2019年02月02日

フィッツロビアのワインバー『The Remedy』

雲一つない青空が広がる土曜日のロンドン。本日の予報は晴れ。明日までこの天気が続くようで、週末は色んな活動ができそうです。最高気温は5℃。まだまだ寒いものの、昨日よりは少し暖かくなりそうです。昨日は雪交じりの雨がずっと降って寒い1日でしたね。今日は寒くともこれだけ晴れると気分も晴れ晴れです。

とは言え、昨日から今朝に掛けての雪でイギリス南西部では引き続き交通麻痺が続いている模様。除雪が追い付かず5時間以上道路で立ち往生する人が続出した昨日に比べると今朝はスムーズに車が流れているようですが、引き続き幹線道路以外の除雪は滞っていて車両での移動が困難なようです。出掛ける前には必ず自分が使うルートの除雪状況を確認するよう注意が促されています。

サンディエゴの友人から久しぶりにメールが届き、もう直ぐ100歳になる祖母様との時間を過ごすためにオレゴンに旅行したこと、我々が訪ねた際に住んでいたビーチに近い物件はとても気に入っていたものの狭かったのでなんとなく物件を見て回っていたら一目惚れ。急遽引っ越ししたこと。仕事も部署を移って、心機一転頑張っていること、など近況を報告してくれました。彼女が趣味で作っているスケートボードがTV番組のセットとして採用されたりと、乗っている彼女。今年は「感謝」の1年にすることを目標としていて、マネージメントの大学院のクラスも受講中。頑張っているようです。

体調がどうにもこうにも悪く、この1週間家から一歩も出れない日々でへこみまくっていますが。彼女たちの頑張りを見ると、とっても勇気づけられます。頂いたメールも有難く拝読してます!近い内に返事を書きますので、もう少しお時間くださいね。
***********************************************************************
さて、今回は粋なバーやレストランが多い住宅地『フィッツロビア』(Fitzrovia)にあるワインバー『The Remedy』です。
2018-12-06 19.33.16.jpg
このワインバーは、近くにあるクリスマスのイルミネーションが綺麗なショッピングストリート『Marylebone High Street』に出掛けた際に、ついでに夕食の為に訪れました。

小さなお店ですし、金曜日の夜だったので念の為予約をしたのですが大正解。寒い小雨が降る夜だったにも関わらず、入店できずに前で待つ人や断られて諦める人、テラスで寒そうに食事する人を目にしました。
2018-12-06 20.00.30.jpg
こじんまりした店内はお客さんで満席。入店を諦められずに通路で立って待つ人までいたので、凄い熱気でした。

店員さんは凄くカジュアルながらも、テキパキとしてフレンドリーな接客で好感度大。満員御礼でノイズレベルも高かったのですが、何故かとってもリラックスして食事が楽しめました。
2018-12-06 20.18.26.jpg
ニューヨークばりに隣の席との距離も近いですし、全方位にお客さんが居るので写真が撮りにくく。とっても良い雰囲気で私達も食事を満喫したので写真が殆どありませんが。是非再訪したい、この地域の他の食事処も色々楽しみたいと思った、久し振りに凄く気に入ったお店でした。何がそんなに良いのか自分でもよく理解してないのですが…。

夫はワインで悪酔いしてしまうのでほぼ飲めませんし、私はどうも赤ワイン(ポルフェノールか果糖)が原因で眩暈を引き起こすみたいなのでワイン自体をなるべく避けています。その為、夫は2種類しかなかったと記憶しているビールから選択し、私はグラスのスパークリング白ワイン。
2018-12-06 20.51.43.jpg
ワインバーなので、食事のメニューは選択肢が多くなく、つまみと言った風情の物ばかり。でもどれも美味しかったですし、日本人の胃袋であれば丁度良い大きさだと思います。デザートのティラミスも美味しかった!アメリカだとマスカルポーネチーズの代わりに生クリームが使われていてちゃぶ台ひっくり返したいことが殆どでしたが、ロンドンはどうやら違う模様。

外食が全般的に高いロンドン(というか、日本が安過ぎという気もしますが)においては、妥当な値段設定のお店でもありました。ニューヨークもそうでしたが、ロンドンもなかなか気軽に外食…という訳にもいかない相場なので、それを踏まえてですが。
2018-12-06 18.39.07.jpg
是非また平日の夜、仕事帰りのロンドナーたちに混ざって美味しいお酒とつまみを楽しみに訪れたいと思ったレストランバーでした。

The Remedy
124 Cleveland Street London W1T 6PG
メニューや営業時間等の詳細はお店のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 20:08| Comment(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください