2020年03月12日

2020年3月第1週のフラムパレス

強風が続きそうな木曜日のダラム。冷え込んでもいて、現在の気温は3℃。最高気温も7℃で、風も相まって体感気温が低い1日となりそうです。今日は夕方の電車でロンドンへ帰る予定ですが、今度こそ電車が止まったり、キャンセルされたりせず、トイレが壊れているとか困った事になったりもしませんように。

アメリカが大陸ヨーロッパからの入国を30日間禁止する決定をしたことが大きなニュースになっています。現在のところイギリスは外されていますが、時間の問題かもしれません。今日の会議で対策を拡大する決定がされる可能性が高そうなので、イギリスでもコビット19の疑いがなくとも、少しでも体調が悪ければ7日間家から出ないよう国民に求めるとみられています。さらなる決定が出されるまでも、手洗いをしっかり続けるようにとのこと。栄養と休養をしっかり摂って、衛生に気を配って、元気に生活したいと思います。
*****************
さて、今回は2020年3月第1週のフラムパレス(Fulham Palace)の風景をお届けします。
IMG_2376.JPG
お隣にある教会を借景に、コミュニティー皆で花を咲かせよう!と去年の秋に植えられた球根が咲き始めました。

IMG_2370.JPG

IMG_2379.JPG

IMG_2369.JPG

IMG_2374.JPG

IMG_2372.JPG

IMG_2371.JPG

IMG_2375.JPG

IMG_2377.JPG
水仙ばかりが目立ちますが…

IMG_2373.JPG
ムスカリと思しき青い花も咲き始めているようでした。

IMG_2368.JPG
3月に入ったばかりとは思えないような春らしい風景です。

IMG_2384.JPG

IMG_2386.JPG
ウォールド・ガーデン入り口にあるモクレンも咲き始めていました。今年は何もかもが開花が早いですね。

IMG_2387.JPG
多分Quinceの花(西洋マルメロ?ボケ?)もウォールド・ガーデン内で咲いてました。

IMG_2381.JPG
育ちすぎた生け垣から切り落とした枝で作られたDead Hedge。

IMG_2380.JPG
自然に近い状態の草地を育成するために造られたのですが、切り落とした丸太を利用したプレイグラウンド近くにあるため、子供たちには新しい遊具が出現したように見えたようで。

IMG_2382.JPG
早速よじ登った跡がありました。それを阻止するためか太めの枝が置かれていましたが、効果はいかに?!

IMG_2367.JPG
posted by london-twosome at 23:45| Comment(0) | ガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年3月第2週のキューガーデン

今日も強風が吹いたり、青空が広がったと思ったら突如横殴りの雨が降ったりと、天気の移り変わりが激しいダラム。歳のせいか疲れやすくなっていて、朝から晩まで観光できないので、のんびりと休憩を挟みつつ行動し、夜は夕食だけというゆったり旅程。ホテルの部屋で紅茶を飲みつつ、ヌクヌクしています。そんなこんなで、ホテルは少し贅沢している今日この頃。若い頃のようにはいきませんね〜、色々。
*****************
さて、今回は2020年3月第2週の王立植物園『キューガーデン』(Kew Gardens)の風景をお届けします。
IMG_2401.JPG
近所の桜がチラホラと咲き始めたので、キューガーデンへと散歩に出掛けました。メンバーになると入場料が免除されるので、気軽に散歩に行くことができます(年会費は値上がりしましたが、カップルで入会すると一人頭年に3回訪れるとほぼ元が取れます。私達のように月に1回は訪れる人にとってはとってもお得です)。
IMG_2400.JPG
キューガーデンも春の兆しがそこかしこで楽しめました。
IMG_2411.JPG
少し前に王立園芸協会(The Royal Horticultural Society)がフェイスブックで『桜と梨とアーモンドと梅の違いが分かりますか?』というポストをしていて、前よりは区別がつくようになってきたものの、やっぱり分かりませんでした…。これは、チェリー?

IMG_2403.JPG
これは…梨?

IMG_2402.JPG
これも梨でしょうか?その場では全部わかったのですが、写真で見ると分かりません。

IMG_2397.JPG
満開の桜並木の下にズラーッとチューリップが並ぶ春の目玉となる一角。現在はScilla Siberica Blueが群生して綺麗です。

IMG_2399.JPG
読んでいる本の中に『Temperate Houseの中にあるミモザはとても良い香りがする』という記載があり、確かめたくて訪れたキューガーデン。個人的にミモザの香りには苦手意識が強く、興味を惹かれたんですよね…。でもいざ訪れると、花壇の真ん中に植わっていたので上から見て初めて存在を確認でき、花壇の縁に行っても遠すぎて香りまでは分かりませんでした。

IMG_2398.JPG
温室の中には近年特に問題とされている山火事についての展示も…色々考えさせられます。

IMG_2406.JPG
パームハウス(Palm House)前の花壇はいつ見ても見事です。

IMG_2404.JPG

IMG_2405.JPG
ナチュラルエリア(Natural Area)は水仙が見頃。

IMG_2408.JPG
キューガーデンの駅のプラットフォームにも美しい桜並木があって、春の楽しみです。

IMG_2396.JPG
posted by london-twosome at 17:26| Comment(0) | ガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする