2020年03月09日

バースの町並み

真ん丸な月が美しい月曜日のロンドン。本日の予報は晴れのち曇り、夕方から雨。最高気温は11℃です。明日は最高気温が16℃まで上がるようで、数日寒さが和らぎそうです。

コビット19が原因で亡くなった方が3人となり、連日の報道も続いています。引き続き強調されているのは手洗いの大切さ。しかし昨日レストランでランチをしたら、殆どのお客さんが食べる前に手を洗いに行かないことが凄く気になりました。皆さん車で移動していて、菌に触れる機会が無いと思っているのかもしれませんが、レストランのドアの取っ手とかメニューとかは誰が触ったか分からないんだから、手を洗ってくれ〜と内心懇願していました。それなのに私達が近くに座るとあからさまに嫌そうな顔をされたりして、そんな事気にしてる暇があるなら手を洗に行ってくれ!と思ってしまいました。
*****************
さて、今回はバースへの日帰り旅行備忘録の最終回。バースの町並みをお裾分け致します。
IMG_2253.JPG
バースの主な産業の1つが観光業ということで、想像を遥かに上回る人混みでした。それでも普段は大挙して押し寄せていると思われる中国人観光客がほぼ皆無な状態だったのですから、通常であればもっと観光客が多いのだと想像します。
IMG_2229.JPG
実際、300もの宿泊施設が点在し、約100軒のレストランおよび同数のパブ/バーを要し。数社がホップオン・ホップオフバスを運行しているとのこと。流石、ユネスコによって世界遺産に登録されているだけのことはあります。
IMG_2228.JPG
街全体が同時代の同じ建築様式で統一されているように見え、美しい町並みなのにきちんと人々の生活の息吹が感じられるのが非常に素敵な街でした。イギリスの街を訪れると、ラフスリーパーと呼ばれているホームレスの方々や如何にも生活が苦しそうな人達を必ずといって良いほど見掛けて気落ちするのですが、バースはそれもありませんでした。
IMG_2224.JPG
美味しそうなカフェにティーショップ、コーヒーショップに、個人事業主が経営していそうな個性的なショップが並ぶ様も裕福そうでしたし。実際、購入したティーバッグやパン、食べたスコーンも美味しくて、食のレベルも高そうな印象を強く受けました。
IMG_2244.JPG
是非、次回は街に滞在して、美術館を見たり、史跡を巡ったりしつつ、食事を楽しんだり、ナショナルトラストが管理するハイキングコースを歩いたりしてみたいものです。
IMG_2236.JPG

IMG_2223.JPG
勾配がある町なので、建物の向こうに教会の尖塔が見えたりと風情がある景色です。

IMG_2246.JPG
橋の上に見えないパルトニー橋。カフェでクリームティーとかしたかったなぁ、と思いつつ時間が足りず断念。

IMG_2222.JPG

IMG_2245.JPG

IMG_2225.JPG
有名ではない建築も面白かったです。

IMG_2211.JPG

IMG_2219.JPG
ローマ浴場跡の周りは映画のセットみたいです。

IMG_2209.JPG
サリー・ランズの近くの路地。

IMG_2243.JPG
学都でもあるので、若者も多く活気が感じられました。

IMG_2221.JPG

IMG_2220.JPG
ジョージアン様式の建物が整然と並ぶ端正な町並み。

IMG_2241.JPG
チェーン店が並ぶ通りもこんな雰囲気。

IMG_2254.JPG
この写真を撮る少し前まで大粒の激しい雨が降っていたのに、5分後には抜けるような青空。イギリスの空模様はコロコロ変わります。パルトニー橋近くで一瞬虹も出ました。

IMG_2233.JPG
建築好きの方は特に楽しめる街だと思います。

IMG_2217.JPG
posted by london-twosome at 02:28| Comment(0) | 日帰り旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする