2018年12月02日

ロンドンのクリスマスライト

どんよりと曇っている日曜日のロンドン。本日の予報は晴れ所により曇り。現在は本当かな?と疑わしく思うほど曇っていますが、昨日小雨が降ったり止んだりだった1日と比べれば、雨が降っていないだけ有難いことは確かです。最高気温は14℃。最低気温も13℃なので、1日寒くもならず暖かくもならないといった感じになりそうです。

友達カップルが40歳の誕生日を祝ってフランス領ポリネシアに旅行しています。毎朝フェイスブックを開くと薄い青の海や空が広がっていて、ビーチで過ごすのが然程好きではない私もなんとなく羨ましく思うほどきれいな海に癒されています。一方ウィーンでは雪が降ったらしく、友人が嘆きのポストをしていました。世界は広いです。
*************************************************************************
さて、今回はロンドンの通りを彩るクリスマスライト(Christmas lights)のご紹介です。
2018-11-29 16.38.06.jpg
今回街を1時間程散歩しましたが、地図を持参したわけではなく、レスタースクエアのクリスマスマーケットを見てから綺麗なライトに誘われるまま歩いていたら、期せずして有名なクリスマスライトは大体見れたようです。
2018-11-29 16.54.04.jpg
ロンドンではクリスマス前後に飾られるイルミネーションを『クリスマスライト』と呼んでいます。アメリカの『ホリデーライト』に慣れた私には新鮮に感じられます。
2018-11-29 17.03.49.jpg
ポリティカリーコレクトと言っても、クリスマスライトはクリスマスライトなんじゃ?と思ったりもするので(ハヌカーにはライトで町を飾る習慣はないと思います)、別にクリスマスライトと言われても、疎外感は感じないけど…と思ったり。とは言え、それは私が無宗教で、雑多な宗教や他国の風習を違和感なく取り入れる日本という国で育ったから持っている感覚かもしれませんが。
2018-11-29 17.36.42.jpg
通りの名前は分かりませんが、レスタースクエアに抜ける道。

2018-11-29 16.52.14.jpg

2018-11-29 16.53.04.jpg
ピカデリーサーカスの駅を出た交差点は、イルミネーションが並ぶ道を一望できて贅沢な眺め。その代わり人混みも一番集中していました。

2018-11-29 16.56.24.jpg

2018-11-29 17.13.38.jpg
リージェント・ストリート沿いの天使のイルミネーション。

2018-11-29 17.03.18.jpg

2018-11-29 16.59.04.jpg

2018-11-29 17.02.01.jpg

2018-11-29 17.05.28.jpg

2018-11-29 17.03.39.jpg

2018-11-29 17.04.51.jpg
エッジーな町らしく、宗教色を感じないライティングです。

2018-11-29 17.13.56.jpg

2018-11-29 17.27.30.jpg
まだロンドンの街に明るくないので、通りの名前がわかりません。各通りが趣向を凝らしたイルミネーションを飾っています。

2018-11-29 17.28.23.jpg

2018-11-29 17.17.53.jpg

2018-11-29 17.17.24.jpg

2018-11-29 17.28.39.jpg

2018-11-29 17.34.49.jpg
ピカデリー通りの天使のイルミネーション。

2018-11-29 17.31.22.jpg
ニューヨークと違い、ロンドンではホリデーウィンドーを大々的にお披露目するというような文化はないようです。寂しいような、商業主義の臭いがしなくて好ましいような。そんな中、ピカデリー通りにあるフォートナム&メイソンのショーウィンドウはホリデー仕様でとても綺麗でした。

2018-11-29 17.29.17.jpg

2018-11-29 17.29.38.jpg
ロンドンにはそこかしこにあるアーケードの商店街。各ホール毎趣向を凝らしたイルミネーションを施していて、各マーケットを巡るのも楽しそうです。

2018-11-29 18.05.44.jpg

2018-11-29 18.05.48.jpg
posted by london-twosome at 17:09| Comment(0) | 行事・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください