2018年12月08日

フラムパレスの無人販売

快晴の土曜日のロンドン。今日は午後3時前後に弱い雨が降るようですが、それ以外は晴れ時々曇り。昨日の土砂降りから一転、割と良い天気に恵まれそうで嬉しいです。昨日は閉店が早いベーカリーにパンを買いに出掛けてえらい目に遭いました。あまりの風雨にすれ違う人と目が合って、お互い苦笑い。ロンドンも割合傘を差さない人が多いのですが、昨日の雨で傘を差さないなんてずぶ濡れになったことでしょう。バスや電車の座席が時々濡れているのはそういう訳なんですね、きっと。

ロンドンにもサンタのコスチュームを着た人が町を練り歩くサンタ・コンがあるようで、本日2つのルートでサンタたちが町を闊歩しながらプレゼントを配るとか?(ホリデー気分をばらまくという意味でしょうか)。サンタ・コンに参加するにはサンタのコスチュームを着ることがマストで、参加費を支払う必要があるとのこと。参加費はチャリティーに寄付されるそうです。ちゃんと意義があるんですね。

今週末からクリスマス関連の行事が目白押し。クリスマスコンサートや映画の鑑賞会、ウォーキングツアーやクリスマスキャロルの歴史を学べるディナーなど、選り取り見取りです。1回はキャンドルライトの下、教会でクラシカル音楽を聴けるコンサートに足を運びたいと思っていますが、昨晩夫は弁護士さんと食事をして帰宅が遅かったですし、私は昨日の雨のせいか頭痛がするので、今日の所は大人しく散歩でもしたいと思います。

先日バスに乗ったら、通路を挟んで隣に座った女性がよっぽどお腹が空いていたらしく凄い勢いでピスタチオを貪り食い始め。殻をペッと床に吐き出すし、塩や油で汚れた手を座席に擦り付けて拭くし、もうやめてーという感じでした。後ろに座っていた男性も呆然と女性を見ていて、こういうマナーが悪い人がいるからバスにはごみが多いんだなーと思った次第です。ただでさえ赤字で困っているみたいなのだから、掃除の手間暇を減らした方が絶対に良いのに…。自分勝手な人って案外多いんですよね。先日TVが「このクリスマスはお金を寄付するのはもちろんのこと、ボランティアとして時間も寄付しよう」と呼び掛けていました。全員が少しだけいつもより公共の為に何かするだけもで、気持ちよく過ごせそうなんですけどねぇ。
*************************************************************************
さて、今回はロンドンの西にある町フラム(Fulham)のテムズ川沿いにある歴史ある司教館があった場所を利用したパブリックスペースである『Fulham Palace』にある野菜の無人販売所についてです。
2018-12-05 11.47.42.jpg
以前フラムパレスの壁に囲まれた庭については書きましたが、その際に少しだけ触れたキッチンガーデンで育てられた野菜や花を販売する無人販売所。実はあれから気になっており、ファーマーズマーケットに行きそびれた際には足を運ぼうと考えていました。
2018-12-05 11.47.17.jpg
先週末、日帰り旅行をしたのでファーマーズマーケットに行きそびれた今週やっと足を運んでみました。以前訪れた際には雨天ではなかったので、外に無人販売のカートが置かれていましたが。
2018-12-05 11.51.03.jpg
今週訪れた際には雨だったので、ウォールド・ガーデン内にある温室のような建物の中に無人販売所が設けられていました。入口には鉢に入った植物が置かれていて、其々値段が書かれて販売されていました。
2018-12-05 18.35.32.jpg
鉢は簡易なビニールの物で、庭に植えるか、植え替えることを前提の販売。植物も苗を分けたといった感じで、そのまま飾れるような感じではありませんでした。
2018-12-05 18.35.35.jpg
今週の野菜は冬という事もあり種類は少なく、ジャガイモ、グリーントマト、スパゲティー・スクワッシュを購入。ラベンダーを乾燥させて作ったサシェもあったので、2個購入して枕に入れて香りを楽しんでいます。鼻が詰まり気味な夫は気づいていないようですが、私は仄かに香るのが丁度良くて気に入っています。
2018-12-05 18.35.49.jpg
購入した野菜は、早速ジャガイモとスクワッシュのサラダとグリーントマトのリゾット風にして夕食に登場させました。スクワッシュはあと半分残っているので、パスタ代わりにトマトソースのミートボールパスタ風にして食べる予定です。

Fulham Palace
ウォールド・ガーデンの開園時間等の詳細はHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 01:57| Comment(0) | 公園・お散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください