2020年05月28日

ハマースミスのカフェ『COFX Coffee Caffeine Society』

青空が広がる木曜日のロンドン。本日の予報も晴れで、最高気温は22℃。引き続き晴れて暑い日が続いています。水が足りなくなりませんように…。好天が続いているので、昨日ベランダの掃除を始めたのですが、終わらず。今日も掃除を続けて、なんとか終わらせたいと思います。
IMG_3045.jpg
友人が叔父さんを亡くした上に、看護師の奥さんが救急勤務中に血を浴びてしまった患者さんがコビッド19にも感染していたことが後からわかり、先週はとても落ち込んでいました。悪いことって重なりがちですよね…。

アメリカの救急救命室では、運び込まれた時点でコビッド19のテストはするものの、結果が出るまで処置を待つことはできないので、今回のような事が起こるそう。それはそうですね。
IMG_3043.jpg
でも未だに医療用マスクやガウン、バイザーが足りていないので、支給された物を1週間使い続けているのだそうで。それは危険で、問題だと友人も憤っていました。

今日奥さんのテスト結果が出る筈なので、感染していないことを心から祈っています。アメリカのコビッド19の死者が10万人を超えてしまいましたね。
IMG_3042.jpg
1日も早く、状況が改善しますように。
*****************
さて、今回はロックダウンが解除されたら参考にしてくださいということで、ハマースミスにある小さなカフェ『COFX Coffee Caffeine Society』です。
IMG_1147.jpg
イングランドでは6月15日に店舗の営業を再開する方針が打ち出されました(スコットランド、ウェールズ、北アイルランドは別スケジュールで動いています)。パブ、レストラン、理容店、劇場等はまだ営業を開始できませんが、カフェは2Mのソーシャルディスタンスを保つことを条件として営業が許可される見通しです。
IMG_1145.jpg
ハマースミスにあるこのカフェは、ハマースミスとフラムを結ぶ幹線道路沿いにあります。しかし、店員さん達はとってもフレンドリーで、移民のオーナーが頑張って経営しているような気がする、親密な小さなカフェです。
IMG_1146.jpg
特にサードウェーブ・コーヒーにありがちな酸味が苦手な私達は、ヨーロッパの人たちが淹れてくれる苦味が効いたコーヒーが好み。その点このカフェのコーヒーは好みに(バッチリではないものの)合って、居心地の良さと相まって、ちょっと気分転換したい時に利用しています。
IMG_2703.jpg
菓子パンやケーキは選択肢は多くないものの、これまた近所の移民の方が手作りしているそうで、素朴でほっとする味がします。ちょっと薄暗くて、然程広くもない店内は、いつでもお客さんが居ます。
IMG_2689.jpg
一人でPCに向かう人や、グループや2人でお喋りを楽しむ人々。地元の人たちに愛されている、個人経営のカフェなのだと感じます。
IMG_2925.jpg
3ヶ月以上に及ぶロックダウンを、こういう小さなお店が乗り切って元気に戻って来てくれますように。

COFX Coffee Caffeine Society
220 Fulham Palace Road Fulham, London W6 9NT UK
あまり情報はありませんが、お店のHPはこちら
posted by london-twosome at 13:45| Comment(0) | カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする