2019年01月20日

自分で値段を決められるウォーキングツアー『Free Tours by Foot』

晴れ時々曇りの予報が出ている日曜日のロンドン。本日の最高気温は5℃。寒くなりそうなものの散歩に良さそうな天候に恵まれそうです。

明日の早朝ブラッドムーンが見えるそうです。イギリスでブラッドムーンが次に見れるのは10年後になるそうなので、このまま天気がもって月が見えると良いですね。北米やロシアの一部、ヨーロッパでも観測できるそうです。

ニュースを見ていると、頻繁にひき逃げ事件を目にします。ロンドンで暮らすようになってから、ニューヨークに居た時よりも散歩がし難いと感じます。勿論、マンハッタンの真ん中に住んでいたので何処にでも歩けたのと、郊外に住む現在では公共交通機関を使わなければならない頻度が上がるのは当たり前なのですが。加えて、脇道から出てくる車が止まってくれないので冷やっとすることが多いと感じるからです。

その原因はイギリスでは「歩行者優先」がドライバーの間で徹底されていないからなのだと感じます。実際、夫がイギリスの会社の新年の食事会に呼ばれて雑談をしていた際に、「ヨーロッパに行って驚いたんだけど、あそこでは如何なる場所でも如何なる時でも歩行者優先なんだよね」と言われて驚いたと言っていました。

イギリスでは違うのか?と昨日交通法規を調べて読んでみたのですが(ニューヨークと違って、イギリスでは外国の運転免許証からイギリスの運転免許に書き換える際に試験がありません。その為、この国の交通法規を勉強したことがありません)、イギリスでも歩行者優先ではあるようです。ただ歩行者にも交差点に進入したり、道を渡る際に注意義務が課されており。加えて『シマウマ信号』と呼ばれている歩行者優先の横断歩道が68年前に設置されたことにより、それ以外の場所では歩行者に道を譲る義務はないのだという誤った認識が広まったのでは?と想像します。

でも初めて知ったこともありました。あのシマウマ信号と呼ばれる白黒のポールにランプがついている横断歩道。そこで待っていたら車は停止しなければならないのだと思っていましたが、結構な頻度で停まってくれないと不思議に思っていたのですが。あの信号では、歩行者が横断歩道に足を一歩でも踏み出さないと車は停止義務がないのだそう。つまり車が停まってくれることを確認してから渡り始めようと歩道に居ると、いつまで経っても車が停まってくれない可能性があるということです。これからは様子を見つつも(全然減速もしない車もありますから)、足をパッと踏み出す癖をつけたいと思います。
*************************************************************************
さて、今回は自分で納得のいく値段を決められるウォーキングツアー『Free Tours by Foot』の『London Graffiti and Street Art Tour』に乗った話題です。
2019-01-14 12.03.31.jpg
旅行するとなるべくウォーキングツアーに乗ります。その土地の歴史や基礎知識は一通り読んでから訪れるようにはしていますが、何故か読んだだけだと歴史が直ぐ頭から抜けてしまいます。
2019-01-14 12.04.28.jpg
でも人に話してもらうと頭にすっと入ってくることに気付き。それ以降ウォーキングツアーに乗るようにしています。因みに何故か録音された人の声を聴くだけでは、実際に喋っている人の説明を聞くよりも頭に残りにくいのです…英語が苦手だから人の口を見て理解を深めているのかもしれません。
2019-01-14 12.07.45.jpg
ニューヨークに9年間住んでいた時、多くの人に「ここでは何やってるんですか?」と質問されました。その答えは「長期に亘る観光客です」。私は仕事をしていませんでしたし、ずーっと旅行をしている感覚が抜けなかったんですよね。
2019-01-14 12.48.53.jpg
それはここロンドンでも同じ。イギリスは配偶者ビザでも就労できるようですが(きちんと法律を調べたわけではないので、お仕事される場合はご自分で責任を持ってお調べください)、ここでもボランティアをして色んな組織を体験しつつ暮らしをさせてもらうつもりなので(ボランティアに応募した組織からの合否の回答を待ち続けて3か月が経とうとしてますが)、観光客気分で数年暮らすことになりそう。
2019-01-14 12.48.58.jpg
加えてニューヨークと違って、ロンドンは観光で3回訪れた事があるだけの場所。実際全然知らない土地なので、興味津々。先日のラビーズのスコットランドツアーが楽しかったので、ロンドンでも積極的にツアーに乗ろうということに。
2019-01-14 12.49.40.jpg
早速、ツアーが終わった後に自分で納得がゆく値段を決めてガイドさんに払えるウォーキングツアーがある筈だと考え、検索。ワシントンDCでツアーに乗ったことがある『Free Tours by Foot』がロンドンでも種類豊富なウォーキングツアーをほぼ毎日催行していることに気付きました。
2019-01-14 12.49.45.jpg
そこで今回は大好きなのに足を運ぶ機会が作れていないイーストロンドンのストリートアートとグラフィティに特化したウォーキングツアーに参加しました。フリーウォーキングツアーは、事前申し込みが不要で当日現地に集合するタイプもありますが、『Free Tours by Foot』は事前申し込みを義務付けています。
2019-01-14 12.49.55.jpg
とは言え、WEBサイトで参加人数と参加を希望するツアー、連絡が取れる電話番号などを入力するだけ。申し込み時には支払いは一切発生しません。
2019-01-14 12.54.30.jpg
後は申し込み後に送信される、集合場所と時間が書かれたE-mailの指示に従うのみ。当該メールにツアーの長さやどの位の距離歩くのか等の情報が書かれています。
2019-01-14 12.54.48.jpg
『Free Tours by Foot』のガイドさん達は、面白くなければお金を貰えないこともあり、知識量も豊富で語りも上手。今回のガイドさんはご自身もストリートアーティストで、ストリートアートが好きでよく見ていたものの全然知識が無かった私達には興味深いお話を沢山聞かせてくださいました。
2019-01-14 12.56.20.jpg
色んな場所で様々なツアーが組まれているので、観光日程に組み込まれてはいかがでしょうか?お住いの国や都市でも意外と知らないことは多いので、休日のアクティビティーとしてもぴったりです。
2019-01-14 12.57.06.jpg
他のツアーも参加したいと思っています。

『Free Tours by Foot』のHPはこちら
アメリカ各都市にベルリン&バルセロナでもツアーを催行しています。
posted by london-twosome at 16:31| Comment(0) | 行事・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください