気温になるでしょう」と言っていたのにすっごく寒かったので、今日も寒いのでは?と疑心暗鬼になっています。昨日はアウトドア用のメリノウールのアンダーレイヤーを上下着れば良かったと後悔するほどの寒さだったんですよね…。今日はどうしようかと迷っています。

オーストラリアで雨が降ったそうですが、山火事には全く歯がたたなかった模様。3月までまだまだ火事が続くことが予想されているそうで、ニュースを見るたびに胸が潰れるような思いです。帰る家があり、大切な人達が無事でいてくれる事がどんなにありがたいかを改めて思い知ります。

昨日はアイルランドの『Nollaig na mBan』というお祝いの日だったそうです。伝統的にアイルランドやアーミッシュの文化ではクリスマスは12日間祝われるため、1月6日がクリスマスのお祝いが正式に終わる日とのこと。クリスマスの終わりを祝うため「リトル・クリスマス」と呼ばれるそうですが、別名は「Women's Christmas」。クリスマスはお休みとは言っても、女性にとっては人々を饗し、料理等で忙しくて大変な時期。その為、1月6日は1日家事から解放されるのだそう。アイルランド人のクラスメイトは「今日は私達は仕事するべきじゃないのよ」と主張していて、そのせいか(?)昨日は珍しく1日中机に向かってひたすらノートを取る授業内容でした。世界中にはまだまだ未知の伝統や習わしがあるんだなーと改めて感じたのでした。
*****************
さて、今回はご近所さんでもありボランティア仲間でもある方が新年会に招いてくださったので、パーティーの徒然です。
IMG_0947.JPG
計画では1月1日に開催される筈だったホームパーティー。ホストが体調を崩された為週末に延期されましたが、特に予定もなかったので有り難くお邪魔してきました。

招待状(Eメールですが)には「ドリンクと軽いおつまみを用意します」と書かれていたので、時間的にはランチの時間帯だったものの食事を済ませてから伺おうかと思っていのたですが。朝食が遅れて何も食べずにお邪魔してしまいました。
IMG_0952.JPG
しかし『おつまみ』が出るわ、出るわ。小さなクランペット(かパンケーキ)にチーズ魚卵/スモークサーモンとクリームチーズとハーブ:クラッカーにフムスとハーブ:ソーセージをトマトレリッシュかマスタードにつけるおつまみ:手作りのチーズツイスト:スイートポテトのパンケーキとディップ:トルティアカップにうずらの卵:小さなキッシュ:自宅で焼いたパンにアスパラガスを巻いたサンドイッチ:手作りのレモンドリズルケーキ…他にもあったのですが、覚えきれず。

あまりの豪華さに「これ準備にどの位かけたんですか?!」と聞くと「昨日パンやケーキを焼いて、おかずは今朝3時間位かけて作ったかな?」としれっと仰ってました。ボランティアでお喋りしていても、ヨガにテニス、散歩に観劇と趣味が多くて日常が充実されている印象は持っていましたが。
IMG_0948.JPG
パンも手作りし、ロンドン各地のマーケットにも顔を出して美味しそうな食材をチェックされ、料理も上手なんて、感心することしきりでした。どの料理もとても美味しかったですが、特に彼が自家製のパンで作ったアスパラガスのサンドイッチ(くるりと丸く巻いてありました)は非常に美味しくて、何回もおかわりしました。

最初は別のボランティア仲間も招待されていたので立ち話をしていたのですが、昔同じ組織でボランティアをしていたというご近所さんをご紹介いただき立ち話。我々が身の丈に合わない物件に住まわせて頂いているせいか、ホストの経歴が立派なせいか、集まっている方々が普通ではお喋りできないような経歴の持ち主ばかりで驚くばかり。
IMG_0951.JPG
私は勿論、夫も立食パーティーとかが苦手で、2人とも面識がない方たちと当たり障りの無い会話(スモールトーク)をするのが不得手。このパーティーでも全然動かなかったのですが、そこは集まっていた方達が慣れたもので次々と話に来てくださいました。見習わなくちゃ…。

弁護士として湾岸諸国で諜報機関に盗聴されながら働く生活をしていたら、イギリスの諜報機関からスパイとして勧誘を受けた方や(断ったそうです)。ブリティッシュ・カウンシルで働いたり、大英博物館でツアーガイドをしていた方。
IMG_0932.JPG
オーストラリアやシンガポール等を点々としながら金融の世界で働き続けていたら生活に全然困らない程お金が貯まり、40代にして取り敢えずリタイアして好きなことをして暮らしている(!)方や。モスクワやアメリカで幼少期を過ごし、イギリスやアメリカで教鞭を執り最後は寄宿学校の校長先生をしていた方。

貿易会社で働き中東やシンガポール等を行ったり来たり、日本に数年住んだりして、現在はご自身の会社を立ち上げてバリバリと働いている方。アーカイブに昔の貴重な資料を入力して、研究者がオンラインで必要な書類を見つけられるよう手伝うボランティアをしている方。
IMG_0931.JPG
お話を聞くだに信じられないことの連続で、流石イギリス!知識層は世界を股にかけて活躍されてるんだな〜と感心することしきりでした。フランス語など他の言語が堪能な方も多かったですし。

今でこそクリスマスが祝日になっているスコットランドですが、その方が子供の頃は「あんな邪道な下賤なものの祭り、祝ってたまるか!」とばかりに学校や仕事が全く休みではない平日だったという話は衝撃でしたし…でも、言われてみれば、スコットランド国教会からすれば原理主義的なキリスト教亜種のお祭りみたいなものですよね。
IMG_0921.JPG
「イギリス人は縄張り意識が強い」とか「イギリス人はパーソナルスペースが広めで、仲良くなるまで時間がかかる」とか国民性のお話も、実話を交えて面白おかしく話してくださって、凄くためになったり面白かったり。

結局2時間以上、会話をし放しでとても有意義で楽しい時間を過ごせました。ホストのお二人には感謝・感謝です。
IMG_0920.JPG
ボランティア仲間もパートナーさんも日本人のご友人がいて、来年は日本旅行を計画中(去年はラグビーワールドカップ、今年はオリンピックで高そうなので、来年にしたとのこと)。またお二人とはお喋りする機会を設けたい…というか、お招きすべきだよな〜と思いつつ。おもてなしが大の苦手な私は尻込みしているのでした。うーん。

でもとても楽しい会話が楽しめるカップルだったので、是非何か機会を作りたいと思います。今年の目標にします。
posted by london-twosome at 03:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする