2019年02月21日

テート・モダンの『PIERRE BONNARD: THE COLOUR OF MEMORY』展

曇りの予報が出ている金曜日のロンドン。昨日も予報は曇りだった割には晴れていたのですが、本日はどうでしょうか。所により小雨がぱらつくようですが、あまり心配はいらなそう。降水確率は5%以下の場所が多そうです。最高気温は14℃。今日も引き続き、この季節にしては暖かい1日になるようです。

10月下旬に応募したボランティアの審査がやっと終了して、今週からボランティアを始めることができました。スタッフさん達もとっても優しいですし、ボランティア仲間も親切で頭が良さそう。初めての私が浮かないように交代で話しかけてくださったりと心遣いを感じました。多くのボランティアさん達はご近所さんだったので、これから色々教えてもらえそうです。イギリスの方と結婚して永住される予定の日本人のボランティアさんもいらっしゃって、その方も非常に親切にしてくださったのでラッキーです。これから色んなことを教えてもらえそうで、楽しみにしています。

私はどうやら動物の毛に軽いアレルギーがあるようで、体調がイマイチの時にエレベーターなどで犬と一緒になると咳が止まらなくなります。でも犬や猫は大好き。密室で動物と暮らせないので自分で飼うことができないのですが、ボランティア先には飼い猫ちゃんが。広いスペースなのでアレルギーも出ないみたいで、多くの人と接することに慣れている猫ちゃんが早速後をついて歩いて挨拶してくれて、友達になれそうで嬉しい限り。これからボランティア先で毎週猫と触れ合えると思うと、それもとっても楽しみです。
***********************************************************************
さて、今回はテート・モダンで2019年5月6日まで展示されている『PIERRE BONNARD: THE COLOUR OF MEMORY』の感想です。
2019-02-16 16.44.03.jpg
モダンアートが好きです。コンテンポラリーアートは小難しかったり、気が滅入ったりしますし。クラシカルなアートは宗教画が多くて興味が持ちにくかったりしますが、モダンアートは純粋に美しさや明るさを楽しめることが多い気がします。週末に気分転換に眺めるのにぴったり。
2019-02-16 18.07.08.jpg
無料新聞の『The Evening Standard』の文化欄で満点の評価を得ていたので興味を持ったこの展覧会。調べてみると週末のチケットは時間制になっていて、時間によっては売り切れていました。
2019-02-16 18.07.20.jpg
ロンドンに住むのは初めてでこの街のことをもっとよく知りたいですし、テート・モダンは頻繁に足を運びそう。しかもテートのメンバーになると、テート・ブリテンとテート・モダン両方の展覧会に予約なしで行き放題。メンバーズルームも使えて、2人のメンバーシップで£130(2人共メンバーというステイタスだと£170)/年。1年間で4回足を運べば元が取れそうだったので、だったら気が楽だし、美術館に足を運ぶきっかけになるしとメンバーになりました。
2019-02-16 18.08.06.jpg
その為、夜10時まで開館している土曜日の夕方大人気のピエール・ボナール展に予約なしでふらりと足を運びました。因みにメンバーシップを購入したその日に訪れたのですが、購入と同時に会員証がEメールで送信されたので、携帯でバーコードを読み込んでもらい問題なく入場できました。
2019-02-16 18.08.47.jpg
ボナール展は大混雑でゆっくり楽しむという感じではありませんでしたが、年代毎に部屋を分けて作品が展示されていて見応え十分。パパっと早めに見たのですが、それでも1時間半費やしました。作品数も多かったです。
2019-02-16 18.13.08.jpg
ボナールの住んでいた場所や女性関係なんかも説明されていて、生活状況が如実に作品に反映されているのが感じられるのも興味深かったですし。女性関係で顔をしかめていたら、お互いのペースでバラバラに展示を見ていた夫もしかめっ面をしていて面白かったりもしました。
2019-02-16 18.13.36.jpg
撮影が制限されていないので、多くの人がデジカメで写真を撮りまくっていました。あれって撮影してどうするんでしょうか?PCや携帯電話の壁紙にするのでしょうか?それとも折を見て写真を眺めるため?不思議です。
2019-02-16 18.16.22.jpg
折角メンバーになったので、これから色んな展覧会に足を運びたいと思います。

Tate Modern
Bankside London SE1 9TG
開館時間等の詳細はHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 15:53| Comment(0) | パブリックアート・アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください