2020年02月10日

キューガーデンの一面のクロッカス

引き続き荒れ模様の月曜日のロンドン。本日の予報は早朝は霙混じりの雨。午前7時までと午後1時〜3時の間は強風。1日中雨が降ったり止んだりするようなので、一時晴れても必ず傘を携行する必要があります。最高気温は9℃。寒い1日にもなりそうですので、風雨と寒さ対策をしてお出掛けください。

ロイヤルパークでは、昨日1日吹き荒れた強風や雨の影響が残り、安全が確認できるまで開園しない旨の注意を促しています。安全確認が終了し、落ちた枝等を取り除いてから順次開園するため、訪れる前に状況を確認するようにとのことです。公園を通り抜ける車道にも適用されるそうなので、公園を通り抜ける予定がある方は回り道をする必要が生じるかもしれません。状況はツイッター等のソーシャルメディアを使っても連絡されるそうですので、出掛ける前にご確認をお忘れなく。私も回り道をする前提で、いつもより早く家を出ようと思います。

今のところロンドン市内の地下鉄は問題なく運行しているようですが、オーバーグラウンドには悪天候の影響が残っているようです。オーバーグラウンドで移動するご予定の方は、チェックをお忘れなく。
*****************
さて、今回は王立植物園『キューガーデン』(Kew Gardens)に一面のクロッカスが咲いた話題です。
IMG_1903.JPG
キューガーデンは広い敷地を誇り、奥の樹木園の辺りの林床は自然な植生を保護しているので季節を感じられる散歩道にも事欠きません。3週間前からスノードロップが咲いていましたが、2020年2月第2週に訪れた際には、縦横無尽に走る歩道脇の芝生にクロッカスの花畑が出現していました。
IMG_1902.JPG
去年球根を植えるお手伝いをしていた際、昔キューガーデンで働いていたガーデナーさんが「キューでは毎年250,000個の水仙やクロッカスの球根を植えてたから、こんなんじゃ全然大変じゃないから!」と仰っていて驚愕し。2週間で数日手伝っただけで手首が腱鞘炎で痛かったのを思い出しながら、畏怖の念を持って美しい花畑を堪能してきました。
IMG_1900.JPG
写真で見るとバーっと一面に咲くクロッカスの花畑の迫力が伝わりませんが…(細やかな花ですから)。一見の価値あり!ですので、キューガーデンに足を運ぶ際には是非園内を散策して早春の訪れを感じられることをお勧めします。
IMG_1904.JPG

IMG_1905.JPG

IMG_1906.JPG
因みに2月第2週の時点では、まだスノードロップが咲いていて、水仙は少し開花している場所があったもののこれからという感じでした。
IMG_1901.JPG

IMG_1899.JPG

IMG_1886.JPG

IMG_1885.JPG

IMG_1897.JPG
色んな場所に散らばっているクロッカスの花畑。

IMG_1908.JPG

IMG_1907.JPG

IMG_1909.JPG
スノードロップは見頃。

IMG_1895.JPG
キューガーデンのエリザベスゲートを出た場所にある公園にもクロッカス。

IMG_1887.JPG
posted by london-twosome at 02:21| Comment(0) | ガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする