2020年03月25日

ダラム大学のオリエンタル博物館

雲一つない快晴の水曜日のロンドン。本日の予報は晴れ。最高気温は14℃ですが、今晩も冷え込むようですので、夜は温かくしてお休みください。

昨日書きそびれましたが、私達が住む区では一昨日の夜から全ての公園が閉鎖されました。週末に屋外なら良いでしょとばかりに多くの人が公園でたむろしていたので、人が集まることができる場所は閉鎖されることとなってしまいました。それを受けてナショナルトラストも駐車場を閉鎖。人々に地元に留まるよう呼びかけています。王立公園も全てのカフェやキオスクを閉鎖。近い将来、車両の通り抜けも禁止する方針を打ち出しています。

クラスメイトの多くが小さくとも庭があるようで、少しでも新鮮な空気と太陽に触れようと庭仕事に精を出しているようですが。週末同じことを考えた人達がガーデンセンターに殺到したようで「駐車場が一杯で入ることができなかった」と買い物を諦めていました。昨日からはガーデニング用品を購入するのであればオンラインに頼らねばならない状態になり、皆さん情報を交換していました。

一方ボランティア仲間の多くはアロットメントに行って作業をしても良いのかを気にしており。早速管理団体が『自分のアロットメント内に留まり、他の人達と接触を図らなければ』という条件付きで、アロットメントの利用を許可していました。但しアロットメントを訪れるのは、政府が許可している1日1回の運動の為の外出にカウントされるとのこと。

皆さんスーパーが1週間すっからかんだった期間を経験したせいか、尚の事自分で食料を育てることに興味が湧いているようで。牛乳パックを使ってベビーリーフ類をキッチンカウンターで育てる計画を立てたり、ベランダでトマト栽培に挑戦したり。家から出れないことやお子さんが学校に行けないことを利用して、普段できない食育に取り組まれているようです。
*****************
さて、今回はダラムの町から徒歩20分程の場所にあるダラム大学キャンパス内に併設された『オリエンタルミュージアム』(Oriental Museum)です。
IMG_2605.jpg
この博物館は全く行く予定ではなかったのですが、徒歩5分の場所にある同大学の植物園を訪れたら、中途半端に時間が余ってしまい。ダラム大聖堂の宝物館を観に行くには時間が足りないし、かといって電車までには時間が余り過ぎているし…となった時に時間潰し程度に訪れました。
IMG_2598.jpg
大学構内に忽然と現れる不思議な建物で、本格的なミュージアムというよりは子供たちにアジアの文化と親しんでもらうといった雰囲気に感じました。1時間半で一通り見ることができ、入場料は£1.5/大人とお手頃です。
IMG_2599.jpg
入り口にテーブルが数個置かれただけの簡単なカフェと小さなショップ、トイレがあります。また無料のロッカーもあり、バックパックは持ち込み禁止なのでロッカーに入れるように指示されました。
IMG_2602.jpg
ミュージアム内は温かかったので、コートなども入れられて便利でした。3月の平日、しかも強風が吹き荒れるコビット19の影響が出ていた頃だったので、他に数人見学者がいただけで館内はガラ空きでした。
IMG_2603.jpg
宿泊したホテルがダラムを訪れるにあたって送信してくれたガイドにお勧めの観光地としてリストされていたのですが、日本人が展示を見ても驚きや発見は少ないように感じます。わざわざ観光で訪れてまで見学することは無いかな?というのが個人的な感想です。

ただ美しい道具や品物が並んでいたり、特別展があったりするので、訪れて損はないと思います。

The Oriental Museum
Elvet Hill Rd, South Rd, Durham DH1 3TH
開館時間や特別展示の内容、料金等の詳細はHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 07:00| Comment(0) | UK旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする