2018年11月23日

気持ちだけロンドンで感謝祭

曇りの予報で午後には所により晴れの金曜日のロンドン。昨日は1日中曇って寒かったですが、今日は本当に少しは太陽が顔を覗かせるのでしょうか。最高気温は8℃。昨日よりは寒さが和らぐとBBCのお天気お兄さんは言っています。

昨日は注文していた収納小物が届き、箱を開いて、畳んでリサイクル収集場所まで持って行ったり、小物を組み立てたり、改めて収納をああでもない、こうでもないと考えたりしていました。このアパートに住み始めて2か月が経ちますが、船便の荷物が最近まで届かなかったこともありなかなか落ち着きません。クローゼット内の片付けまで辿り着けなかったので、今日も引き続き整理整頓に精を出します。

夫のイギリスの運転免許証も無事届きました。夫の申請書に記載漏れがあり返却されたのですが(私も見直すべきでした…)、直ぐに修正してスペシャルデリバリーで送り直したのに、なかなか届かないので冷や冷やしていたのでほっとしました。日本人担当者は数人しかいらっしゃらない上に、最初に修正を指示してくださった担当者に送り返すように指示されていたので、その方が休暇でも取られていたのでしょうか。何はともあれパスポート以外の身元を証明するIDが手に入って便利になります(VISAのような英国滞在査証はIDにはならないそうです)。今度は申請過程に提出した日本の運転免許証が無事手元に返ってくることを祈るばかり。最長半年掛かるそうなので、気長に待ちたいと思います。

アメリカでの支払い、アパートの敷金の返金、会社との清算がやっと完全に終了し、アメリカに残してあったお金をイギリスの銀行口座に送金する手続きを取ってもらいました。手続きしてからアメリカの銀行から送金をするまで数日かかり、現在はイギリスの銀行口座に振り込まれるのを待っている状態です。来週の頭には送金手続きが完了する筈なのですが、実際に口座残高に反映されるまでドキドキが続きます。全てが終わったら、銀行口座を閉めてアメリカでの手続きを終えることができるので、あと少し。今月は何故か給料が振り込まれず、1週間ほど待って夫が問い合わせをして、やっと給料を受け取ることができてほっとしたばかり。アメリカから貯金が来れば、毎月冷や冷やしなくて済むようになるのでそういう意味でも心労が減ります。全て上手くいきますように。
*************************************************************************
さて、今回は11月の第4木曜日にアメリカとカナダで祝われる感謝祭(Thanksgiving Day)を気分だけロンドンで味わった徒然です。
2018-11-22 19.24.58.jpg
アメリカ&カナダ人が沢山住んでいるためか、たった6時間程のフライトで着くので連休で訪れている観光客が多いせいか、ロンドンでも感謝祭のことをよく耳にします。観光局が運営している『Visit London』にも感謝祭を祝うにはどうしたら良いか特集しているページがありますし。

フリーペーパーの『Time Out』や『The Evening Standard』でも、サンクスギビングディナーやデザートについて言及していました。アメリカに住んでいた時は、別に特別な思い入れがあった訳ではないのでイギリスに来てまで何かやろうなんて全然思っていなかったわけですが、こうやって読んでしまうと何もしないのも寂しく感じ始めました。
2018-11-22 19.27.29.jpg
でも元々七面鳥はあまり好きではないですし、ニューヨークに住んでいた時とは違い感謝祭は平日で夫は仕事をしています。アメリカンレストランではサンクスギビングディナーを提供していて、割と多くのレストランがあったのですが、そこまでするのもなーという感じでした。

そんな時『ロンドンでもパンプキンパイを食べられる場所』という特集を目にして、デザートを買って食べるくらいして良いのかもと思い。調べてみると、結構手に入りやすいことが分かりました。アメリカ人はこの時期パンプキンパイを食べれないと寂しく感じるんですね…よく解ります。
2018-11-22 19.33.23.jpg
パンプキンパイとかパンプキンマフィンとかパンプキンケーキとかって、格別美味しくないんですよね。なのにあると思わず選んでしまいます。頼んでから私ってパンプキン好きなのかな?と首をひねり、食べてからやっぱり格別美味しくないんだよなーと思うのが常。でも多分大好きなんですよね。絶対といっていい程選んでしまいます。

そんなこんなで、すっかりパンプキンパイを食べるぞ!モードに突入し、パンプキンパイを購入できる場所を調べました。その特集を読むまでロンドン(イギリス全般に言えるのかも?)にパンプキンを使ったスイーツが無いこと自体に気付いていませんでしたが、確かにそういわれると見掛けないかもしれません。
2018-10-26 09.38.41.jpg
記事を読んだり、ネットで検索すると、サンクスギビングディナーを提供しているレストランは多数見つかりますが、パンプキンパイをテイクアウトできるお店は限られてきます。フォートナム&メイソンで小さな1人サイズのパンプキンパイを売っているとか。Konditor & Cookというロンドンベースのベーカリーでスパイスの効いた美味しいパンプキンパイが食べれるとか。ホールフーズマーケットでこれぞアメリカ!というパンプキンパイが売られているとか。どれも魅力的で迷いました。

でもどうせなら散歩がてら片道でも歩いて行ける場所が良いのと、ホールではなく1人用の小さなパイが良かったのでハミングバード・ベーカリー(The Hummingbird Bakery)で購入することに決定。ハミングバード・ベーカリーは、2004年にアメリカのベーカリーの味をロンドンに紹介するべくポートベロ通りにオープン。以降人気を博して、現在では6店舗を展開しているとのこと。
2018-11-07 16.00.33.jpg
まだ短期アパートに住んで住居を探していた時、サウスケンジングトンの店舗で一休みしたことがあり馴染みがあるお店でもありました。その時はやっぱりカップケーキは甘すぎると思ったものの、店員さん達がとってもフレンドリーで感じが良かったので好印象が残っていました。

ポートベロの元祖の店舗前もBooks for Cooksに行った際に前を通っています。どこも歩いて行ける距離なのですが、どうせなら行ったことが無い店舗を試したいのと、ポートベロ周辺はちょっと苦手意識があるので(ごちゃごちゃしていて人が多いので)、今回はリッチモンドに行きました。
2018-11-07 15.59.45.jpg
午後1時前に訪れたので、店舗はがら空き。お陰でこちらでもやっぱりフレンドリーで丁寧な店員さん達に説明を受けながら、気持ちよく買い物ができました。

七面鳥とも豪華な特別メニューとも縁のない、ごく普通の夕食の後、パンプキンパイを半分に切って2人で堪能しました。クラストが柔らかくてカリッと香ばしいのが好きな私は好みではなかったものの、フィリングがアメリカのパンプキンパイよりも格段に甘さが控えめにしてあって、そのお陰でパンプキンの風味がして、香辛料がちょっと控えめの優しい味わいで、「アメリカのより美味しい」と二人で顔を見合わせてしまいました。
2018-10-27 13.16.49.jpg
好きじゃないと分かっているのに見た目の可愛さに惑わされて購入したカップケーキは、やっぱり甘さがきつすぎましたが、カップケーキの中では美味しいと感じました。上にクリームがのっている方が、アイシングが嫌いな私としては美味しく食べられました。とは言え、やっぱり見た目が季節感・イベント感があると気分が上がるものです。

アメリカの友達が感謝の念を述べたり、ネイティブアメリカンの人々に思いを馳せることを呼び掛けたりするポストを読みつつ、今年も1年無事に終わりそうなことや色々な人達の助け、そして何より夫が元気でいてくれることに感謝した1日でした。

The Hummingbird Bakery Richmond, Surrey
3 The Quadrant, Richmond, TW9 1BP, United Kingdom
営業時間やメニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 16:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください