2020年01月12日

ストラトフォード-アポン-エイボンのクリスマスライト

朝からなんとなく暖かい日曜日のロンドン。本日の予報は太陽が出たり、曇ったり、小雨が降ったり目まぐるしい天候になるというもの。最高気温は11℃。昨日は強風が吹き荒れていましたが、風も午前中は残るみたいです。

先日サッカー場の前を通りかかったら丁度試合中だったようで大盛り上がりしていました。ハーフタイムだったようで、バーエリアでサポーターが立呑しながら大声で歌を歌っていて、球場外まで声が響き渡っていました。昨日は違うサッカー場の最寄り駅を通る電車に乗ったのですが、最寄り駅で人がぞろぞろと下りて一斉に球場に向かい。その後食事をした場所では大画面で試合が放映されていて、地元サポーター達が大盛り上がりしてました。ハーフタイムになったら、皆さんトイレに行ったり、煙草を吸いに出たり。こうやって土曜日に集まっては盛り上がっているんだな〜とロンドンっ子達の生活を垣間見れました。
*****************
さて、今回はシェイクスピアの生誕地であり没した町として有名な『ストラトフォード-アポン-エイボン』(Stratford-upon-Avon)のクリスマスのイルミネーションに彩られた風景をお届けします。
IMG_1382.JPG
高校生の時、オレゴン州の野外劇場でロイヤル・シェイクスピア・カンパニー(Royal Shakespeare Company)の『真夏の夜の夢』を見て観劇という行為そのものに恋に落ちてからずーっと、いつかイギリスにある本拠地を訪れて観劇したいと願っていました。
IMG_1365.JPG
去年末長年の願いを叶え、1泊して観劇してきました。今回はクリスマスが過ぎても残っていたイルミネーションの様子です。
IMG_1377.JPG

IMG_1376.JPG

IMG_1380.JPG
エイボン川沿いに建つ『ロイヤル-シェイクスピア劇場』とシェイクスピアの生誕地を結ぶブリッジストリート。

IMG_1367.JPG
ブリッジストリートとユニオンストリートとハイストリートの交差点には光のクリスマスツリー。

IMG_1383.JPG
シェイクスピアが生きていた時代の建物が保存されていたり、景観を守るためによく似せたハーフティンバーの建物がそこかしこにあります。

IMG_1384.JPG

IMG_1363.JPG
自信がありませんが、ブリッジストリートのツリーを超えて西側はロウソクのイルミネーション。

IMG_1355.JPG

IMG_1369.JPG

IMG_1349.JPG
多分、ハイストリートのライトだったと記憶してますが…ランプのイルミネーション。

IMG_1356.JPG

IMG_1348.JPG
間違ってるかもしれませんが、Elyストリートはツリーのイルミネーション。

IMG_1385.JPG

IMG_1357.JPG
Elyストリートとブリッジストリートを結ぶショッピングモールのような一角。

IMG_1372.JPG
Rotherストリートでしょうか?ランプとカラフルなライトのイルミネーション。

IMG_1375.JPG
交差点には小さくともツリーが。

IMG_1386.JPG
小さな劇場の前にあったカラフルなツリー。

IMG_1370.JPG
タウンホールのイルミネーション。

IMG_1361.JPG

IMG_1359.JPG
Rotherストリートのイルミネーション。

IMG_1368.JPG
posted by london-twosome at 15:57| Comment(0) | UK旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする