2020年01月14日

ストラトフォード-アポン-エイボンでの食事

雨の水曜日のロンドン。昨日から引き続き雨が降り続いていますが、午後早い時間に雨が止み、太陽も顔を出すみたいです。最高気温は11℃。気温は低くありませんが冷たい雨ですので、風邪など召されないようお気をつけください。

月曜日は学校には行けたものの、帰宅したらぐったり。そのまま寝込んでしまいました。今日はどうしても参加したいトレーニングがあるのですが、昨日溜まった洗い物をしただけでベッドに逆戻り…あぁ、なんとかして健康な体を手に入れたい!と自分に腹が立つ朝です。そんな訳で早速本題です。
*****************
さて、今回はシェイクスピア生誕の地であるストラトフォード-アポン-エイボン(Stratford-upon-Avon)でした食事の備忘録です。

地元のカフェ『HR Café』
何故か見つけられなくなってしまったのですが…地元の方がストラトフォード-アポン-エイボンの見所やお勧めの食事処を紹介していたブログで推薦していたカフェです。シェイクスピアの生家から離れていませんが、裏道にあるので静かで地元のお客さんばかりでした。
IMG_1273.JPG
この地方特有の食事を調べていたら『Homity Pie』という料理(野菜のキッシュみたいな料理。昔この地方は貧しく肉や魚を食べられなかったため、じゃがいもと玉ねぎ(偶にネギも)だけのパイを作っだのだとか)が伝統料理だと知り。そしてこのカフェはホーミティーパイを出しているとメニューに書かれているので試してみたくて訪れました。
IMG_1271.JPG
しかしクリスマス直後だった為、手間暇がかかるパイ類は作っていないとのこと。泣く泣く私はチリコンカーンを、夫はルーベンサンドイッチを注文。
IMG_1272.JPG
チリコンカーンはライスの塩加減を間違えたらしくて劇的に塩辛かったですが、チリとピタパンは手作りっぽい素朴な味で美味しかったです。夫のサンドイッチも美味しかったとのこと。
IMG_1270.JPG
席数が多くないですが上階にも席があるようでしたし、光が燦々と差し込む気持ち良い空間。凄くお洒落という感じでもありませんが、可愛らしい空間で、店員さんもフレンドリー。
IMG_1269.JPG
お客さんたちは常連さんが多いようでクリスマスをどう過ごしたか話したりしてましたし。多分発達障害を持つお客様が来店した際にも、辛抱強くずーっと話し相手になっていて、非常に雰囲気の良いカフェでした。
IMG_1274.JPG
ストラトフォード-アポン-エイボンは観光地らしくロンドンに比べれば安いものの、地方にしては飲食が高めの印象がありましたが、このカフェはお手頃価格だった記憶が残っています。

HR Café
12 Windsor Street, Stratford Upon Avon, Warwickshire, CV37 6NL
営業時間やメニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。

落ち着いたレストラン『THE TOWNHOUSE』
本当はロイヤル・シェイクスピア劇場の上階にある食事処『Rooftop Restaurant』でディナーをしたかったのですが、予約が取れず。劇場近くで食事ができるところ…と探し、イギリス旅行では頼りにしているテレグラフのガイドでこのレストランを褒めていたので決定しました。
IMG_1351.JPG
プレシアターのメニューが注文できる時間帯に訪れたのですが、2人ともそこまでお腹が空いておらず。私は壁の黒板に書かれていたその日のスペシャルから近海で捕れた白身魚を。夫はレギュラーメニューからフィッシュ&チップスを注文しました。
IMG_1352.JPG
観劇に合わせて早めに食事したからか、席は半分も埋まっていなかったのですが。店員さんは感じが良くキビキビ対応してくれましたし、静かで会話が楽しめましたし、落ち着いた雰囲気の割には肩肘張らずに食事が楽しめました。
IMG_1353.JPG
料理も量が多すぎず、美味しかったです。待ち時間も長くなかったので、劇にも余裕を持って間に合いました。
IMG_1354.JPG
値段はロンドンと変わらない値段設定でしたが、ロイヤル・シェイクスピア劇場の近くという場所柄そんなものかと納得でした。

THE TOWNHOUSE
16 Church Street, Stratford upon Avon, Warwickshire, CV37 6HB
営業時間やメニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。

地元コーヒーロースターの豆を使う拘りカフェ『Box Brownie』
前述の地元の方がお勧めを紹介していたブログで、ストラトフォード-アポン-エイボンには、コーヒーロースター『Monsoon Estates』があることを知り。自宅で淹れるコーヒーの為に旅先でコーヒー豆を買うようにしている事もあり、朝食がてら訪れたカフェです。
IMG_1387.JPG
カフェがあるのは観光の目玉であるシェイクスピアの生家のある通り。地元の人にも人気のようですし、観光客が入りやすい立地でもあるので、朝から大変混雑していました。
IMG_1390.JPG
しかし外観から想像するよりは奥に席があるので、諦めずに覗いてみましょう。我々も偶々目の前で朝食を終えた方が発ったので、すんなり座ることができました。
IMG_1389.JPG
HPを読むと『私達は自分たちの淹れるコーヒーが美味しいと知っています』と堂々と書かれていますが、確かに拘って淹れている味がします。しかし我々が苦手なサードウェーブコーヒー系の酸味が強い味。
IMG_1391.JPG
日本やサードウェーブコーヒーが好きな方は気に入ると思いますが、私達は苦手な味でした。ラテなのに酸味が強いってどういうことだ…という感じ。本格派のカフェには多いですけれど。
IMG_1388.JPG
朝食には夫はソーセージロール、私はマッシュルームキッシュを注文。野菜もたっぷり添えられていて良かったですが、出てくるのに20分近く掛かりました。食事を済ませてからチェックアウトをする予定だった我々は、お陰で朝食を掻き込むことに。
IMG_1278.JPG
結果として、このカフェではデザートをつまみながらコーヒーを飲むのが良いのでは?と個人的には感じました。地元ロースターのコーヒー豆がついでにお土産として買えたのは便利でした。

Box Brownie
20 Henley St, Stratford-upon-Avon CV37 6QW
あまり情報はありませんが…お店のHPはこちら

歴史あるパブ『THE WHITE SWAN』
2日目は日曜日だったのですが、ランチに狙っていたお店に加え何処に入っても「予約で一杯です」と断られてランチ難民になりました。年末だった事もありサンデーロースト等で集まる人が多かったようで、困り果てて駄目元で入ったこちらのパブ。
IMG_1414.JPG
店員さんに聞いてみるとバーであれば座れるということだったので、カウンターでドリンクと食事を注文して、バーで食事をしました。我々が座った後、多くの人が入店しては断られて出ていったので、日曜日のランチにお目当てのお店がある方は予約をした方が安心そうです。
IMG_1409.JPG
このパブの建物は1450年からあるそうで、現在は宿屋とパブになっています。経営はロンドンのチヂックにある醸造所『Fuller's』。ですがやっぱり大好きな『Frontier』はありませんでした。あんまり置いてないんですよね…。
IMG_1410.JPG
場所柄観光客も多かったですが、地元の方々がご家族で集まって食事もしていて、イギリスの方達の年末の様子が垣間見れました。最近パブが流行らないので潰れているとニュースになりますが、見ているとやっぱりパブは定番なんだな〜、お祝いや家族の集まりはパブなんだな〜と感じます。
IMG_1411.JPG
イギリスでは犬がウエルカムの食事処が多く実際犬が居ることが多いのですが、ここで食事した時も隣のテーブルに犬を連れた方が座ってしまい。軽い毛のアレルギーがある私はげんなり。埃が舞うし…。
IMG_1412.JPG
私はハルーミバーガー(Halloumiはイギリスでよく見るチーズ(キプロス料理が欧米で一般化)で、ベジタリアンの救世主)を、夫はチキンバーガーを其々美味しく食べたのですが。パブなどで食事をするとチップス(アメリカで言うフレンチフライ。ポテトフライ)がカゴに入って来ることが多いのですが、私は手でつまんで食べていました。

ニューヨークでは皆そうやって食べてましたし、ロンドンでもそういう人が多かったと思うのですが。ストラトフォード-アポン-エイボンでは、ほぼ皆さんチップスを皿にあけてカゴはテーブルの上に置き。チップスもナイフとフォークで食べてました。
IMG_1413.JPG
イギリスではピザは手で食べないとは思っていたのですが(ニューヨークではカトラリーで食べたりしたら、気取りやがってと嫌われます)、ポテトフライも!と驚き。しかもフィッシュ&チップスの魚の方に掛けるとばかり思っていたお酢をチップスにかけている人が居て、そっちか!という驚きも。

やっぱりロンドンとは全然違って面白いですし、地方の方がイギリスらしさを感じられる気もします。値段設定はロンドンと変わらない感じでした(メインが£11〜15、サンデーローストは£15〜20位)。

THE WHITE SWAN
Rother Street Stratford-upon-Avon Warwickshire CV37 6NH
営業時間やメニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。

エイボン川沿いのバー『The Boat House』
IMG_1443.JPG
近くにある前述の地元の方のブログで勧められていた『The Bear』に行ったのですが、満席。帰りのバスまで時間を潰しつつ休憩する場所が必要で、斜め前にあったこのバーに聞いてみるとエイボン川を眺められる素敵な席に案内してもらえました。
IMG_1441.JPG
トイレを借りて、ドリンクを飲みつつ休憩しただけだったのですが。景色が抜群に良かったですし、店員さんもフレンドリーで居心地が良かったので有難かったです。
IMG_1442.JPG
The Boat House
Swans Nest Lane Stratford-upon-Avon Warwickshire CV37 7LS
営業時間やメニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 03:47| Comment(0) | UK旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする