2019年02月04日

ブリクストン・マーケット

雨の月曜日のロンドン。雨は午前中で上がり、午後には曇りになる場所が多いようです。今週は先週に比べると大分寒さが和らぐ予報で、今日の最高気温は9℃。明日からは10℃とか、暖かい1週間になりそうです。

今朝は日産がイギリスで生産することを検討していた車種を他の国で製造することを発表して大きなニュースになっています。その工場で働いている人々が失業するのでは?と心配されています。理由は明らかにされていないようですが、ブレグジットが理由ではないか?と考えられているとのこと。EUと日本は数日前に貿易協定を締結したので、日本で製造した車をEUに輸出することは問題が少なく。そうなるとイギリスからヨーロッパ各国に輸出するトラブルの方が大きいと考えられたのでは?というのが大方の見方のよう。なんだか3月末に向けて色んな動きがありそうで怖いですね。

オーストラリアで熱波が続いていましたが、今度はモンスーンでダムが溢れる危険があった為、計画的に放水していくつかの町が水没したことがニュースになっていましたね。放水する前に住人には避難勧告が出されていたので生命にかかわる問題は出ていないようですが、とは言え住宅や道が全て水没してしまったんですから、これから大変そうです。異常気象が年々酷くなってるように感じます…。
***********************************************************************
さて、今回はロンドンの南にあるロンドンの多様性を感じられるマーケット『ブリクストン・マーケット』(BRIXTON MARKET)です。
2019-01-27 12.45.00.jpg
このマーケットを知ったのはロンドン観光局の運営しているロンドン案内のWEB『Visit London』で面白そうな散歩場所を探したから。カリブ海からの移民が多く移り住んだ地域で、少し前までは犯罪率が高く誰も足を踏み入れなかったが、現在は人気のマーケットを中心に多くの人が訪れる地域に成長したというような紹介がされていました。
2019-01-27 12.45.50.jpg
移民によって活性化するロンドンに興味がありますし、美味しい物が多くありそうなマーケットに食指が動きずっと行きたいと思っていたマーケットだったのですが。訪れる計画を立てる度に体調を崩したり問題が起きて対応を迫られたりで、行きそびれていました。
2019-01-27 12.47.38.jpg
そんな時、ブリックレーン周辺のストリートアートツアーに乗り、ツアーガイドの男性とツアーの合間に雑談していたら。彼がブリクストン在住でロンドンで一番好きな地域もブリクストンだと判明。「あそこら辺は美味しいものが多いって聞いたけど、本当?」と質問すると、「ぴか一だよ!安くて美味しい物が多いね。俺のお気に入りは和食の『Okan』ってレストランなんだよ」とコメント。
2019-01-27 12.48.11.jpg
話を聞くとどうやらお好み焼きのお店らしく。粉もん大好きな私は俄然やる気になった訳です。ガイドさんのお勧めは「土曜日が一番賑やかだよ」とのことでしたが、「他の曜日でも楽しめる」とのことだったので日曜日の昼時に訪れてランチしてきました。
2019-01-27 13.42.00.jpg
本当はマーケットの周りの街並みやストリートアートも見物したかったのですが、体調もイマイチな上に猛烈な雨が降り始めたので、ランチを食べたらすごすごと退散しましたが面白そうな町でした。
2019-01-27 12.54.08.jpg
ブリクストン・マーケットは、思ったよりも数倍お洒落。もっとカリビアンやアフリカの黒人文化が感じられるようなお店が多いのかと思いきや、今風なカフェや洗練された雑貨、アーティストの小物やジュエリーを売るお店も多く。今後プレゼントを探す時には、このマーケットを訪れようと思いました。
2019-01-27 13.07.29.jpg
ランチは賑わうマーケットの中でも人気が高く、店の前で席を待つ人が絶えなかったお好み焼き屋さん『Okan』。私達も少し待ったのですが、偶々通路に座っていたグループが食事を終えて席が空いたので外のテーブルに座ることができました。
2019-01-27 13.07.33.jpg
お店にはトイレは無いのですが、マーケット内に無料のユニセックス公衆トイレがあります。それなりに清潔にしてあり、困ることはありません。4個しか個室はありませんでしたが、然程並ばずに入ることができました。
2019-01-27 13.41.29.jpg
トイレから戻ると、我々が座っていたテーブルは相席になっており。黒人と白人の男性(多分カップル)が、ワクワクして写真を撮りまくりながら座ってました。ゆず茶とか全てが初めてだったのか、2人で交換して味見したり、写真を撮ったり、兎に角楽しそうで微笑ましかったです。お箸が上手に使えるのも、最近の若者らしい。
2019-01-27 13.40.49.jpg
調理をしていたのは日本人の方みたいでしたが、接客はイギリス人の若い女性たちで、フレンドリーで楽しそうな接客で気持ち良く食事が楽しめました。大阪のストリートフードとブリクストン・マーケットって相性が抜群でした。1人£10以下でお腹いっぱいになるのも、ロンドンではリーズナブル。
2019-01-27 13.51.30.jpg
食事の後は、ソースで喉が渇いたので同じ通路にあったカフェ『Federation Coffee』で一休み。ここも若いロンドナー達で賑わっていて、ロンドンの今を感じられるスポットでした。
2019-01-27 13.51.23.jpg
喉を潤した後は、雑貨屋さんを冷かしました。ロンドンに来てから必要な物を沢山買いましたが、物欲という意味では全然刺激されなかったのですが(本を除く)。このマーケットでは、これ以上物が増えても収納場所がない…現在必要な物はない…と自分に言い聞かせなければいけませんでした。それ位素敵な雑貨や小物が多かった。
2019-01-27 14.08.28.jpg
美味しそうなレストランが多かったですし、雰囲気も楽しめるので、今度はフリーマーケットが出る土曜日に是非再訪したいと思います。
2019-01-27 13.41.33.jpg
フリーフォーキングツアーにも乗って、歴史を学んだり、ストリートアートを見物したりもしたいです。

BRIXTON MARKET
ブリクストンの地下鉄から直ぐです。お店などの詳細はマーケットのHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 16:36| Comment(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください