2019年02月27日

キューガーデン『Orchids: Celebrate the colour of Colombia』①

雲一つない青空が広がる水曜日のロンドン。本日の予報も晴れで、最高気温が18℃まで上がる暖かい1日なっています。明日からは例年並みの気温に戻り、曇りや雨が増えるようなので今日まではこの陽気を楽しみましょう。

今日は会う人によく挨拶されたり、笑いかけられたり、話しかけられたりしました。皆さん「この素晴らしい天気も今日までだよ!良い一日を!」と声を掛けられます。やっぱりこんな天気も陽気も良い日は機嫌が良い人が多いんですね、きっと。

映画『女王陛下のお気に入り』(The Favourite)の主演女優であるオリヴィア・コールマン氏がアカデミーの主演女優賞を獲得した際のスピーチが大きな話題になっています。公開直後から映画自体も話題になっていたので映画館に観に行きましたが、気分が滅入るもののとても面白い映画でした。アカデミーでの受賞スピーチがBBCニュースで取り上げられ、とっても面白く。夫が動画サイトに上げられていたスピーチ全編を探し出してくれたので、2人で見て笑ってしまいました。

昨日の無料新聞『Evening Standard』でもコラムニストが『あのスピーチを聞いて彼女のファンにならない人なんている?彼女は世間から真剣に扱われるためには真面目でなければならないという世間の思い込みを見事に打ち砕き、面白可笑しい人でも偉大なる功績を残せることを証明したのよ!完璧さなんてつまらない。』と熱く語っていました。暗い、ストレスが溜まるニュースばかりのイギリスにとって、イギリス人女優がオスカーでトップに輝いたことは久しぶりに胸がすくような明るい話題だっただけでなく。ハリウッドで成功するには美人度が足りないと言われた彼女が、3人の子供の母親をしつつ、地味な作品を着実に演じて実績を残し、出たとこ勝負といった風のスピーチで会場を沸かせたことは、多くの女性を勇気づけたのだと思われます。それにしても楽しいスピーチでしたよね。悪いスピーチとして例に挙げられそうな内容だったのに、これだけのフィーバーを生み出したのですから、結局の所スピーチの良し悪しは人間力に大きく左右されるのかもしれません。
**********************************************************************
さて、今回は2019年2月9日~3月10日までキューガーデン(Kew Gardens)で開催されている『Orchids: Celebrate the colour of Colombia』展に足を運んだので、どんよりしがちな冬に力を貰える鮮やかな色に溢れた植物の写真のお裾分けです。
2019-02-27 09.16.22.jpg
ロンドンに住む短い期間にイギリスのことを少しでも学びたいという気持ちがあり、出掛ける動機付けとして各種メンバーになろうと考え。最初に検討したのが王立植物園であるキューガーデンでした。
2019-02-27 09.17.06.jpg
ニューヨークに住んでいた間にハイラインやブルックリン植物園、セントラルパークに頻繁に足を運んだことを機会に植物やガーデンに俄然興味を持ち始めた私は、イギリスに住んでいる間にガーデンやガーデニングについて学ぶことを小さな目標にしています。しかしロンドンに来てからは、手続きやトラブル、体調不良に追われまくりそれどころではありませんでした。
2019-02-27 09.28.13.jpg
が、1月の下旬からやっと生活も落ち着き始め、体調も回復基調に。そこでやっとキューガーデンのメンバーになりました。夫と2人でメンバーになると、年間£109で入場が自由にできます。1回の入場に約£18かかるので、2人で3回訪れれば元が取れると考えると大分お得です。私一人ではかなり頻繁に足を運ぶでしょうから。
2019-02-27 09.28.39.jpg
メンバーになるとメンバーしか入れないイベントにも招待されるのですが。現在開催されている蘭展が大人気で混み合っているので、特別メンバーだけに火曜日&水曜日の午前9時~午前10時までの入場を許可することにしたというお知らせメールが届きました。
2019-02-27 09.28.58.jpg
丁度日曜日に夫と足を運ぼうとしていたら体調不良で叶わずクサクサしていたところだったので、早速足を運んできました。蘭展の会場はThe Princess of Wales Conservatory。故ダイアナ妃を記念した小さな水族館みたいなコーナーがある、立派な温室です。
2019-02-27 09.32.12.jpg
メンバー限定の時間に蘭展に足を運ぶと通常とは違うルートでの入場を促されます。メンバーだけの時間は1時間しかないため、全てをその時間に見終わるのは難しいと思います。が、メンバーだけでもとっても混み合っていたので、ある程度の人混みは覚悟して訪れた方が良いと思います。
2019-02-27 09.32.43.jpg
私は夫と改めて訪れるつもりでいたのでササっと見ただけですが、それでも1時間半かかりました。大変充実した内容に、大満足して会場を後にしました。
2019-02-27 09.32.50.jpg
自分ではかなりセーブしたつもりだったのですが、膨大な数の写真があるので2回に亘ってお届けです。
2019-02-27 09.33.11.jpg
キューでは、内戦や左翼ゲリラとの抗争が終結し安全が確保されたコロンビアにおいて、豊かな熱帯雨林や生態系を破壊せずに経済発展を遂げる支援をしており、今回の展覧会もその一環としてコロンビアが有する膨大な数の蘭の一部を紹介しているのと事。

2019-02-27 09.17.25.jpg
植物だけでなく、豊かな動物の生態系を誇るコロンビアを感じてもらうために、いつになく多くの動物のモチーフも取り入れられています。

2019-02-27 09.35.07.jpg
今まで蘭には苦手意識があったのですが、好きなタイプの蘭もあることを発見しました。

2019-02-27 09.37.08.jpg
壁や天井も有効利用してびっしりカラフルな蘭や色鮮やかなグリーンが飾られています。

2019-02-27 09.18.55.jpg

2019-02-27 09.19.04.jpg

2019-02-27 09.38.13.jpg
蘭だけでなく、色鮮やかなグリーンも目を楽しませてくれます。

2019-02-27 09.36.00.jpg
びっしりと蘭が植えられています。

2019-02-27 09.37.30.jpg
ビビッドなオレンジ。

2019-02-27 09.40.06.jpg
カラーっぽい花(とガク)。真っ赤なガクが目立ちます。

2019-02-27 09.40.41.jpg
実でしょうか?緑~紫っぽい色。

2019-02-27 09.41.34.jpg
色鮮やかな葉っぱと蘭のコラボレーション。

2019-02-27 09.41.49.jpg
これも実なのでしょうか?

2019-02-27 09.42.44.jpg
とっても綺麗な赤紫。

2019-02-27 09.42.53.jpg
上から見るとアーチ状や柱状の蘭の展示の豪華さが感じられます。

2019-02-27 09.43.14.jpg
posted by london-twosome at 22:23| Comment(0) | ガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください