2020年01月17日

ストラトフォード-アポン-エイボンでの宿『HOTEL DU VIN STRATFORD-UPON-AVON』

昨日からの雨が残っている場所もあるようですが、我々が住む場所では止んでいるように見える金曜日のロンドン。本日の予報は曇ったり、晴れたり、小雨が降ったりと変わりやすい天気というもの。ただ週末は好天に恵まれるようなので、今晩から気温が下がって明日の朝は冷え込むようです。ロンドンでは1℃になるようですし、私達が住む場所では氷点下に冷え込んで霜が降りるとのこと。霜で白くなるのは久し振りですね。

今週リージェンツ・パークを歩いていたら、キツツキが巣穴を彫っている音が響き渡っていました。街の真ん中でキツツキが聞こえるなんて、随分と贅沢です。イギリスの田舎を歩いてもつくづく思うのですが、林や沼地、小川や野原等を自然に近い形で残している場所が多くて、こういうところがイギリスの豊かさの象徴なんだな〜と感じます。先週ボランティアが終わって歩いていたら、目の前をすっとキツネが横切りましたし。イギリス人は懐古主義が過ぎて頑固だとか言われますが、そのお陰で自然が保護されているのかもしれません。

今日やっと目眩が治まって家から出られそうなのですが、まだ頭痛が酷く、喉も痛く、何より鼻水が止まらないのでプールで泳ぐのは止めておくことにしました(他の人に迷惑ですよね…)。でも3日間も家から一歩も出られずくさくさしていたので、散歩には出掛けたいと思います。
*****************
さて、今回はシェイクスピアの故郷ストラトフォード-アポン-エイボンで宿泊したホテルの備忘録です。
IMG_1346.JPG
イギリスの地方に泊まると宿泊費が高くて度々驚かされます。まぁ、この歳になると少しお金を掛けてでも居心地が良さそうで、利便性が高い場所で体を休めたいと感じますし。

我々が公共交通機関で移動するため、どうしても観光地や街の真ん中で駅からも近い場所に宿泊するのも理由の1つでしょう。加えてストラトフォード-アポン-エイボンに泊まったのはホリデーシーズンの真っ只中だったので、需要と供給の関係から普段よりも高額だったようです。
IMG_1358.JPG
イギリス域内の旅行では頼りにしている『Telegraph』の旅行ガイドですが、特に宿を選ぶ際には頼りにしています。宿泊サイトのレビューは桜も多いようですし、レビューしている人と好みが合うか不明です。その点エクスパートがレビューしている『Telegraph』は今までの経験から大体価値基準も似ているようだと信頼を置いているわけです。

今回の宿『HOTEL DU VIN STRATFORD-UPON-AVON』もテレグラフのホテルレビューで高得点を獲得していた為に検討しました。他のホテルも比較検討したのですが、もう少し安い宿は既に予約が一杯。同じ位の値段設定のホテルの中では居心地が良さそうだったので選びました。
IMG_1362.JPG
歴史が長い建物に入っているホテルも惹かれたのですが、今回は居心地の良さを優先。結果として温かく、設備も申し分なく、広くは無いものの適度な空間も確保されていた部屋で満足しました。ただバスタブはありません(イギリスでは一般的だと思います)。
IMG_1347.JPG
ワインをテーマにした高級ホテルチェーンだからか、アメニティーがロクシタンなのも贅沢な気分にさせてくれますし(ローションは携帯して重宝してます)。定番のビスケットもフランス風のガレットで美味しかったです。

お茶とコーヒーが部屋で淹れられるので、寒い外から帰ってから温まれて嬉しかったです。食事が美味しいらしいレストランが1階にありましたが、我々は利用しませんでした(レビューとは違い宿泊費に朝食は含まれていませんでした)。またバスの時間までロビーで時間を潰しながら、トイレを借りたり、携帯電話をチャージさせてもらったのもとても便利でした。
IMG_1344.JPG
町自体が小さいので町中に泊まれば何処に泊まっても大体困らないと思いますが、この宿も何処にでも徒歩で移動が可能で便利でした。バス停は町外れにあるので徒歩15分程掛かりましたが、1泊で荷物も小さかったので困りませんでした。電車の駅はもう少し近いようです(徒歩10分)。

ストラトフォード-アポン-エイボンは観光地なので、週末やホリデーシーズンはどうしても宿泊費が高めです。でも安い宿はエアコンが無かったり、トイレやシャワーが共同だったりすることが多いので、検討する際にはお気をつけください。

HOTEL DU VIN STRATFORD-UPON-AVON
7-8, Rother St, Stratford-upon-Avon CV37 6LU
ホテルのHPはこちら
posted by london-twosome at 15:46| Comment(0) | UK旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする