2020年02月02日

2020年1月のロンドン風景

朝から9℃もあって暖かく感じる日曜日のロンドン。本日の予報は曇り。午前中は降水確率が高いので、雨に注意です。最高気温は13℃。降水確率が高い時間帯が最高気温で、段々気温が下がってくるようですが。とは言っても10℃までしか下がらないので穏やかな気温になりそうです。現在スコットランドは−6℃だそうなので、全然違いますね。

今日は『ハリネズミの日』なのだそうです。気象変動や環境破壊についての報道が何らかの形でされない日が無いように感じるBBCですが、ハリネズミの生息数が激減していることも頻繁に取り上げられる話題です。草地が減っていることや、農業の影響、人々が庭の手入れを厭って庭を石やコンクリートで固めるケースが増えていること、そして車が増えてハリネズミが轢かれる事故が増えたこと等が原因だと考えられているそうです。ニュースでハリネズミを目にする機会が増えて、少し前までは裏庭とかで普通に目にすることができたと知り驚くとともに、数が激減していることを非常に悲しく感じます。小さくて、控えめで、大して役にも立たないような存在を大切にできない社会/世界って、何かが間違っているように感じてしまいます。

6カ国対抗ラグビー大会(The Six Nations Championship)が昨日から始まり、パブは張り切って自分のお店で観戦してもらおうと売り込んでいました。今日も盛り上がることでしょう。
*****************
さて、今回は2020年1月がもう終わったということで、先月のロンロンの風景をお届けします。
IMG_1481.JPG

IMG_1480.JPG

IMG_1479.JPG

IMG_1482.JPG
1月の始めはとても美しい夕焼けでした。

IMG_1478.JPG
フラムにある教会近くのアパート。昔は教会の施設だったのでしょう。こんな素敵な場所に住めるなんて羨ましいです。

IMG_1501 (2).JPG
この日は日中も青空が広がり、気持ち良い1日でした。

IMG_1500 (2).JPG

IMG_1525.JPG
曇りが多いロンドンですが、時々さっと雲が切れて晴れたりします。

IMG_1490.JPG
1月はあまり花が咲いておらず色に乏しい気がしますが、1月第2週には木々が花を付けていました。今年は特に暖かいからなのでしょうが。

IMG_1506.JPG

IMG_1504.JPG
1月の満月の前夜、月暈(白虹)が現れました。私のスマートフォンは古くカメラの性能も低いので虹の色は写っていませんが、見る角度によって虹が月をくるりと1周囲んでいたり、上に傘のようにかかっていたり。神秘的でした。いつかハワイでムーンボウを見たいという夢を思い出しました。

IMG_1563.JPG
連日女性に対する犯罪が暴かれるニュースが流れている為かこんなメッセージがロンドン中心部に。

a href="https://london-seikatsu.up.seesaa.net/image/IMG_1534.JPG" target="_blank">IMG_1534.JPG
満月数日後の朝。綺麗な月が青空に浮かんでいました。

IMG_1564.JPG
どこの夜景がすっかり忘れてしまいました…。イーストクロイドンかも?

IMG_1606.JPG
1月中旬の週末は冷え込み、珍しく池に氷が張りました。氷の上を鴨がスケートみたいによちよち滑っていて微笑ましかったです。

IMG_1607.JPG
フラムは閑静な住宅街で緑も多くリラックスできる町なのですが、ヒースロー空港が近いために真上を飛行機が通る騒音が絶えずするのが珠に傷。

IMG_1633.JPG
うって変わってイーストロンドンのスピタルフィールズ。ランチ時だったのでフードトラックが登場してました。

IMG_1632.JPG
ブリックレーンは工業萌する私にとってはいつ訪れても魅力的な通りです。ただ酔っぱらいが多いせいか道路は凄く汚いので、路上にも十分目を配りつつ、ストリートアートやお店のショーウィンドウ、建物をお楽しみください。

IMG_1631.JPG
posted by london-twosome at 16:11| Comment(0) | 公園・お散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする