2018年10月18日

フラムパレス横の温室カフェ『The Glasshouse Café』

晴れ時々曇りの予報の木曜日のロンドン。本日の最高気温は16℃まで上がるようなので、日中は少し過ごしやすくなりそうです。降水確率はとても低いので、久しぶりに折り畳み傘を置いて出掛けられそうです。アメリカの折り畳み傘って凄く重くて、肩が凝るんですよね…。

一昨日パディントンとヒースロー空港間の郊外電車やヒースローエクスプレス等が全て不通となり、多くの人が影響を受けたのですが。その原因がパディントン駅近くで行われた、新たに導入されるはずの車両の試験走行だったそう。その車両は電気とディーゼルエンジンの両方で動く車両で、電気に切り替える試験の為にパンタグラフを出したら、電線に上手く接触できず。電線を巻き込んだまま走行して、電線を引っ張って損傷してしまったのだそう。今日は少し遅延しているだけで、大きな問題はないとのこと。今日中心街に出掛けるので、問題が起きませんように…。
**************************************************************************
さて、今回はフラムパレスの入口直ぐにあるガーデンセンターに併設された温室カフェ『The Glasshouse Café』です。
2018-09-30 15.41.46.jpg
このカフェは偶々フラムパレスのカフェが混雑していて入れず、他に休憩できる場所はないか探して見つけました。結果としてこちらの方が明るい日差しが降り注ぐ、木の家具が配置された気持ち良い空間で、のんびりと美味しいコーヒータイムを楽しめて大正解。すっかり気に入ってしまったカフェです。
2018-09-30 15.25.28.jpg
私たちは週末の閉店間近に訪れデザートとコーヒーのみを楽しみましたが、ブランチメニューやサラダ、ホットサンドイッチなど軽食も一通り揃っていますので、晴れた週末のブランチなんか気持ちが良さそうで是非トライしたいです。店員さん達もフレンドリーで、リラックスした対応をしてくれます。
2018-09-30 15.25.48.jpg
私はロールケーキが大好きなので、アメリカではとんとお目にかからなかったのに、ロンドンでは見かけるのが嬉しくて堪らないので、このカフェでも迷わず選択。日本みたいに「スイスロール」という名前なのが興味深いです。
2018-09-30 15.27.46.jpg
夫はカウンターに並んでいたペイストリー類から、手作りのグラノーラバーを選択。スイスロールはとっても美味しくて大満足しました。
2018-09-30 15.25.09.jpg
ラテは個人的には好みではありませんでしたが、ちゃんと淹れてありました。ロンドンのラテって酸味が強い物が多いですね…。酸味が苦手な私としてはちと残念です。サードウェイブのコーヒーとか酸味が強い物が多いので、流行なのでしょうか?新鮮さに拘ると酸味が強くなるのでしょうか?

フラムパレスのウォールド・ガーデンを楽しんでからこのカフェで休憩、というのがお気に入りの散歩コースになりそうな予感がします。

The Glasshouse Café
Bishop's Avenue London SW6 6EE
営業時間やメニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 00:50| Comment(0) | カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください