2018年12月01日

コヴェント・ガーデンのクリスマス

雨の土曜日のロンドン。でも雨は午後には止むようですので、午前中我慢すれば午後は出掛けられそうです。最高気温は13℃。今日も寒さは厳しくなさそうです。

今朝は元アメリカ大統領のブッシュ(パパの方です)がこの世を去ったニュースが大きく報じられています。時代が変わっていきますね…。
*************************************************************************
さて、今回はクリスマスツリーが飾られてホリデーのイルミネーションが灯ったコヴェント・ガーデン(Covent Garden)の様子をお届けします。
2018-11-29 16.16.47.jpg
コヴェント・ガーデンは、ロンドンの中心地にある商業施設。中にはレストランや有名店が入っており、大道芸を披露するパフォーマーも多い賑やかな場所です。
2018-11-29 16.20.23.jpg
また花篭のような飾り付けが季節に合わせて変わるので、街中にありながら季節を感じられる場所でもあります。今の季節はクリスマスのイルミネーションがとても綺麗。
2018-11-29 16.17.58.jpg
今週ロンドンの街中を散歩していて思ったのですが、ニューヨークに比べてロンドンのイルミネーションは広範囲で上品。商業主義っぽい臭いが希薄で、ニューヨークに比べて集中していないので一挙に見難くはあるものの、静かである意味こちらの方がクリスマスっぽいのかもと感じさせるのですが。
2018-11-29 16.17.47.jpg
大きなツリーがニューヨークに比べて少なくないですか?私が見つけられていないのか、トラファルガー広場みたいに12月に入ってから飾り付ける所が多いのか。なんとなくツリーの存在が薄い気がして、そこは少し寂しく感じていました。
2018-11-29 16.19.22.jpg
しかしコヴェント・ガーデンには、巨大なツリーがあります。フリーペーパーによると2本の大木をつなぎ合わせたような形で、かなり枝を足して豪華さを出しているのだそうで、実際見事な形をしています。
2018-11-29 16.18.27.jpg
紅白のみのライトとオーナメントで、ツリートップが見えないのがもどかしく思いました。ちょっと離れて上手い角度で見れば、トップに星とかが輝いているのでしょうか?
2018-11-29 16.21.19.jpg
通路には、木の葉と実に見立てた飾りがキラキラと飾り付けてあって眩いほど。真ん中の通路には常緑樹のような飾りにクラシカルな白い電飾をあしらってあって、上品で良かったです。
2018-11-29 16.23.54.jpg
私が訪れた際には、偶々地下のカフェの辺りでオペラ歌手と思われる方がオペラを熱唱していて無料でコンサートを楽しんだ気分。マイクも無しに、マーケットに響き渡る声量は流石でした。
2018-11-29 16.19.42.jpg
小さなクリスマスマーケットもあり、私の興味を惹く屋台はなかったものの、イギリス土産を売るお店とかがありました。
2018-11-29 16.17.12.jpg
黒山の人だかりではありますが、クリスマスライトの多くある地域からも徒歩圏内ですので、立派なツリーを見るためにだけでもついでに足を運ぶ価値大ではないでしょうか。
2018-11-29 16.17.27.jpg
Covent Garden
ショップリストやイベント情報等はHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 05:13| Comment(0) | 行事・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください