2018年11月26日

ウィンター・ワンダーランド

曇りの予報の月曜日のロンドン。今日は1日雨は降らない予報ですが、最高気温が7℃で肌寒い1日になりそうです。とは言え、最低気温が午後10時頃まで6℃から下がらないのは、少し暖かいかも?明日は冷たい雨が降る上に、風が強いので寒く感じそうです。

相変わらずブレグジットが議論されています。フリーペーパーを読んでいたら、「妻がブレグジットのニュースを見ながら「難しすぎる!」と言ってTVを消した後、電気自動車のエンジンの回転効率を上げる方法についての卒業論文を書いていた」という冗談が載っていて笑ってしまいました。イギリス人は本当にブラックジョークが好きそうです。

今朝のBBCニュースで「最近の子供はクリスマスプレゼントとして物ではなくチケットやWEB等で使えるデポジットやポイント等を頼むらしい」という事を話題にしていました。クリスマスツリーの根元にプレゼントを並べてクリスマスの朝に皆でラッピングペーパーを破ってプレゼントを開けるトラディションが無くなりつつあるとか。司会者の2人は「そんなの寂しい!やっぱりラッピングペーパーを自分で破ってプレゼントを見るのは特別な体験でしょ⁈」と時代の移り変わりを嘆いていました。
*************************************************************************
さて、今回はハイドパークで2018年11月22日~2019年1月6日まで開いている冬季限定アミューズメントパーク『ウィンター・ワンダーランド』(Winter Wonderland)です。
2018-11-24 16.44.22.jpg
ウィンター・ワンダーランドは、ロンドンの中心地にあるロイヤルパーク『ハイドパーク』で冬季限定で出現するアミューズメントパーク。遊園地とドイツ風ビアガーデン、ミレナリオ風の光のオブジェとクリスマスマーケットが合わさったような巨大な空間です。
2018-11-24 16.47.20.jpg
入場は無料。飲食する時と乗り物に乗る時にはお金を払わねばなりませんが、事前にチケットを購入する必要もなく、荷物検査さえ受ければ誰でもお金を払わずに入場できます。
2018-11-24 17.27.15.jpg
光あふれるアトラクションとイルミネーションが売りなので、午後4時半頃到着。サウスケンジングトンの方からハイドパークを遠めに見るだけで、光り輝く遊具が見えるので、方角がすぐわかります。
2018-11-24 17.02.10.jpg
オンラインで事前に遊具のチケットを購入してある人は優先レーンで並ばずに入場できますが、その他の人は荷物チェックを受ける列で辛抱強く待つ必要があります。爆弾の持ち込みを防止するため、一切の飲み物の持ち込みは禁止されているのでご注意ください(赤ちゃんのミルクとかはどうするのかはよく解りません。液体をどうしても持ち込まねばならない方は、事前にチェックを)。
2018-11-24 17.25.29.jpg
午後4時半頃であれば、優先レーンからの入場をチケットを持っていない人にも認めて列を早く流すように努力していました。約10分くらいで入場できましたが、一通り冷かして午後6時半頃出るころには凄い列になっていましたので、待つのが嫌いな方は早めに訪れることを心掛けた方がいいかもしれません。平日も週末よりは空いているのかもしれませんね。
2018-11-24 16.48.21.jpg
途轍もなく広いので歩きやすい靴で訪れることもお忘れなく。そして観光客が多いのか何なのか、普段はロンドンの街中で感じる譲り合いの精神が微塵もありません。ガンガンぶつかってきますし、道も絶対に譲ってくれませんので、ベビーカーとかで訪れるのには注意が必要かも…流石にそういう場合は気を付けてくれるとは思いますが。
2018-11-24 16.49.07.jpg
パーク内にはドイツ風ビアガーデンがあり、屋外にテーブルが沢山並べられてビール、ホットワイン、ホットドックなんかを楽しめるようになっています。近くに本物の焚火があったり、半屋内になっているティーピーのような建物があったりと、寒さ・雨対策が取られている場所もあります。
2018-11-24 16.50.32.jpg
ビアガーデンと言っても、チュロスやドーナツなども売られているので、勿論お子さんも楽しめそうでした。またドイツ風ビアガーデン以外の場所にも、ストリートフード・マーケットがあったり、スイーツ・マーケットがあったり、至る所にホットワインやクレープ、チョコレートフォンデュやチュロスの屋台があったりして、小腹を満たしたり休んだりすることが可能。
2018-11-24 16.54.36.jpg
トイレは分かりやすく表示されていて、然程混んでいない様子でした。簡易トイレの割には清潔に保たれていたとは利用した夫談。
2018-11-24 16.55.52.jpg
アミューズメントパークには、ジェットコースター・フリーフォール・空中ブランコ・観覧車などのメジャーな遊具が揃っている他、お化け屋敷やジャングルクルーズのようなものまで一通り揃っています。私達は全然乗りませんでしたが、見ているだけでも楽しくなるようなライティングと外観。
2018-11-24 17.17.52.jpg
ホリデーマーケットもあり、全然ショッピングはしなかったものの、各店舗が可愛らしいホリデーっぽい光るオブジェとミニツリーで飾られていて、ホリデー気分が高まる造り。ニューヨークのホリデーマーケットよりも凝ったマーケットでした。
2018-11-24 17.22.33.jpg
大木の幹から大きな木彫りの熊を彫り出すパフォーマンスをしているアーティストがいたり、鍛冶屋さんが目の前で鋼を鍛錬して馬の蹄を作る過程を見せていたりと、お金を使わずともお子さんを楽しませることができそうでもありました。
2018-11-24 16.49.35.jpg
アイススケートができるリンクやリンクの周りに氷の彫像が展示されているエリアもあったはずなのですが、あまりの人の多さに疲れてしまい途中で退散。結局楽しみにしていたホットワインも飲み損ね(何故か他のお店は割と空いていたのに、ホットワイン屋さんは星の数ほどあったにもかかわらず何処も混んでいたので断念)、一銭も使わずに出てきました。
2018-11-24 16.59.10.jpg
とは言え、ライトを見てクリスマス気分を味わえただけもで満足。来年も足を運ぶかと言えば微妙ですが、1回は見るべきだったとは思いました。10年以上続いているイベントだというのも納得の、大人から子供まで楽しめるアミューズメントパークだと思いました。
2018-11-24 16.50.41.jpg
ドイツ風ビアガーデン。一番混んでいたエリアな気がします。

2018-11-24 16.51.13.jpg
射的とか…

2018-11-24 16.52.20.jpg
屋台とかが並び…

2018-11-24 16.52.29.jpg
焚火が燃えます。

2018-11-24 16.53.08.jpg

2018-11-24 16.53.20.jpg

2018-11-24 17.05.40.jpg
ジェットコースター。

2018-11-24 16.56.26.jpg
どこもかしこもピッカピカ。

2018-11-24 17.01.57.jpg
寒い中食事することを厭わなければ、テーブルが色んな場所に用意されています。

2018-11-24 17.02.58.jpg
このお化け屋敷はちょっと入ってみたかった気も。

2018-11-24 17.03.01.jpg
屋台が並びます。

2018-11-24 17.05.01.jpg
中華の屋台は見た目も中国風。

2018-11-24 17.12.27.jpg

2018-11-24 17.16.26.jpg
マーケットの屋台は1つずつ違うデコレーションが屋根にあしらわれてホリデー気分を盛り上げます。

2018-11-24 17.26.56.jpg
営業時間、アトラクションの詳細、チケットの購入等はHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 04:57| Comment(0) | 行事・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください