2019年01月01日

明けましておめでとうございます2019

明けましておめでとうございます。世界中がお正月を迎えたようですね。
2019-01-01 00.05.03.jpg
ロンドンは穏やかなお正月です。少しだけ青空が見えますし、1日このまま雨が降らずに済みそう。午後には雲が切れてくるようですし、少し寒いものの散歩するのに良い気候になるとのこと。BBCのお天気お兄さんは「クリスマスに貰った新しいニット帽とマフラーを試してみるのに良い機会です。飲み食いしすぎた人達は体を動かすのにぴったりの天気になります」と言っていました。

お正月のカウントダウンはニューヨークとは随分違いました。先ずニューヨークではマンハッタンに住んでいたのに、ロンドンでは郊外の町に住んでいるのでとっても静か。
2019-01-01 00.03.18.jpg
ロンドンのカウントダウンライブはビックベンでやり、花火はロンドンアイ。花火のチケットは数回に分けて発売されたのですが、発売とほぼ同時に売り切れてしまいました。お陰でチケットのことを1時間後に思い出してチェックした時には既に売り切れ。手に入れることができませんでした。チケットは£10で、ただ単に昔チケット制でなかった時に人の波をコントロールするのが難しく危なかったので導入された制度なのだそう。

私達が住む郊外の町にはテムズ川が流れているのですが、人々は11時半からテムズ川の方にぞろぞろ歩いていました。もしかして花火が見えるのでしょうか?
2018-12-04 11.40.08.jpg
BBCがロンドンアイの花火を生中継していたのでPCでチェックしつつ、TVでビックベンのライブを見つつ。午後10時頃から彼方此方で花火が上がり始めたので、遠めに花火が上がるのを眺めました。

写真では殆ど写っていませんが、北を向いているフラットの窓から西から東までずらーっと花火が一斉に上がった日付が変わる瞬間は劇的で。ニューヨークでも、ニューヨークとNJの花火が見えて豪華だったのですが、ロンドンは打ち上げの場所が多いので一斉にあらゆる所から花火が打ちあがるのが豪華に感じました。
2018-12-05 11.37.31.jpg
夫と二人で「すごーい!」と言いながら、10分位窓辺で魅入りました。

結局大晦日は、ブログを書いた後体調が急に悪化。泣く泣くパブでのディナーの予約をキャンセルし、1月2日の病院の予約をして、家でグッタリしてました。イギリスは国民皆保険の国だと聞いていたののに、近所の病院で予約を入れようとすると2-3週間の待ち時間があるというレビューがずらり。
2018-12-05 12.22.30.jpg
夫の勤める会社が保険会社の保険に加入してくれているので、公的保険が効かない私立医療所にて予約を取りました。公的保険が効かないプライベート診療は、保険会社の保険に個人的に加入していない人は初診料として約£100~200、診察料として£100とか支払わなければならないようですが、直ぐに予約が取れました。

公的保険しか入っていない、定職に着いていない方や学生さん、パートさんなんかはおちおち病気になれませんね…。BBCとかで医療の順番を待っている間に亡くなった方の問題が取り上げられていましたが、こういうことか…と実感。どの国も医療制度は問題山積みたいですね。
2018-12-05 12.12.36.jpg
そんな訳で、残念ながらニューイヤーパレードもTVで楽しむしかない寝正月になりそうです。明日お医者様に診てもらったら回復すると良いのですが。

皆さま、良いお正月をお過ごしください。
posted by london-twosome at 18:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください