2020年03月21日

ダラム大学植物園

青空が広がる土曜日のロンドン。本日の予報は晴れ。これから水曜日まで晴れの日が続くという、ロンドンにしては珍しい好天に恵まれそうです。ウィーンに住む友人が「12月から現在まで太陽が出たのなんて3日位だったのよ。なのに外出禁止令が出た途端、この3日間晴れてるの。嫌になっちゃう」と文句を言ってましたが、ヨーロッパ全体を高気圧が覆っているのでしょうか。最高気温は11℃。天気が良いだけでも嬉しいです。

刻一刻と事態が変わる今日この頃。コビット19に関する新しい研究結果や統計が発表されるのに呼応して、政府の打ち出す方針も日々更新されています。昨晩はとうとう全てのレストラン、カフェ、パブ、ジム、社交場(この定義がイマイチ分かっていませんが…髪を切ったりもできないのでしょうか?)のテイクアウト以外の営業を禁止する命令が下されました。現在のところ、閉鎖空間ではなく、一緒に住んでいない人との適度な距離を保てる外出(運動や散歩と食料等の調達のみ)は許されていますが。外に出て運動をすることが禁止される日が来るかもしれないことも示唆されています。

そんな中、ボランティア仲間の女性が無事元気な女の子を出産されたとメールで報告があり、皆で喜んでいます。コビット19の混乱が影響を及ぼすのでは?と内心ヒヤヒヤしていたので、心からほっとしました。久し振りの明るいニュースにバーチャルに皆で微笑み合っている感じが緊張を解してくれます。

顔を会わせることができなくとも社交まで諦めることはない!と、皆さん無料アプリを使って同じ料理をテイクアウトし、食べつつビデオチャットして、バーチャルにディナーデートをしたり。テレビ電話でつないだ状態でせーの!で映画を観て、バーチャルで同じ部屋で映画を観つつだべっている空間を作り出したり。工夫して外出禁止=孤独とならないようにする動きが広まっています。

かくいう私も、ウィーンの友人が発起人となり、ウィーンの彼女とロンドンの私、そしてサンディエゴに住む友人でバーチャルに集まって、ニューヨークで週に1回行っていたライティングデートをすることに決定。其々とは去年も会ったものの、3人で話すのは多分5年振り。コビット19がきっかけとなったのであれば、親しい人達との関係を見つめ直し、今あるものを大切にするという動きを生み出したという意味で、悪いことばかりじゃない…と思えるように積極的に動くべき時なんだな…とまた彼女たちから学びました。とっても楽しみです。
*****************
さて、今回はダラムの中心街から徒歩約20分のダラム大学内にある植物園『Durham University Botanic Garden』です。
IMG_2578.jpg
ダラム大学のキャンパスは、ダラムの中心街にも点在していますが(ダラム城も一部ですし)、メインキャンパスは約15分ほど歩いた場所にあります。キャンパスに入って、尚5分位歩くと大学が研究の一環として管理・運営している植物園が出てきます。
IMG_2578 (1).jpg
現在はダラム城を含む、ダラム大学の全ての施設がコビット19の影響で閉鎖されていますが。通常であれば、一般の大人の入園料は£4/人です。
IMG_2578 (2).jpg
チケットの支払いはカフェのレジにて行うので、偶然お昼時に訪れた為に随分待つ羽目に陥りました。ダラム大学の学生さんは無料で入園できるため、殆どの人はカウンターを素通りしているようでした。
IMG_2578 (3).jpg
園内はとても広く、野花が咲く野原や森林を巡る遊歩道まで歩くと3時間は掛かりそうでしたが。私達が訪れた3月は流石に水仙のような早春の花を除きほぼ花は咲いておらず。
IMG_2578 (4).jpg
加えて強風が吹き荒れる寒い日だったので、森林を歩くのは危険だと判断。植物園のみをざっと見物したので、正味1時間半で見終わりました。
IMG_2578 (5).jpg
以下、園内の様子をご覧ください。
IMG_2578 (6).jpg
カフェには素朴なメニューが並びます。陽気が良ければ外にも沢山席があるので、ピクニック気分を楽しめます。

IMG_2578 (7).jpg
子供たちが勉強に訪れる温室。中には…

IMG_2578 (8).jpg
サボテンのコレクションや…

IMG_2578 (9).jpg
温帯植物コレクションや(これはそこにあった池に何故かひしめくように泳いでいた鯉)…

IMG_2578 (11).jpg
熱帯植物のセクションがあり。

IMG_2578 (10).jpg
熱帯のセクションでは、ボタンを押すと雨が降るようになっていたりと、子供たちに興味を持ってもらえるよう工夫が見られました。

IMG_2578 (12).jpg
ポンドガーデン。連日降り続いた雨の後だったので、泥っぽい地面。

IMG_2578 (13).jpg

IMG_2578 (14).jpg
世界各地の樹木が見れる遊歩道もあります。北アメリカのセクションには懐かしい赤松なんかもありました。

IMG_2578 (15).jpg
アジアの樹木が植えられた丘にある竹林。

IMG_2578 (16).jpg
両脇にシャクナゲやツツジ、サツキが植えられた小道もあったので、シーズンには見応えがあるかも。

IMG_2578 (17).jpg
このゲートを出ると、野花が咲くメドウへと続いています。夏は散策し甲斐がありそうです。

IMG_2578 (18).jpg

IMG_2578 (19).jpg
要所、要所にアートも設置されています。

IMG_2578 (21).jpg
植物園の外に作られていたdead hedge。

IMG_2578 (20).jpg
私達は楽しみましたが、よっぽど植物に興味がある方でなければ、わざわざ旅行をしてまで見学しなくてもいいかもしれません。どちらか選ぶのであれば、ダラム大聖堂の宝物館とかの方に時間を割いた方が楽しめる方が多いかも?と想像します。

Durham University Botanic Garden
Durham University Hollingside Lane South Road Durham City DH1 3TN
開園時間や入園料等の詳細はHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 01:23| Comment(0) | ガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする