2020年08月31日

2020年8月のオスタリー・パークの庭

バンクホリデーのロンドン。本日の予報は晴れたり、薄曇りになったり。最高気温は17℃。すっきりと晴れないようですが、風も強くなく、降水確率も低いので、温かい格好をすれば過ごしやすい1日になりそうです。
IMG_4011.jpg
今日は今年最後のバンクホリデーで、政府の外食業界救済策である『Eat Out to Help Out』の最終日でもあります。ランチに新しいお店を試そうと検索しましたが、全て予約で一杯。

この救済策は、非常に効果的だったようです。レストランによっては、自腹でキャンペーンを続けることを発表しています。
IMG_3978.jpg
9月に入って政府の補助が無くとも、人々が外食を続けるのかどうか。昨日ケンジントンを散歩したら、以前にも増して閉店している店舗が多くて気分が塞いだ一方。

ケンジントン・ガーデンズやハイストリートには人混みが戻っていて、活気が戻りつつある印象でした。Covid-19の第2波が抑えられるかどうかは、この6週間の対応にかかっているという新聞記事が出ていました。
IMG_3963.jpg
積極的に活動をしつつ、気は緩めないで対策を続けたいと思います。
*****************
さて、今回はヒースロー空港近くにある、ナショナルトラストが管理する邸宅&庭『オスタリー・パーク』(Osterley Park)を久し振りに訪れたので、庭の風景をお届けします。
IMG_3949.jpg
ナショナルトラストは、イギリスに点在する自然や歴史ある邸宅等を保護・管理しているNPO。このオスタリー・パークは通常であれば莫大な資産を有した銀行家が建てた豪奢な邸宅が見処の1つですが、現在はCovid-19の影響により庭と公園、トイレとテイクアウェイのみのカフェしか開いていません。
IMG_3934.jpg
また庭を訪れるにも、事前にWEBにて時間指定されたチケットを購入することが義務付けられています(メンバーは無料ですが、チケットの事前入手は必須)。加えて駐車場も開いているものの、時間指定されたチケットを持っていない人(無料の公園部分を利用する人)の利用は禁止していましたので、お気をつけください。
IMG_3927.jpg
私達が訪れたのは、まだ学校が始まる前。翌日のチケットを購入しようとサイトを訪れると週末分は全て完売。仕方なく翌週の週末のチケットを入手しました。
IMG_3945.jpg
入り口でしっかりチケットと会員証のチェックをされましたので、準備をお忘れなく。しかもチケットに記された入場時間は15分刻み。遅れないように注意が必要です。
IMG_3933.jpg
とは言え、一回入ってしまえば、こちらのもの。いくらでものんびりできますし、然程混んでもいませんでした。
IMG_3954.jpg

IMG_3924.jpg
カフェの入っている建物(歴史的には家畜小屋?)を過ぎるとフォーマルガーデンが現れます。

IMG_3948.jpg
温室のような建物は、換気のためにドアが全開になっていました。

IMG_3947.jpg
中には蘭等が展示されています。

IMG_3944.jpg
周りにはレモンの木。

IMG_3946.jpg
盛りは過ぎて、枯れた花が目立ちました。それも綺麗ですけれど。

IMG_3925.jpg

IMG_3929.jpg

IMG_3932.jpg

IMG_3935.jpg

IMG_3931.jpg

IMG_3930.jpg
ウォールド・ガーデンに入ると、ずらりと花が植えられてます。

IMG_3943.jpg
広いオーナメンタル・ベジタブルガーデン。

IMG_3939.jpg
前回訪れた際には4面全てに野菜や草花が植えられ、真ん中の通路にはアーチがあった記憶がりますが。

IMG_3938.jpg
今年はCovid-19の影響で、2面に野菜が植えられている少し寂しい様相でした。

IMG_3942.jpg

IMG_3940.jpg

IMG_3937.jpg
それでもビーツや豆が育っていました。

IMG_3936.jpg
通路には果樹が植えられていて、ぱっと見はカリン(?)がたわわに実っていましたが、よく見るとカビが生えていて食べられそうもありませんでした。今年はお手入れができなかったんですね、きっと。

IMG_3941.jpg
posted by london-twosome at 04:28| Comment(0) | ガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月30日

2020年8月第5週のフラムパレス

引き続き曇り空の日曜日のロンドン。本日の予報は、曇り時々晴れ。昨日と違い降水確率は低いので、雨の心配はなさそうです。最高気温は18℃。昨日は強風の影響か長袖にフリースでも寒く感じましたが、今日はどうでしょうか。風は強そうなので、温かな格好をした方が良さそうです。いずれにせよ、夏が終わった事には変わりなさそうです。
IMG_3877.jpg
ロックダウンが始まってから、計画が立てにくくなっていますよね。9月から始まる新学期も、オンラインではなくクラスメイトと学べるのか不安で、申し込みしなかった私のような人が多そうです。オンラインで学ぶなら、巷に溢れている無料の動画や、元々オンラインで学ぶ事を前提に設計された有料のオンラインコースで十分ですものねぇ。
IMG_3890.jpg
唐突に終わってしまって消化不良だったコースで一緒だったクラスメイト達も、結局9月からのコースに申し込んだのは2人だけ。あとの人達は1月から始まるコースに申し込むかどうかを、Covid-19の動向を見ながら判断すると言っています。
IMG_3882.jpg
月曜日は今年最後のバンクホリデーで3連休。それがあけたら全ての義務教育が学校に戻る予定になっていますが。大学も校舎での授業を再開する動きが加速しているようです。

学校は学業を学ぶだけの場では無いと思うので、30%近い若者が何らかの精神障害で苦しんでいると言われていることですし、基本動作をしっかりしつつ、学校を再開するのは必要なことだと感じます。セカンドウェーブが抑え込めますように。
*****************
さて、今回は2020年8月第5週のフラムパレス(Fulham Palace)の風景をお届けします。
IMG_3892.jpg

IMG_3894.jpg

IMG_3893.jpg
ウォールド・ガーデン内のノットガーデン(Knot garden)。

IMG_3861.jpg

IMG_3875.jpg
キッチン・ガーデン。

IMG_3863.jpg

IMG_3865.jpg

IMG_3864.jpg

IMG_3862.jpg
めっきり涼しくなり、かぼちゃ(Squash)が大きく実っています。

IMG_3866.jpg
この日は屋台で販売されていませんでしたが、ズッキーニ(courgette)も美味しそう。

IMG_3870.jpg
写真ではよく見えませんが、紫色の豆がぐんぐん育ち、屋台でも売られていました。

IMG_3889.jpg
反面、りんごは不作みたいです。

IMG_3891.jpg
今頃、りんごの花が咲いていました。はて?

IMG_3868.jpg

IMG_3874.jpg

IMG_3873.jpg

IMG_3871.jpg
キッチン・ガーデンには花も植えられていて、花束が売られる時もあります。

IMG_3878.jpg

IMG_3879.jpg

IMG_3872.jpg

IMG_3869.jpg
そこかしこに咲く元気なひまわり。

IMG_3880.jpg
歴史的にパレスに縁がある草花が植えられたボーダーには…

IMG_3887.jpg

IMG_3883.jpg

IMG_3886.jpg

IMG_3881.jpg

IMG_3888.jpg

IMG_3885.jpg
こんな花が咲いてました。

IMG_3859.jpg
posted by london-twosome at 00:38| Comment(0) | ガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月29日

2020年8月第4週のパトニー/フラム風景

重く雲が垂れ込めている土曜日のロンドン。本日の予報は曇り。ただ1日中降水確率が10%以上あるので、いつ雨がぱらついてもおかしくなさそうです。また午後8時以降は雨になりそうなので、夜お出かけの際には準備が必要そうです。最高気温は17℃。観測史上バンクホリデーの最低気温を記録するのでは?と言われているそうで、すっかり秋です。
IMG_3907.jpg
ボランティア仲間や職員さんと話していると、人によってCovid-19に対する警戒心がまちまちだな〜と感じます。人によっては今でも他人と喋るのは嫌そうですし。公共交通機関を利用したくないので、ボランティアに戻ってきていない方も半分位います。

一方で、ネイルサロンや美容院、マッサージからレストランまでガンガン出掛けている方も居ますし。お子さんが居ない方にとっては先週はホリデーを取る人が多い週だったようで、親御さんに会いに行ったり、ヨーロッパ各国に旅行に出掛けたりする方が多かったです。
IMG_3906.jpg
アメリカのご両親に会いに行ったポッドキャスターさんは「飛行機は両隣と前後に乗客が座らないように配置されていて、安心だったよ」と書いていたのに対し。フランスに住む歌手の方は、地中海に向かった飛行機の中で「別に文句言うわけじゃ無いけれど、こんな満席な飛行機の密封空間はOKで私達はソーシャルディスタンスを保ってもコンサートできないの?」と書かれていました(その後(先週?)フランスでは小規模であればライブできるようになった筈です)。
IMG_3908.jpg
接する人がどれだけ気をつけているかわからないので、ちょっと気を使いますね。
*****************
さて、今回は2020年8月第4週のパトニー/フラム風景をお届けします。
IMG_3817.jpg
この頃、曇天か雨の日が多いです。

IMG_3830.jpg
ビショップス・パークの緑をパトニーブリッジから眺める。

IMG_3829.jpg
パトニー・ブリッジに入る道路。ハマースミス・ブリッジが使えないからか、交通量が非常に多かったです。

IMG_3821.jpg

IMG_3822.jpg
パトニーのオーバーグラウンド駅前にあったオブジェ。空き店舗のショーウィンドウにも絵を書いたり、飾り付けをしたりして、寂れた雰囲気が出ないように気が配られていました。が、空き店舗が増えてますね…。

IMG_3820.jpg
パトニー・ブリッジからの風景。飽きません。

IMG_3816.jpg
テムズパスからの風景。

IMG_3818.jpg
ビショップス・パーク内のテムズパス。

IMG_3819.jpg
ビショップス・パークの薔薇園。まだ綺麗でしたが、随分数は減ってきました。

IMG_3832.jpg

IMG_3833.jpg
フラムの街角。

IMG_3831.jpg
posted by london-twosome at 14:45| Comment(0) | 公園・お散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする