2020年05月26日

ジャパン・ハウス ロンドンのオンラインイベント

快晴で朝から暖かい火曜日のロンドン。本日の予報は快晴後雲が少し出てくるというもの。最高気温は25℃まで上がるようなので、今日も公園が混みそうです。
IMG_3041.jpg
連休中は朝食を早めに済ませて直ぐ散歩を楽しみ。帰宅後、全ての衣服を洗濯しつつシャワーを浴び。午後は掃除を済ませたら、新聞に目を通したり、Hay Festivalを聞いたり、昼寝をしたりして、のんびり過ごせました。
IMG_3039.jpg
今日からは夫が仕事でTV会議をするので、リビング/ダイニング/キッチンに入れない時間が増えます。在宅で働いてくれると安心ですが、ベッドルームから出られない時間が増えるのがちょっと困りますね…。
*****************
さて、今回はロンドンで日本文化を発信している『ジャパン・ハウス ロンドン』(Japan House)のオンライン・イベントです。
IMG_3035.jpg
ケンジントンにある日本文化を発信しているジャパン・ハウスは、無料の展覧会を開催していたり、質の良い日本製品が展示・販売されていたり、和風カフェがあったりする素敵な空間。ですが、現在は勿論コビッド19の影響で全館閉館しています。
IMG_3032.jpg
先日クラスメイトからEメールが届きました。彼女の美しい庭の写真などを送ってくれつつご機嫌伺いをしてくれたのですが、その中で「金継ぎに興味があって漆を買ったんだけど、説明書きが全部日本語で解らないの。なんて書いてあるか、少しでも良いから教えてくれない?」と質問されました。
IMG_3031.jpg
彼女が添付してくれた画像を見ると、「新うるし」と呼ばれる合成塗料の説明書でした。取り急ぎ説明書を英訳して返信。
IMG_3030.jpg
すると彼女から「ありがとう!丁度ジャパン・ハウスで金継ぎのオンライン講座があるみたいだから、申し込んだよ」という返事がありました。確かにHPを見てみると、金継ぎの無料講座が紹介されていました。
IMG_3028.jpg
アメリカに居た際にも度々あったのですが、日本の文化や歴史について質問を受けて全然答えられないと非常に恥ずかしい気持ちになります。自分の生まれ育った国について知識が全然ないんですよね…。
IMG_3034.jpg
金継ぎは元々雑誌で記事を読んだりして素敵な文化だとは感じていたので、良い機会なのでウェビナーに申し込みました。蛇足ですが、ロックダウンの影響でWEBでZOOM等を使って開催されるセミナー=ウェビナー(webinar)という単語が一般名詞化しましたね。
IMG_3036.jpg
最初は「定員オーバーなので、ウェイティングリストに加えました。参加できる様になったらお知らせします」というメッセージが届いたのですが。セミナーの前日「ウェビナーに参加して頂けることになりました。リンクは以下の通りです」というお知らせが届き、無事参加できました。
IMG_3037.jpg
ウェビナーは約1時間で、大半の時間は実際に金継ぎを行うデモンストレーションでした。伝統的な金継ぎではなく、近代的な簡易版の金継ぎです。
IMG_3025.jpg
あまり歴史や、どの様に発展してきたか。現在はどんな風に受け継がれているのか等の一般情報が無いのが残念に感じましたが。実際に金継ぎにトライしたい方には、ぼんやりとした手順や大体の所要時間、背景哲学が把握できる内容でした。
IMG_3022.jpg
初歩の初歩、入門編という感じ。あまり質問に答えられていませんでしたし、使用する道具や材料の説明も大雑把だったので、何らかの形でフォローアップすると仰ってましたが、現時点ではHPにそれらしきセクションは見つけられませんでした。
IMG_3011.jpg
今後は漫画関連のウェビナーが企画されているようです。コビッド19で休館を余儀なくされる中でも、日本文化を発信しているジャパン・ハウスの取り組みを応援したい気持ちです。
posted by london-twosome at 14:32| Comment(0) | 行事・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする