2018年11月07日

V&Aの『フリーダ・カーロ:Making Her Self Up』

雨が降ったり止んだりの水曜日のロンドン。本日の予報は1日降ったり止んだりが続き、最高気温は14℃。太陽も出ないので少し寒くなるかもしれません。土曜日も雨になるようで、少し残念です。

連日イーストロンドンを中心に刺殺事件が起きています。今年だけで250人が刺殺されたそうで、対策を取るべきだと声が上がっているものの、実際に何をするべきかとなると意見が割れています。アメリカでも同じ問題が議論されていましたが、警察による職務質問をもっと行うべきかどうかが、メイ首相が予算を削減して警察組織を小さくしたことに対する是非と共に議論されています。この1週間で亡くなった6人は全て黒人の若者だったことが、議論のヒートアップを加速させているようにも見えます。

空き店舗が目立つロンドンンの繁華街。高い失業率や薬物の蔓延など問題が山積しているのは、殆どの先進国(と呼ばれる国)に共通ですね。アメリカでもそうでしたが、空き店舗をコミュニティーセンターにしたり、個人のアーティストや個人商店に安く貸し出すなど、多くの取り組みがされているそうです。私達の住む町でも、ショッピングモールの空き店舗を利用して、誰でも遊べる無料のピンポン台を設置してリクリエーションスペースにしています。若者の教育を自宅でもしっかりできるよう、両親が働きづめで家に居ないという状態を作らないようにする為に、最低賃金を見直したり、職の機会を増やしたり。若者が学校が終わってからやることがなくて街を徘徊して、ギャングに入ってしまったり、薬物に手を出したりしないよう、コミュニティーを立て直したり。やらなければならないことは分かっていても、その方法となると誰も判らないような状況なのでしょう。こういう問題こそ、各国が力と知恵を合わせて取り組めれば良いのでしょうけれど。
******************************************************************
さて、今回はヴィクトリア&アルバート博物館で2018年11月18日(日)まで開催されている『フリーダ・カーロ:Making Her Self Up』展の感想です。
2018-11-06 10.27.09.jpg
この展示はV&Aの近くにある短期アパートに滞在していたころから開催されていて、ずっと行きたいと思っていました。しかしV&Aのメンバー(年間£70らしい)でない人はチケットを購入しなければ見れない特別展で、9月の時点で既に会期終了までのチケットが全て完売していました。

では全く見る可能性はないのかというとそうではなく、毎日午前10時の開館と同時に当日券が数量限定で販売されます。でも何枚販売されるのか質問しても、「少量です」としか答えてくれず、イチかバチかで並ぶしかない状況。物件を探したり、引っ越しをしている時には朝一の用事も多かったのでそこまで手が回っていませんでした。
2018-11-06 16.27.57.jpg
しかし現在は応募したボランティアの合否待ち。ひたすら待つしかなくて暇ですし、やることが無くて家に居るのが大嫌いな私は早速鬱々としてきたので、この展覧会のチケット購入をトライしてみることにしました。

チケットの販売は午前10時からと書かれていますし、その通りなのですが、正面入り口のドアの前にチケット購入を希望する人が並ぶべき場所がロープで示されています。私は午前9時45分に到着したのですが、既に長蛇の列で内心焦りまくりました。
2018-11-06 10.30.13.jpg
後ろに並んだ女性に「チケット少量って書いてありましたけど、何枚販売されるかご存知ですか?」と聞いても、「私も昨日質問したんだけど、少量としか言ってくれないんだよねー」と不満顔。彼女はヨーロッパからの観光客の方みたいでした。

結局午前10時きっかりに扉が開き、そこからさらに約20分チケットカウンターの前で並んで、やっと当日の午前11時45分からのチケットを購入することができました。そんなに心配しなくとも、開館と同時位に並んでいればチケットは手に入るのかもしれません。時間は遅くなるのかもしれませんが。
2018-11-06 10.29.18.jpg
この展覧会は、メキシコの青の家(La Casa Azul)と呼ばれるフリーダさんが生涯のほぼ全てを過ごした家に、旦那様の遺言に基いて近年まで封鎖されていたものが、約束の期間が過ぎて開かれ。新たに書類や手紙・写真類、デッサンや絵画に加えて、フリーダさんのワードローブや化粧品、香水や大量の薬などが発見された為、それらの物品を展示する内容でした。

フリーダさんの身の回りの物がメキシコを出たのは今回が初とのことで、時間制限が掛かった展覧会にもかかわらず、会場内は多くの人で賑わっていました。会場は然程広くなかったですが、それでも(調子が悪かったので)早めに見て1時間半掛かりました。
2018-11-06 10.27.22.jpg
展示の約半分は写真とそれらを使った彼女の生涯の軌跡、後の半分は持ち物といった感じでしょうか。直筆の手紙や切り取られた写真。使っていた香水やマニュキュアの瓶や薬の数々。絵も数は少ないものの展示されていました。

学生時代の通学中に巻き込まれたバスの事故で損傷した背骨が体を支えられない為、長期間コルセットを着用せねばならなかったそうで。そのコルセットに彼女が絵を描いたものや、足を切断した後に使っていた義足なども展示されていました。流産した際に描かれた絵なども展示されていて、壮絶な人生を前にひしひしと痛みを感じる内容でした。
2018-11-06 10.28.09.jpg
最後の大きな展示室には、彼女の洋服が飾られています。それらを見ると、いかに彼女が背も低くて細く華奢な人だったかが感じられて、闘病生活の激しさに見ているだけで打ちのめされそうな気分になるのに、豊かなアートをこの小さな体から生み出していたという事の凄さが実感され驚嘆しました。

彼女が実際に着ていた服は、豪奢ではないもののよく手入れされていて、柄と柄・色と色を大胆に組み合わせているのにお洒落でした。コルセットや義足を隠すためにゆったりしたドレスや長いスカートに体の線を拾わないトップスを着用していたというのも初めて知った事実でしたが、それを知った上で眺めても、お洒落で彼女らしいと感じられる、芯の通ったコーディネートでした。
2018-11-06 10.29.03.jpg
見ごたえ十分の展覧会でした。もう少しで終わってしまいますので、ご興味がある方はお早めに。

展覧会を出た場所に、フリーダ・カーロさんにインスパイアされたアクセサリー&スカーフ等の小物やメキシコの雑貨、フリーダさんの作品のレプリカや絵葉書を売っているショップがありました。メキシコが大好きだったボランティア仲間が居たら凄く楽しんだだろうなーと思いながら展示を見ていたので、彼女たちに出すカードを購入して、早速メッセージを書きました。
2018-11-06 13.08.52.jpg
Frida Kahlo: Making Her Self Up
展覧会の詳細はこちら
posted by london-twosome at 03:36| Comment(0) | パブリックアート・アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください